1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>[WJ]第506話感想-世界最強の海賊団の最後-

ハートの海賊団VS海軍本部海兵

海兵を振り切る、ロー率いるハートの海賊団。
この場面ではもう、ローよりも幹部のクマのベポが大活躍。
それに続いて、新入りジャンバールも立派に主要の戦闘員。
あっという間に振り切り、向かった先には、、、

バーソロミュー・くま襲来

ローの向かう先には、さっき別れたばかりのキッド海賊団の姿。
そして、立ち向かうのは王下七武海のひとりバーソロミュー・くま。
海賊時代のバーソロミュー・くまに懸けられた懸賞金は2億9600万ベリー。
キッド(3億1500万ベリー)やロー(2億ベリー)とは大きな差はないものの、悪魔の実の能力やパシフィスタとしての鋼鉄の身体を手にする前の金額だとしたら。。。
危険度としては、かなり恐ろしい相手かもしれない、くまは。

ゴール・D・ロジャーの真実

再びシャッキーのぼったくりバーに戻ってきたルフィたち。
思い思いに食べ物や飲み物に手をつけているけれど、シャッキーはどう思ってるんだろ??あとでぼったくるなんてこと、ないかな。。。
ところで、ロジャー海賊団の元副船長レイリーから語られた過去。
実はなんと、はっちゃんは20年もの昔、海で遭難しかけていたレイリーを助けたことがあるという。
そして、はっちゃんが「タイヨウの海賊団」に入るまで、仲良しだったと言うけれど。。。
はっちゃんが入っていたのは「魚人海賊団アーロン一味」。
アーロン一味の正式名は「タイヨウの海賊団」なのか??たしかに、アーロン以下、幹部達は少なくともタイヨウのようなマークを身体のどこかに持っていたけれど、どんな関係があるのだろう?ところで、ロジャーの死の真実。
世間では、ロジャーは捕えられて処刑されたかのように伝えられていたけれど、実は「自首」していたと言う衝撃の事実が語られた!公開処刑から4年ほど前。
不治の病にかかったことが分かったロジャー。
最後に、3年をかけて「偉大なる航路(グランドライン)」を制覇し、海賊王になった。
そのときのメンバーが、レイリーだったり、双子岬の灯台守のクロッカスだったりしたわけだ。
しかも、クロッカスがロジャーの船に船医として乗ったのは、ブルックに会うためだったようだ。
そして、海賊王になった後、ロジャーの一声で一味は解散、それぞれの道をたどった。
そして、ワンピースの世界で語り継がれている、22年前のローグタウンでの海賊王ロジャーの処刑。
レイリーによるとその場所には、現在の海賊たちの中のそうそうたる顔ぶれが並んでいたとか。
ロジャーがレイリー残した最後の言葉は、「俺は死なねえぜ?相棒、、、」昔は、バギーも、シャンクスも見習いで乗船していたというロジャーの海賊船。
10年ほど前、久しぶりにレイリーと再開したシャンクスは、ルフィのことを嬉しそうに話していたという。
「ロジャー船長と同じことを言うガキがいたんだよ」いったい「同じこと」って何なんだ?「海賊王に、俺はなる!」っていうことかな??

シャボンディ諸島26番グローブ

いよいよ、海軍大将率いる軍艦のお出まし。
海軍の軍艦が、シャボンディ諸島めがけて砲弾を撃ってきた!そして、それに乗っているのは、、、人!?その男こそが、海軍大将「黄猿(きざる)」。
一体何者だ?この男。

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ