1. HOME
  2. >> 伏線考察|ワンピース
  3. >>【ワンピース伏線考察】ルーキー達のぶつかり合い

(※この記事は、2008年5月4日に公開したものをそのまま再構成しています。)

偶然に引き寄せられてシャボンディ諸島に集まった、11人の「億」を超える賞金首。

その中でも、ぼったくりBARのシャッキーが言っていた、特に世界を騒がせているのは、こちらの5名。

■キッド海賊団船長「ユースタス・”キャプテン”キッド」(懸賞金:3億1500万ベリー)

■麦わら海賊団船長「麦わらのルフィ」(懸賞金:3億ベリー)

■ホーキンス海賊団船長「”魔術師” バジル・ホーキンス」(懸賞金:2億4900万ベリー)

■ドレーク海賊団船長「”赤旗”X(ディエス)・ドレーク」(懸賞金:2億2200万ベリー)

■ハートの海賊団船長「”死の外科医”トラファルガー・ロー」(懸賞金:2億ベリー)

ルフィは以前のエニエス・ロビーの事件で世界中に知られるところとなった。

また、キッドがルフィより懸賞金が高いのは、罪のない民間人をひどい目に遭わせているからとか。

ホーキンス、ドレーク、ローの3名も、2億を超える賞金首なだけに、世界を驚かせるような大事件に関わっているはず。

それはきっと、今後のストーリーで明らかになってくるだろう。

この中で、ルフィがシャボンディ諸島で接触するとしたら、キッドかな。。。

ドフラミンゴ(元3億4000万ベリー)やモリア(元3億2000万)を除いて、現在も懸賞金がかかっている中では、これまでのストーリーで最高額だし。

それ以外のメンツも、シャボンディ諸島以降のストーリーで再登場の可能性が高い。

一方で、それ以外の6名はこちら。

■オンエア海賊団船長「”海鳴り”スクラッチメン・アプー(手長族)」(懸賞金:1億9800万ベリー)

■キッド海賊団戦闘員「”殺戮武人”キラー」(懸賞金:1億6200万ベリー)

■ボニー海賊団船長「”大食らい”ジュエリー・ボニー」(懸賞金:1億4000万ベリー)

■ファイアタンク海賊団船長「カポネ・”ギャング”ベッジ」(懸賞金:1億3800万ベリー)

■麦わら海賊団戦闘員「海賊狩りのゾロ」(懸賞金:1億2000万ベリー)

■破戒僧海賊団船長「”怪僧”ウルージ」(懸賞金:1億800万ベリー)

懸賞金の高さや世界政府に対する危険度からして、ルフィとの戦闘の可能性は薄い。

でも、こんな可能性は考えられそう。

・シャボンディ諸島でゾロと戦闘
・世界政府や海軍本部の中将・大将クラスに捕まる→政府側のキャラの強さを示すための存在としての海賊

ちなみに、キャラからして、アプーやボニーはルフィ、ゾロ以外の誰かとの戦闘もあり、か。。。

例えば、「ブルックVSアプー」なら、ブルックの歌攻撃をアプーが無効化しそうだし。

ボニーの大食らいが、特有の能力を発揮するための「充電」だとしたら、「ナミVSボニー」の飛び道具対決もあり得る。

ただし、1億から3億という、これまでのストーリーでトップクラスの懸賞金がかけられた海賊達でさえ「ルーキー」扱い。

エースやシャンクス、白ひげの懸賞金って、いったいいくら何だろう??5億や7億、10億越えもあるかも。

ストーリー自体、間もなく500話に到達するし、そろそろひと波乱の予感。

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ