1. HOME
  2. >>
第600話では、ルフィが偽ルフィが集めた一味の総決起集会に連れて行かれ、なにやらひと悶着の予感。 ゾロはサンジが一緒にいるので、もう道に迷うことは無いでしょう。 ブルックは、ソウルキング引退前の最後の一曲をファンに届けます。 そして、残りの仲間は、船をシャボンディ諸島42番グローブへ進め、再出航の準備を整えます。 いよいよ、2年の時を越えて、魚人島への再出発の瞬間が迫ります。 ラ...
「ワンピース」も、いよいよ連載600話を迎えました。 これまで、数々の冒険があり、そのたびに数々の感動がありました。 さて、第599話まででは、麦わらの一味のシャボンディ諸島への全員の上陸が確認されました。 第600話では、一味はどのようにして全員の再会の瞬間を迎えるのでしょうか。 チョッパー&ナミ&ウソップ−シャボンディ諸島35番グローブ− ロビンを探しているチョッパーが、ナミ...
第598話の本編では、待ちに待った2年後の麦わらの一味が続々と登場しました。 ブルックは人気絶頂の「ソウルキング」として。 チョッパーは見た目の変化は気づきませんが、仲間達との再会を心待ちにしていたようです。 ロビンは、謎の男達に追われています。 サンジはシャッキーのバーに立ち寄って、レイリーやデュバルから仲間や船の状況を聞いています。 ウソップとナミは酒場で合流しましたが、2人とも、戦...
約1ヶ月の休載を経て、「ONE PIECE」の連載が再開されました。 これまでの「偉大なる航路(グランドライン)」前半の航海で大きな壁にぶち当たり、それぞれの場所での成長と2年後の再会を誓い合った麦わらの一味。 今回からは、いよいよ彼らの集結が描かれようとしています。 扉絵 第598話の扉絵には、2年経った麦わらの一味の様子が描かれています。 まずはルフィ(17歳→19歳)から。...
世界各地に飛ばされた麦わらの一味は、ルフィの仲間として、新世界を生き抜くために自分がすべきことを真剣に考えています。 今回は、ついにゾロも気づいた「3D2Y」の意味が明らかになります。 偉大なる航路(グランドライン)クライガナ島シッケアール王国跡地 ゾロが飛ばされたこの場所は、世界最強の戦士「鷹の目のミホーク」が住まいとしている場所です。 そのミホークを前にして、ゾロは頭を下げて剣...
マリンフォードでのルフィのメッセージが発せられてから、いくらかの時間が経ちました。 さて、今回は、それを受けたナミ、ウソップ、ロビン、フランキー、ブルックに動きがあったようです。 ところで、ゾロはメッセージの意味を汲み取れたんでしょうか?? 偉大なる航路(グランドライン)剣山島テーナ・ゲーナ王国 貧困の島ハラヘッターニャから連れてこられたブルックは、檻の中で見世物にされていました。...
戦争を終え、次々と新世界へ飛び込んでいく超新星たち。 麦わらの一味も、ルフィのメッセージをくみ取って、それぞれ何らかの行動を起こしています。 白ひげが君臨していた一つの時代が終わり、徐々に新しい動きを見せています。 「赤い土の大陸(レッドライン)」聖地マリージョア−ドフラミンゴと謎の会談− センゴク元帥より「もっと上」から、ゲッコー・モリアの抹殺を指示されていたドフラミンゴでしたが...
マリンフォードの頂上戦争の終結後、ルフィがとった「ある行動」が、新聞によって世界各地に散らばる仲間達にも知らされました。 その知らせを受けて、仲間達はどのような行動に出るのでしょうか。 そして、海軍や海賊達にも動きがあったようです。 聖地マリージョア−五老星の会談− マリージョアでは、ルフィの行動について話し合いの場がもたれています。 ルフィとレイリー、そしてジンベエの3人がとっ...
女ヶ島アマゾン・リリーでのレイリーとの接触の後、何かしらの行動を起こしたルフィ。 その知らせは、世界各地に散らばった仲間達のもとにも届いたようです。 果たしてルフィに何があったのでしょうか、そして仲間達はどのような行動に出るのでしょうか。 テキーラウルフ−東の海(イーストブルー)の巨大な橋の上− ロビンのもとには、革命軍が訪れていました 「ニコ・ロビン」という存在を「革命の灯」と...
エース死亡のニュースは世界中を駆け巡りました。 その知らせは、世界各地に散らばったゾロ、ナミ、フランキー、ブルックにも届いていました。 彼らの思いは一つ、仲間達との「集合場所」である、シャボンディ諸島へ戻ることです。 シッケアール王国跡地−世界最強の剣士の居城− こちらは、ゾロとペローナのいるシッケアール王国。 何とここは、王下七武海のミホークが数年前から住みかとしている島でした...
ジンベエに諭されて、自分には"仲間"がいることに気づいたルフィ。 ゾロ、ナミ、ウソップ、サンジ、チョッパー、ロビン、フランキー、ブルック。 仲間達の集合場所であるシャボンディ諸島へ向かうことを、ルフィは決意しました。 女ヶ島アマゾン・リリーに上陸した男 トラファルガー・ロー率いる「ハートの海賊団」の船員が、海を見ながら驚いています。 なんと、突然のしぶきとともに巨大な海王類が気を...
マリンフォードの頂上戦争から、どれくらいの時間が流れたでしょうか。 海兵も、海賊達も、ぞれぞれの場所に戻っています。 傷心のルフィは、立ち直ることはできるのでしょうか。 "東の海"ゴア王国フーシャ村 ルフィの祖父にして海軍の英雄ガープ中将が、フーシャ村に帰還しました。 地元の英雄の帰還を喜ぶ一方、その孫であるルフィの安否も気になるところ。 フーシャ村をはじめ、世界中の人々には「...
ゴア王国を出航したサボが天竜人の手に落ちてしまったことをドグラから聞き、兄弟の契りを交わしたルフィとエースは悲しみにくれています。 そして、サボの思いが、エースやルフィの出航の思いを突き動かしていたのでした。 ルフィとエース、出航の決意 サボを失い、ルフィは地面に突っ伏して悲しんでいます。 エースは、宝を埋めた「中間の森」を見てきましたが、すでに宝はなくなっていました。 サボでは...
天竜人がゴア王国にやってくるまさにその日。 サボが、自由を求めて出航しました。 ゴア王国の人々が、何やら不安げにサボの乗っている船を見つめています。 天竜人の一撃 ゴア王国の環境によって自分を変えられてしまうことを何よりも恐れたサボは、一人で海へ出る道を選んだようです。 でも、そこへ政府の船が天竜人を乗せてやってきました。 そして、サボの乗っている小さな船を、天竜人が沈めてしま...
ゴア王国の陰謀によって「不確かな物の終着駅(グレイ・ターミナル)」に火が放たれました。 事情を知ったサボは、ルフィとエースのもとへ急ぎますが、高い塀の向こうは既に火の海。 どうすることもできないサボは、そこを偶然通りかかったルフィの父、モンキー・D・ドラゴンにすがり、貴族に生まれた自分を恥じるばかりでした。 「不確かな物の終着駅(グレイ・ターミナル)」からの脱出劇 ゴア王国の国王か...
サボは、貴族である親の根回しによって、ブルージャム海賊団の手でルフィやエースから引き離されてしまいます。 後ろめたくルフィとエースのもとを離れていくサボに、どのような現実が待ち構えているのでしょうか。 ブルージャム海賊団が運ぶ謎の「箱」 サボが「不確かな物の終着駅(グレイ・ターミナル)」を去った後、ルフィとエースはブルージャム海賊団と取引をしています。 ルフィとエースの行動次第では...
ルフィとエースとサボは、ダダンのアジトを拠点にしながら日々、山で自分たちを鍛えながら強くなっていきました。 評判はゴア王国の中心部にも届くほど。 ルフィの強さのルーツは、ここにあるようです。 3人の強くなるための特訓 ルフィは、やはり最初からゴムゴムの実の能力を使いこなせていなかったようです。 エースめがけて打ちたいパンチも、地面に反射して自分に返ってきてしまいます。 エースと...
10年前の、エースとルフィの出会いが描かれています。 山賊ダダンのもとで暮らしながら毎日どこかへ出かけていくエース。 ルフィはそんなエースを追いかけ、ある日ついにたどり着いたのが「不確かな物の終着駅(グレイ・ターミナル)」という場所でした。 そこでルフィとエース、そしてサボという少年との過去が明らかになっていくようです。 ルフィとポルシェーミの部隊 ルフィは柱に縛り付けられながら...
ガープに連れられてやってきたフーシャ村から外れた場所にあるコルポ山。 そこにいたのは、山賊の棟梁のカーリー・ダダン。 このダダンのアジトでの生活が、現在のルフィの強さや人格を形成するきっかけになるようですが、どうも、エースはのちに義弟となるルフィの存在を認めていないようです。 ダダンのアジトの掟 山賊のダダン一味に対して、さっそく「山賊大嫌い」と発言するルフィ。 まあ、あこがれの...
世界各地で、海賊たちが偉大なる航路(グランドライン)を目指し、世界も少しずつ変化し始めました。 ところが、エースの死後、気を失ったルフィは、ローの手当ても終わり、ハンコックの提案によりアマゾン・リリーにいったん戻ることになりました。 マリンフォードの頂上決戦が終わってから、二週間が過ぎようとしています。 戦争終結直後の回想−イワンコフとの別れ マリンフォード頂上戦争の後、イワンコフ...
赤神のシャンクスの登場で、一気に終戦を迎えた「マリンフォード頂上戦争」。 その後、海軍、海賊ともに、新たな動きを見せています。 マリンフォードの人々のひとまずの気がかりとしては、海軍はインペルダウンの状況、海賊たちはルフィの容体といったところでしょうか。 インペルダウンの最新状況−センゴク元帥への報告 センゴクへの海兵の報告によると、監獄署長マゼランはひどいやられようで、虫の息との...
海軍本部と白ひげ海賊団の戦争は、「エース」と「白ひげ」が死してなお、波乱を迎えています。 ルフィやジンベエも赤犬の手によって瀕死の重傷を負いました。 海軍にも多数の負傷者をはじめ、勇気を出して止めに入ったコビーも、泡を吹いて気絶してしまいました。 ところが、そのコビーの作り出した「勇気ある数秒」によって、ルフィ憧れの海賊「赤髪のシャンクス」が登場しました。 赤髪のシャンクス登場 ...
白ひげ海賊団が海軍本部からエースを奪還することが発端となった戦争。 エースも、白ひげも倒れてなお、戦争のうねりは止みません。 そこへ、大将・赤犬の攻撃に深手を負ったルフィとジンベエを助けるために、超新星の一人トラファルガー・ローが潜水艦に乗ってやってきました。 トラファルガー・ローの機転 ルフィを投げろと言ってくる若い海賊にバギーは、若干の不信感を抱いているようです。 バギーはル...
エースに続き、白ひげまで命を落とした、この「戦争」。 黒ひげは、何やら特殊な手段を用いて、亡き白ひげから「グラグラの実」の能力を自分の身体に吸収してしまいました。 もともと持ち合わせていた「ヤミヤミの実」の力とあわせて二つの能力をもった特殊な状態に、海賊たちや海兵たちも、驚きを隠せない様子です。 ヤミヤミとグラグラ−二つの能力を持った黒ひげ 白ひげのグラグラの実の能力を自分の体内に...
白ひげ海賊団と海軍本部の戦争。 エースが死に、海軍本部マリンフォードが崩壊する中、今度は白ひげに最期の時が迫っています。 そこへ現れたのは、白ひげの元「息子」こと、"黒ひげ"マーシャル・D・ティーチと、その一味だったのです。 黒ひげ登場−ティーチの目的 処刑台の上に現れた、黒ひげ海賊団。 一味を束ねるのは船長の黒ひげ。 狙撃手のヴァン・オーガー。 操舵手のジーザス・バージェス...
あまりにも突然訪れた「ポートガス・D・エースの死」。 エースを抱いていたルフィは、ショックのあまり、意識を失いかけています。 「ルフィを守れ」−海賊たちの逃走劇 エースが死に、白ひげは命がけで海軍本部の海兵たちと戦っています。 それでもなお、大将・赤犬の標的がルフィであることに変わりはありません。 ルフィは、イワンコフが注入した「テンションホルモン」が切れてしまったのでしょうか、...
海軍大将・赤犬の攻撃からルフィを守ったエースが代わりにエースの攻撃を受け、深手を負ってしまいました。 その光景に、ルフィは目を疑うばかりです。 もしかしたら、作者の尾田栄一郎先生は、この「第574話」を描くために、ワンピースのリアルタイムでのキャラクターの「死」を、避け続けてきたのかもしれません。 海軍本部マリンフォード−赤犬を止める海賊たち 白ひげの傘下の海賊たちが砲弾で応戦しま...
自分を「オヤジ」と慕う海賊たちを、自らが盾となって守る白ひげ。 エースをはじめ白ひげ海賊団の海賊たち、そして傘下の海賊たちを逃すため、「世界最強の海賊」の最後の大暴れです。 海軍本部マリンフォード−白ひげとエース 白ひげの「船長命令」を守り、海賊たちの撤退が始まります。 でも、青キジとの戦闘に敗れ、凍ったまま動かないジョズ。 白ひげ海賊団の船員は「ブレンハイム」という名の人物を叫...
ルフィによってついに開放された兄「火拳のエース」。 これから、海軍の包囲網を振り切り、晴れて「エース奪還成功」となるのでしょうか。 マリンフォード−ルフィとエースの協演 ルフィがエースを開放し、海賊たちのテンションも一気に上がりきっています。 青キジや海兵たちの攻撃も、ルフィとエースの兄弟の「夢の協演」切り抜けます。 エースはルフィの成長を認める一方で、まだ太刀打ちしきれない青キ...
迫り来るエースの処刑。 それを阻止するべく、白ひげ海賊団や新世界の海賊たち、インペルダウンの脱獄囚たちの力を借りてエースのもとへ向かうルフィ。 そこへ立ちはだかったのはルフィの実の祖父・海軍中将ガープでした。 マリンフォード処刑台前−ルフィVSガープ イナズマが作った橋の上にガープが陣取り、ルフィを先に行かせようとしません。 ここでルフィはギア2発動です。 ん?ガープにあっさり...
エースの処刑目前で発動した、ルフィの「覇王色の覇気」。 その威力に、海軍本部のセンゴク元帥や三人の大将をはじめ、皆が驚いています。 ルフィの覇王色の覇気を見て 実の祖父であるガープ中将は「やはり持って生まれたか」と、ルフィが覇王色の覇気を持っている可能性を予測していたかのような表情です。 エースまでが「お前も...」と、既に覇王色の覇気を持ち合わせた人物と会っていることを思わせる発...
インペルダウンの脱獄時に続き、イワンコフから二度目の「テンションホルモン」注入をしてもらったルフィ。 ボロボロの身体に吹き込まれた活力は、そう長くは持たないでしょう。 白ひげ、マルコ、ジョズともに大将たちの攻撃に苦戦する中、エース処刑のリミットはすぐそこまで迫っています。 海軍本部マリンフォード−ルフィサイド ルフィへ、イワンコフからの忠告です。 「テンションホルモンは身体を騙す...
白ひげ海賊団にルフィやイワンコフ、そしてインペルダウンの脱獄囚たちが加わっての、海軍本部での「戦争」。 迫りくるエース処刑を阻止しようと処刑台目前まで攻め入ったルフィたちに、ついにセンゴク元帥とガープ中将が動きました。 特に、空からエース救出に向かった動物(ゾオン)系・幻獣種の能力者である一番隊隊長マルコを、素手で殴り飛ばしたガープの迫力に、海賊だけでなく海兵までも驚かされています。 ...
第567話「マリンフォード海軍本部オリス広場」 白ひげVS青キジ。 青キジが白ひげを凍らせようとしますが、白ひげの振動の力でものともしません。 ん? 白ひげの青キジへの攻撃を見て、どうも、覇気をまとえば自然(ロギア)系の悪魔の実の能力者のような実体の無い相手でも攻撃できるかのような描写がありますね。 以前の、覇気を持ったハンコックの攻撃がスモーカーに当たったときと同様、自然(ロギア)系の...
第566話「猛攻」 黄猿と青キジからの攻撃を受け、ルフィが絶体絶命の状況に立たされるも、一番隊隊長のマルコが助けに現れます。 どうやらマルコ、海軍大将にも引けをとらない戦闘能力を持ち合わせているようですね。 白ひげという強大な存在に隠れている部分もあるようですが、敵にしたら油断はできないでしょう。 処刑台ではついにエースに刃が向けられますが、それを止めたのは、なんとクロコダイル。 でも、...
エース奪還を目指すルフィや白ひげ海賊団と、海軍本部との「戦争」。 次々と仕掛けられる海軍本部の策略に対し、白ひげの一味ややルフィも猛攻を仕掛けます。 その様子に、世界中の人々はただ、息を飲むばかりでした。。。 シャボンディ諸島−マリンフォードの避難住民たち 戦争にそなえ、マリンフォードから避難してきた住民たちや新聞記者たちが、映像モニターの前に張り付いて、映像が途切れてしまったこと...
参加の海賊「大渦蜘蛛スクアード」の一撃により負傷した白ひげ。 でも、恨むべきはスクアードではなく、スクアードをけしかけた海軍本部。 ついに、世界最強の海賊が、海軍への攻撃の口火を切りました。 白ひげの進軍−マルコとスクアード 騙されたスクアードの分まで海軍に報いようと、白ひげに続いて進軍する海賊たち。 一方、白ひげを刺した張本人であるスクアードは、己の過ちを泣きながら悔やんでいま...
「世界最強の海賊」白ひげが、傘下の海賊「大渦蜘蛛スクアード」の剣に刺されました。 突然の出来事に、マルコやエースをはじめとする白ひげ海賊団の部下たち、ルフィ、ジンベエ、とにかく、その場にいたすべての海賊・脱獄囚たちが驚いています。 白ひげという一人の海賊に突き立てられた剣が、海賊時代の大きな変化さえ予感させます。 果たして、この戦争はどうなってしまうのでしょうか。 そして、スクアードの真意...
海軍本部での「戦争」も、一時間半を経過し、ついに海軍が仕掛けてきました。 Dr.ベガパンクのボディガードでもある戦桃丸が率いているのは、20体はあろうかという「バーソロミュー・くま」そっくりの人間兵器。 ついに、「本物のくま」まで完全なパシフィスタになってしまったようです。 「PX軍団」ともいえる、大量のくまが、戦争の流れをどのように変えていくのでしょうか。 マリンフォード−白ひげ...
海軍&王下七武海VS麦わらのルフィ連合軍の「戦争」も、開始からかなりの時間が経ちました。 互いの兵力は徐々に疲弊し、なお立ち上がっているものは歴戦の猛者ばかりといったところでしょうか。 ルフィは、今回の「戦争」の中心人物である、囚われの身の兄・エースの救出に向かいます。 そこへ立ちはだかったのは、かつてゾロを斬った「世界最強の剣士」王下七武海ジュラキュール・ミホークでした。 ルフィ...

ページの先頭へ