1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>影を奪ったゲッコー・モリア

ナミ,ウソップ,チョッパーが紛れ込んだ部屋.
そこにあった写真はすべてシンドリーのものだけど,今のシンドリーの顔にある「ぬい傷」が全くない.
近くに置いてあった新聞を読んで,ナミが絶句….
シンドリーは,10年前に事故で死んでいた
それまでは「ビクトリア・シンドリー」という人気のある女優だったようだが,何かしらの原因で舞台から転落したようだ.
となると,ドクトル・ホグバックの屋敷にいるのは全部,いちど死んだ命,つまりゾンビか…
と,ナミが変わり身の早さを発揮し,宝箱発見
でもそれは,ゾンビの入った「びっくり箱」で,「宝はここにはない」と意味深発言.
まるで,他の部屋ならあるようにも解釈できる.
このシーンの最後のコマで出てきた「用心棒」は何者だぁ?

一方,ルフィ,ゾロ,サンジ,ロビン,フランキーの5人は,ゾンビたちの秘密に少しずつ気づいていった感じ.
ほとんどの妖怪(ゾンビ)には「ぬい傷」や「番号」がある
たしかに,このケルベロス(1匹キツネ)も「82番」だし,ナミたちがあけたびっくり箱のゾンビは「256番」だったなぁ
でも,5人の前に現れたペローナにはぬい傷も番号もなく,ただルフィたちのやる気を削いでいくだけ.
ルフィ,フランキーに加え,ゾロまでもが意気消沈
サンジはそれを見て大笑いしてるし.

しばらく進むと,ナミ,ウソップ,チョッパーも通った墓地が.
出てきたゾンビを,5人の賞金首が返り討ちだ.
「6億B(ベル)・JACK・POT(ジャック・ポット)
なるほどね.
ルフィが3億,ゾロが1億2000万,ロビンが8000万,サンジが7700万,フランキーが4400万だから…,
5人の合計,6億2100万ベリー
ワンピースの世界の中で見ても,これだけの賞金首は珍しい方なんだと思う.

最終的にルフィがゾンビたちを締め上げて,ナミたちの居場所への手がかりをつかんだ.
…と,そこへ謎の老人.
「大けがした年寄り」ってルフィ,失礼だから
その老人もブルック同様,影を奪われている.
老人はルフィたちに,影を奪った張本人である「モリア」という人物を倒して欲しいと依頼してきた.
ロビンはその「モリア」が,「ゲッコー・モリア」だということに気づいた様子.

「元々の」懸賞金でさえルフィを上回る「ゲッコー・モリア」.
彼は何と,「王下”七武海”」のひとりだった

【これまでに登場した王下七部海(名前だけも含む)】
1.サー・クロコダイル
2.バーソロミュー・くま
3.ドンキホーテ・ドフラミンゴ
4.ジュラキュール・ミホーク
5.ジンベエ
6.ゲッコー・モリア

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ