1. HOME
  2. >>
今週の扉絵は「世界の甲板からVol.14”ココヤシ村”」です。 ゲンゾウとDr.ナコー、22歳になったノジコがベルメールの墓参りをしています。 その傍らには、大きく成長したチャボの姿も。 アーロン一味の一件のあと、みかん畑を手伝っていたようですね。 魚人空手の極意−ロビンの新能力− メガロに乗っていこうとするルフィを、力づくで止めようとするジンベエ。 ルフィは「ホーディってのを...
ジンベエから語られた、魚人島の歴史。 人間との共存を目指したオトヒメ王妃でしたが、彼女を撃ったのは人間でした。 ようやく人間との共存に向けて前進しかけていたところでの白昼の暗殺事件に、魚人島にも激震が走りました。 ナミはそういった状況を知り、アーロンを東の海(イーストブルー)に解放したジンベエを恨んではいないようです。 ところが、彼らのいる「海の森」に、映写用の電伝虫が現れて、そこにホーデ...
コビーは未来の海軍大将となるか!? 互いを「友達」と呼ぶルフィが2年間の修行にいそしんでいたころ。 彼は海軍本部の「曹長」から「大佐」に昇進していました(^-^) 今回の【鬼考察】はコビーについて。 過去や未来にまつわる謎だけでなく、コミックス第1巻で発していた「あのゴムゴムの実」というキーワードについても掘り下げてみましょう! この記事の目次 ■コビー...
今週の扉絵は「世界の甲板からVol13”バラティエ連結式鉄板焼艦ナスガシラ号”」です。 ナスガシラ号を背景にポーズをとっているのがカルネ。 ナスガシラ号の船首には、手配書に描かれたサンジの顔がデザインされています。 もしかしたらバラティエは、サンジの手配書の効果で収益を上げたのかもしれませんね。 暗殺犯の正体 白昼の銃撃に倒れたオトヒメ王妃。 王妃を撃った犯人は誰だったのか、判...

ページの先頭へ