1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>[WJ]第507話感想-波乱の3日間の幕開け-

レイリーが語る秘密

海賊王の右腕として「偉大なる航路(グランドライン)」を航海し、あらゆる海賊の求める「海の秘密」を知り尽くしているレイリー。
ロビンは、「Dの意志」について知りたがっていた。
幼い頃の自分を助けた、ハグワール・D・サウロ。
海賊王ゴール・D・ロジャー。
そして現在の船長モンキー・D・ルフィ。
他にも「D」を受け継ぐものはたくさん居るけれど、彼らに共通する何かを、ロビンは知りたがっていた。
そしてウソップは、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」のありかについて聞きだそうとするが、ルフィに止められてしまう。
「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」についてだれよりも興味を持っているはずのルフィだったが、そこは人に聞くのではなく、自分で冒険して突き止めたいと思っているようだ。
ただひとつ、レイリーが語ったロジャーの秘密。
「あいつは万物の声を聞けた」はたして、ロジャーの能力は一体何なのか。
この間まで、ロジャーは「ゴムゴムの実」の能力者で、ロジャーの死後に悪魔の実の形に戻り、それが数年の時を経てルフィのもとに渡ったのかと思ったけれど、違うのかな??

大将「黄猿」登場

ついに海軍本部大将「黄猿」がシャボンディ諸島に上陸。
黄猿の名前は「ボルサリーノ」。
顔は、なんと田中邦衛にそっくり!ただ空を蹴っただけなのに、離れた距離にあるマングローブを爆破させちゃった。。。
悪魔の実の能力者なのは、ほぼ間違いない。
空気中の「熱」を移動させる能力か。。。
空気を振動させる能力か。。。
そんな黄猿が探しているのは「戦桃丸」という男。
あれ?ルフィ討伐じゃなかったのかな。

約束は3日後

レイリーがサウザンド・サニー号にコーティングをするための時間は3日間。
「海賊レイリー」としてはお尋ね者なので、場所を変えての作業になる。
その間、同様にお尋ね者のルフィたちも、散り散りばらばらになって3日間を過ごすことになった。
まずは9人そろって行動する麦わらの一味だけれど、さっそく彼らの前に誰かが現れた!ルフィは「誰だ?」って言っているけれど、ルフィだけバーソロミュー・くまのことを見ていないから、くまという可能性もある。
そうでないとしたら、例の「戦桃丸」かな?シャボンディ諸島の海兵は、狙いを新世代のルーキー達に定めて攻撃開始。
でもそこは、これまでの海を勝ち抜いてきた精鋭海賊団。
ボニーは海兵を子供や年寄りにしてしまったし、カポネは大勢の海兵に囲まれても「兵力差で不利だ」と、自信満々。
そして、なんとなんと!黄猿とホーキンスがご対面!!一触即発の予感もするけれど、どうなるか。。。

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ