1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>[WJ]第502話感想-禁断の一撃-

前回の動き

オークション会場チーム:ナミ、サンジ、チョッパー、フランキー、はっちゃん、パッパグオークション直行チーム:ルフィ、ウソップ、ロビン、ブルック迷子チーム:ゾロ

本編

前回に引き続き、人間オークションの会場から。
続いてセリにかけられるのは、懸賞金1700万ベリーの賞金首。
今でこそ大してすごくないように感じるけれど、東の海(イーストブルー)編ではドン・クリークと同額で、おそらくアーロンに次ぐ金額だ。
そんな海賊でさえ、オークションにかけられている。
、、、、と!その海賊が突然倒れた。
どうやら、自分で舌を噛みきったようだ。
ここでセリにかけられて、一生働かされるくらいなら、、、っていうことか。
そしていよいよ、ケイミーの出番。
ナミたちの限度額は2億ベリー。
果たして、無事に競り落とせるか。。。
それと前後して、天竜人のチャルロス聖が到着。
なんと、チャルロスの一番の狙いは「人魚」だ!そして、ケイミーがセリにかけられた瞬間、チャルロスの提示した金額は「5億ベリー」!なんと、ナミたちは手を上げるまでもなく競り負けてしまった。。。
会場中、チャルロスの「5億発言」にシーンとなっている。
これだ!「空気が読めていない」って、こういう状況を言うんだ!勉強になるなあ。
そこへ、ついにルフィ到着!ゾロも合流(ぶつかっただけ?)だ。
ケイミーを見つけたルフィは力づくで助けようとするが、はっちゃんに制される。
そこに、はっちゃんが隠していた腕がはだけてしまい、人間達に、はっちゃんが魚人だということがバレてしまった。
魚人と知ったとたんの、人間達の冷たさときたら。。。
そして、はっちゃんはあえなく、チャルロスに撃たれてしまった。
会場中、倒れたはっちゃんを見て、安心している。
当のチャルロスは、魚人の奴隷がタダで手に入ったと大喜び。
もちろん、この状況をルフィが許すはずがない。
でも、ぶち切れ寸前のルフィを見て、撃たれたはっちゃんはヒッシにルフィを止めようとする。
「目の前で誰かが撃たれても、天竜人には逆らわないこと」それは、天竜人に危害を加えると、海軍の大将が動き出すからだった。
無念のはっちゃん。
昔から、何をやってもドジだったと、泣いて悔やむはっちゃん。
チャルロスは、撃たれても喋っているはっちゃんが気に食わないようで、再び銃を向けた。
もうルフィの怒りは最高潮!はっちゃんの前に出て、銃弾を受けるのも辞さない構え。
もっとも、ゴム人間だから銃は効かない。
そして、チャルロスに怒りの一撃!!これにはスッキリした。
チャルロスのこんな横暴、許しちゃいけない。

今後の予想

天竜人であるチャルロスを殴った以上、海軍大将が動くのは必至。
そうなると、3人の海軍大将のうち、動くのは馴染みのある青キジか。
あるいは赤犬、黄猿のどちらかか。。。
そうなると、、、エースの公開処刑確定のニュースが白ひげのもとに伝わる。
→白ひげがインペルダウン襲撃→海軍本部の大半が白ひげ海賊団を迎撃→残りの戦力のうち、大将ひとりがルフィ海賊団制圧へという流れになってくれれば、うまく行けばエースが助かるなんてこともあるのかなあ??でも、バナロ島でエースと黒ひげが戦ったとき、「のちに起こるきわめて大きな事件」って言っていたから、やっぱりエースは。。。
でも、「ルフィ制圧のために、エースの担当者を手薄にする」「エース処刑のため、ルフィを見逃す」のどちらかになるんじゃないだろうか??

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ