1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>[WJ]第629話「立ち塞がる元七武海」感想−ルフィVSジンベエ−

今週の扉絵は「世界の甲板からVol.14”ココヤシ村”」です。
ゲンゾウとDr.ナコー、22歳になったノジコがベルメールの墓参りをしています。
その傍らには、大きく成長したチャボの姿も。
アーロン一味の一件のあと、みかん畑を手伝っていたようですね。

魚人空手の極意−ロビンの新能力−

メガロに乗っていこうとするルフィを、力づくで止めようとするジンベエ。
ルフィは「ホーディってのをブッ飛ばす」と言っています。
一触即発の展開に、周りにいたナミやサンジ達も事態が飲み込めていません。
ジンベエは、魚人空手「鮫瓦正拳」をルフィにお見舞いします。
打撃なのにゴム人間のルフィがダメージを受ける様子を見て、ナミも驚いています。
ジンベエいわく、魚人空手の強さは、周囲の「水」の制圧。
人体の大部分が水であることから、相手がゴム人間であろうとも、ダメージを与えることができるようです。
ルフィもゴムゴムのJETスタンプで反撃しますが、ジンベエに真正面からガードされて、修行の成果はこんなものかと一蹴されてしまいます。
互いにヒートアップする戦いを止めたのは、突如現れたロビンでした。
ルフィとジンベエの間に入り、戦闘を止めようとします。
ロビンの危機を察知し、下心のあるサンジはロビンを助けに入ろうとしますが、助けるために抱きかかえようとした瞬間、ロビンが消えてしまいました。
これは、ハナハナの実の能力で新たに身につけた技なのでしょうか??
サンジはその結果、ルフィとジンベエのクロスカウンターの巻き添えを食ってしまったのです。

魚人の思想−「ホーディと戦うな」の真意−

ジンベエはルフィ達に、魚人の思想を話し始めました。
ルフィ達がアーロン一味を壊滅させたことを知っている魚人島の住民も多い。
そうでなくとも、今まで魚人たちの思いは、人間によって打ち砕かれてきた。
そういった状況で、ルフィが魚人であるホーディと対峙しようとするなら、魚人島の住民は、変わることのない歴史を連想してしまうというのです。
それでも、ルフィにとって仲間がとらえられていることに変わりはありません。
ゾロやウソップ、ブルックを助けに行こうとしますが、当然ジンベエは止めます。
またしても、ケンカのような状況になってしまいました。

新魚人海賊団の脅威−ダルマザメの魚人:ダルマ−

ホーディとその部下たちは、魚人街からやってくる魚人たちの新しい生活のことを気にかけていました。
彼らの家は、死んでいく者や去っていく者の家を使うよう勧めています。
人間との共存を嫌う、ホーディと同じ思想を持つ者たちにとって理想の国家を作り上げようと、着々と計画を進めているようでした。
そして、こちらは新魚人海賊団のダルマ。
小さな体ながら、鋭い牙と強靭なアゴで、建物の壁を噛み砕いていきます。
ダルマは、新魚人海賊団の手下を置いて、一人ギョンコルド広場へ向かいました。
踏み絵の意味もないと言っていましたが、計画ではダルマの役目はひと段落したということでしょうか。
次回以降、ダルマ以外の幹部たちもクローズアップされていきそうです。
一方で、魚人島の住民たちは、新魚人海賊団の幹部の話をしていました。
ホーディを含め、幹部4人がサメの魚人。
もう一人はダイオウイカで、用心棒の剣士が魚人島一の剣士だと言っています。
ということは、やはりアーロンパーク編ではっちゃんが「おれは魚人島で一人を除いて最強の剣士」のように言っていたシーンで言っていた、その「一人」というのは、ヒョウゾウのことなのでしょう。
そしておそらく、そのヒョウゾウと対峙するのは、ゾロ。
徐々に新魚人海賊団の幹部や主要な敵キャラの力関係が整理されてきています。

囚われの三人組−ブルックの新能力−

こちらは、竜宮城で檻にとらわれているゾロ、ウソップ、ブルックの三人です。
ブルックは二年間の修行の中で、自身の霊魂を身体から遊離させる技を身につけたようです。
「ついに来るところまで来た」といった反応を見せるウソップですが、ゾロは、その能力を使って、自分の刀を一本でも竜宮城内から取ってくるように言いました。
さっそく、ブルックの刀探しが始まります。
ん?でも、霊魂になったブルックは、モノに触れないのでしょうか??
刀探しをパッパグに頼んでいます。
もっとも、そのパッパグはブルックを本物の幽霊と勘違いして、ヒッシで逃げ回っているようですが。。。

今後の予想

さて、新魚人海賊団の近辺での主要な敵キャラの力関係が整理されつつありますの、ここで対戦カードを予想して見ようと思います。
まずはルフィ。
「ホーディをブッ飛ばす」とついに明言しましたので、過去のストーリーから見ても、ルフィVSホーディはほぼ確定というところでしょうか。
続いてゾロ。
こちらは、ヒョウゾウが「魚人島最強の剣士」ということが魚人島の住民の話によって明らかになっていますので、ヒョウゾウをぶつけてくる可能性が高いでしょう。
そうなると、敵キャラの中核をなす存在のうち、もう一人のバンダー・デッケン9世は、サンジとマッチアップする可能性があります。
しらほし姫がらみで、サンジの見せ場もあるのでしょうか、戦闘の最後に、しらほし姫を記録していたデッケンの右手を、他の誰かに書き換えてしまう可能性もありそうですね。
あとは、イカロス・ムッヒ。
こちらは槍のような剣のような、長い武器を使う戦闘員のようです。
そうなると、見た目上、ブルックが相対する形になると思います。
あとは、次回以降、徐々に明らかになってくることを期待しましょう。
ということで、予想対戦カードはこちらです。
ルフィVSホーディ
ゾロVSヒョウゾウ
サンジVSデッケン
ブルックVSイカロス・ムッヒ
ナミVS????
ウソップVSワダツミ??
チョッパーVSダルマ??
ロビンVSゼオ??
フランキーVSドスン??
※「??」になっている箇所は、見た目や武器などから近そうなキャラを当てはめています

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ