1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>[WJ]第510話感想-黄猿のオジキと戦桃丸-

激戦続くシャボンディ諸島の戦い。
戦闘シーンは、「麦わらの一味VSバーソロミュー・くまA」「ホーキンス&ドレーク&アプー&ウルージVS黄猿&バーソロミュー・くまB」の2つに焦点がしぼられてきた。

黄猿VS4人の超新星

アプーの「音」攻撃でバラバラになった海軍大将の黄猿。
さすがに、これで「倒した」とはアプーも思っていないようで、さっさと逃げ去ろうとする。
案の定、黄猿の身体は簡単に再生した。
そして、瞬く間にアプーやホーキンス、ドレークを捕えた!既に倒れておるウルージとともに、これで11人の超新星のうち4人が倒れた。
そこへ、黄猿の「携帯電伝虫」が鳴る。
けれど黄猿はずっと、黒い盗聴用の「小電伝虫」に話しかけている。
どうやら、戦桃丸が「オジキがずっと連絡してこない」と言っていたのは、この黒電伝虫に話しかけていたからのようだ。
そして、電伝虫の相手はその戦桃丸。
どうやら、ルフィに加えキッドやローも、「バーソロミュー・くまC」を交わしてバラバラに散ったようだ。
戦桃丸と黄猿は、天竜人襲撃の「主犯3名」を、どれから狙うか品定めしている。
黄猿の狙いはもちろんルフィ。。。

麦わらの一味VSバーソロミュー・くまA

こちらで戦っているバーソロミュー・くまAも、肉球がない。
そういえば、ホーキンスたちのところにいたくまは、アプーの名前を呼んでいたなあ。
くまBだけしゃべれるのかな?すると、本物はくまB??さておき、麦わら海賊団の「怪物3人組」が束になってかかって、ようやく効いてきている様子。
でも、ちょっと喰らったダメージで、ゾロは起き上がれないほど苦しみだす。
ルフィは不思議がっているけれど、事情を知っているサンジはゾロを放ってくまと対峙。
さすがにルフィとゾロは、スリラーバーク編で最も大きなダメージを追った2人。
それを全部、ゾロ1人が受け止めたのは、さすがに無理があったか。
会場レストランでのミホーク戦といい、ゾロは魚人と戦う手前で、七武海から大ダメージを受けているなあ。
偶然?これは。
さておき、ルフィ、ゾロ、サンジ以外のメンバーも攻撃に加わってきた。
チョッパーの「刻蹄・桜吹雪(こくてい・ロゼオ・ミチェーリ)」!ブルックの「飛燕(スワロー)・ボンナバン」!ウソップの「アトラス彗星」!フランキーの「ストロング・ハンマー」!ロビンも、間接攻撃「クロトワマーノ」でナミをサポート。
そしてナミの「電光槍(サンダーランス)テンポ」の電撃が、くまを突き刺す!そこへ再び3人組。
サンジの「悪魔風脚(ディアブルジャンブ)・画竜点睛(フランバージュ)ショット」で、くまの巨体をゾロの手前まで吹っ飛ばした!そこへゾロの九刀流が炸裂!とどめはやはりルフィ。
空中から勢いづけての「ゴムゴムの巨人の回転銃(ギガント・ライフル)」で、くまを沈めた。
さあ、これで倒れるか?くま。
まだ、もう一度立ち上がりそうな気もするけれど、、、?

戦桃丸の上陸のナゾ

戦桃丸はなぜ、黄猿やルフィたちよりも先に、シャボンディ諸島に上陸していたのだろう?ルフィがチャルロスに手を出す前からいたわけだから「天竜人の護衛」などが目的ではないはず。
偉大なる航路(グランドライン)の後半の海「新世界」に乗り込んでいく海賊の「芽」を摘むため?いまや世界中のお尋ね者となった「麦わらの一味」を捕えるため?それとも、レイリーや他の人物に用事があったのかも?

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ