1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>[WJ]第601話「ROMANCE DAWN for the new world−新しい世界への冒険の夜明け−」感想

第600話では、ルフィが偽ルフィが集めた一味の総決起集会に連れて行かれ、なにやらひと悶着の予感。
ゾロはサンジが一緒にいるので、もう道に迷うことは無いでしょう。
ブルックは、ソウルキング引退前の最後の一曲をファンに届けます。
そして、残りの仲間は、船をシャボンディ諸島42番グローブへ進め、再出航の準備を整えます。
いよいよ、2年の時を越えて、魚人島への再出発の瞬間が迫ります。

ライブ会場−シャボンディ諸島−

ブルックは、ライブ会場の混乱に紛れて、トビウオライダーズの乗り物に乗せてもらい、難を逃れました。
ライブ会場では海軍と、ブルックのファンとの間で小競り合いが起こっています。
ブルックもいよいよ、海賊として再びサニー号に乗り込みます。

偽・麦わらの一味の総決起集会−シャボンディ諸島46番グローブ−

こちらは、本物のルフィが連れてこられた、偽麦わらの一味の総決起集会です。
海軍に包囲されてしまったところに偽ルフィは、さっき捉えた海兵を盾に取るよう、カリブーとコリブーの兄弟に指示しますが、カリブーはそれを無視して、銃の引き金を引いてしまいました。
「先頭の意思あり」と判断した海軍は、偽麦わらの一味を捕らえようと、ここでパシフィスタを何体も投入してきました。
それを率いているのは、海軍マントを羽織った戦桃丸!
なんと、この2年間で正式に海兵になったそうです。
そもそも、2年前まで海兵でなかったというのが意外です。
不思議な衣装だから、政府の中でも特別な存在なのかと思っていました。
さて、部下に従えた8000万ベリーを超える賞金首「リップサービス」ドウティを一撃で仕留めたパシフィスタに、偽ルフィはおびえて逃げ出そうとします。
そこへ、不審がったのは戦桃丸。
本物のルフィでは無いと察して、持っていた斧の平たい部分で叩いて、偽ルフィを一撃です。
そばにいたパシフィスタが、偽ルフィの正体を「懸賞金2600万ベリー、三枚舌のデマロ・ブラック」と見抜きました。
それを聞いて、「2000万そこそこの海賊に良いように使われるところだった」と、集められた「部下」たちはようやく我に帰りました。
そして、そのパシフィスタは、ついに「本物」を攻撃します。

本物ルフィの本領発揮−シャボンディ諸島46番グローブ−

パシフィスタに正体を見抜かれていた本物のルフィが、身につけていたマントとリュックを下ろして、準備万端です。
パシフィスタの攻撃をものともせず、覇気をまとったギア2「ゴムゴムのJET銃(ピストル)」で、一撃で仕留めてしまいました。
2年前のシャボンディ諸島では、9人の一味が総出でようやく1体を倒していたことから見ると、相当な成長でしょう。
その場を去ろうとするルフィの前に、ゾロとサンジが登場しました。
「海軍」「来る」など、ゾロに対して単語で説明していたサンジでしたが、彼らの仲は相変わらずのようです。
そんな2人の前に、もう1体のパシフィスタが立ちはだかりますが、ゾロとサンジがほぼ同時に一撃をお見舞いして倒してしまいます。
船長が1人で一撃なら、2番手&3番手は2人で一撃ということなのでしょう。
ルフィ、ゾロ、サンジがそろった46番グローブでしたが、のんびりもしていられません。
すぐにその場を去り、サニー号へ向かおうとしていたところへ、レイリーがやってきました。
ルスカイナ島での修行で、レイリーは1年半で島を後にしていましたが、ルフィの2年間の修行は、レイリーの存在があってのもの。
ルフィはレイリーに、2年間のお礼の言葉を投げました。
そして、「海賊王に、おれはなる!」の一言。
その言葉に、なんとレイリーは涙を浮かべています。

本物ルフィの本領発揮−シャボンディ諸島46番グローブ−

レイリーの涙。
ゾロやサンジのように感慨深げな表情を浮かべたり、あるいは頼もしそうな笑顔を浮かべるならまだしも、この涙の意味は何なのでしょうか。
もしかしたら、「ルフィが海賊王になること」が、レイリーやロジャーにとっても意味を持つことなのでしょうか。
ルフィの幼年期の回想で、エースやサボと夢を語り合うシーンで、ルフィが「おれの夢は海賊王になることだ」みたいなシーンが明確に描かれていなかったはずですが、それと関係があるのかも知れません。
あのシーンでルフィが言っていたのは「ある別の夢」であり、その夢をかなえるための手段が「海賊王になること」であり、それによって、ルフィだけでなくレイリーたちにもプラスにはたらく要素があるということなのでしょうか。
その真相は、いずれ明らかになるでしょう。

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ