1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>[WJ]第566話「猛攻」感想

第566話「猛攻」

黄猿と青キジからの攻撃を受け、ルフィが絶体絶命の状況に立たされるも、一番隊隊長のマルコが助けに現れます。
どうやらマルコ、海軍大将にも引けをとらない戦闘能力を持ち合わせているようですね。
白ひげという強大な存在に隠れている部分もあるようですが、敵にしたら油断はできないでしょう。
処刑台ではついにエースに刃が向けられますが、それを止めたのは、なんとクロコダイル。
でも、クロコダイルの目的は「エース処刑の阻止」ではなく、単に海軍の喜ぶ顔が見たくないだけのことのようです。
何にしても、事なきを得たエース。
一方で、海賊たちは海へ向かって逃げています。
海軍からすれば勝負を捨てたかのように見えるこの行動。
でも、次の瞬間に現れたのは、潜水用の黒いモビー・ディック号。
白ひげの振動の力を帯びた薙刀と、オーズの怪力のアシストによって、ついに海賊たちが包囲網の中に入り込みました。
いよいよ、ガープやセンゴクも本腰を入れて待ち構えています。


0

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ