1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>[WJ]第515話感想-アマゾン・リリーの女戦士たち-

ルフィがバーソロミュー・くまに飛ばされて、たどり着いた島は「女が島アマゾン・リリー」。
島に住むのは全員が女性。
島を出て、子供を宿してきても、生まれるのは不思議と、みんな女性。
果たして、この島でどのような展開が待っているのか。。。

ルフィが目覚めた後

ルフィは檻の中で寝かされていたようで、目覚めたときには島の女性たちが檻越しにルフィを覗いている。
どうやら、男であるルフィが珍しいようだ。
女戦士いわく、ルフィは寝ながら食事をとっていたらしい。
エニエス・ロビー戦の後に使っていた技を、また使ったのか。
戻ってきた服も、女性向けのフリルが付いていたり、ルフィは愕然。
「俺は男だぞ」と怒鳴ると、女戦士たちは一斉に弓を構えた。
アマゾン・リリーの民にとって、男は「危険な存在」のようだ。

ルフィとマーガレットがジャングルへ

ルフィは檻を抜け出し、女戦士達の攻撃をすり抜けて、マーガレットを見つけた。
シャボンディ諸島から飛ばされる前にもらった、レイリーのビブルカード。
これが無ければ、仲間たちとの再会することができなくなってしまう。
ルフィはマーガレットに、ビブルカードをどこへやったかを聞きだそうとしていた。
すると、運の良いことに、マーガレットがルフィのズボンからビブルカードだけ取り出して大切にとっておいてくれていたようだ。

「蛇姫様」の治める島

マーガレットによるとアマゾン・リリーを治めているのは、「蛇姫様」と呼ばれる海賊「女帝ボア・ハンコック」。
「蛇姫」の別名を持つ彼女と、2人の妹によって治められている国だという。
マーガレットの話を聞く限り、ハンコックと2人の妹たちは、アマゾン・リリーの女戦士たちにとって憧れの存在のようだ。

「蛇姫様」の帰還

マーガレットがハンコックについて語っているころ、女戦士たちは、ハンコックたちの乗る船が島のすぐそこまで来ていることに気づく。
女戦士のキキョウはみんなに、ルフィを討ち取るよう指示。
ハンコックの帰還までにケリをつける考えのようだ。
ルフィはどうなる?そして気になる他の仲間は?シャボンディ諸島に残してきたケイミーやデュバルたちは無事なのか?

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ