1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>[WJ]第630話「動き出す」感想−エネルギーステロイドの魔力とホーディの執念−

今週の扉絵は「世界の甲板からVol.15”ローグタウン”」です。
武器屋の主人いっぽんマツが、自宅の風呂場にゾロの写真を飾っています。
ゾロに託した家宝の「雪走」はもう朽ちてしまいましたが、偉大なる航路(グランドライン)で活躍するゾロのことを、いっぽんマツも誇りに思っているようです。

新魚人海賊団の脅威−シュモクザメの魚人:ドスン−

新魚人海賊団の幹部ドスンは、フカボシに捉えられていました。
口癖も、初登場時の「ドスン」から「コツン」に変わってしまっています。
そういえば、目元あたりに元気がありませんねえ。。
どうやらドスンの部下によると、ドスンはパワーゲージの残量によって口癖が変わるようです。
残量が残り少ない状態では「コツン」や「ポスン」などの小さな音ですが、力が回復することによって「ドスン」や「ドガン」「ズガァン」などに変わっていくようです。
そんなドスンも、ネプチューン王の処刑予定地・ギョンコルド広場へ向かいます。

人斬り上戸の用心棒−毒種ヒョウモンダコの人魚:ヒョウゾウ−

ヒョウゾウは酒を飲んで、もはや何を言っているか分からない状態です。
でも油断してはならないのは、その剣技。
ヒョウゾウの軟体から繰り出される剣技は、新魚人海賊団の手下も構わずやっつけてしまいます。
もはや予測不能の状態のヒョウゾウですが、彼もまた、ギョンコルド広場へ向かうのでしょう。。。

新魚人海賊団の脅威−オオセの魚人:ゼオ−

マリンショッピングモール近辺では、魚人島の住民とゼオが争っていました。
でも、ゼオの姿がありません。
魚人島の住民たちの話によると、ゼオはカメレオンのように、周りに合わせて身体の色を変化させることができる不思議な能力を持っているそうです。
魚人島の住民たちはゼオを探していましたが、ゴキブリを発見したため地面をたたきました。
すると、たまたまそこに姿を隠していたゼオが殴られ、とばっちりでボコボコに。
なんだかネタキャラのようなにおいがしますが、自称魚人街の「貴族」であるゼオも広場へ向かいます。

新魚人海賊団の脅威−ダイオウイカの魚人:イカロス・ムッヒ−

ネプチューン軍の兵士たちを相手にしているのは、海獣「海熊」でした。
海熊のパワーで兵士たちが軒並みダウンしています。
もう暴れるのをやめさせようと新魚人海賊団の手下が火を使って海熊を止めようとしますが、それにムッヒは過剰な反応を示しています。
どうやらかつての親友・ダイオウイカのダイダロス(魚人ではなく純粋なダイオウイカ)がスルメにされてしまったトラウマがあるようです。
一方の攻撃面では、ムッヒの特徴はヤリ。
ですが、このヤリ、実はスルメなんだそうです。
干からびたスルメたちは以下に戻ることに憧れており、相手に攻撃することで、相手の水分を吸収してしまうのだそうです。
そしてムッヒ、ダメ押しで、干からびた相手に容赦ないプレスをかけました。
何やら、ムッヒの攻撃力がいちばん訳分かりませんが、強力な相手なのは間違いなさそうです。

凶薬エネルギーステロイドの脅威

ムッヒが空を見上げると、海獣に乗ってギョンコルド広場へと向かう新魚人海賊団の仲間がいました。
ムッヒがホーディについて尋ねると、ムッヒの死角にいたホーディは、そうとう苦しんでいます。
ネプチューン王にとっては、それも納得。
さんざんエネルギーステロイドを服用してきたツケが回ったのです。
さらに、先ほどゾロから受けた傷の痛みを紛らわすためにエネルギーステロイドを飲み続け、ホーディは息をするのも苦しそうです。
ところが、次の瞬間、ホーディが立ち上がったかと思うと、地上から見ていた海熊は恐怖におびえ始めました。
エネルギーステロイドの副作用によって、ホーディの身体に恐ろしい変化が起こっているようです。

今後の予想

さて、ホーディの服用したエネルギーステロイドの副作用も気になりますが、今回も新魚人海賊団の幹部の能力も少しずつ見えてきました。
前回に引き続き、対戦カードを予想して見ようと思います。
こちらのカードは、前回の予想と変わりません。
ルフィVSホーディ
ゾロVSヒョウゾウ
サンジVSデッケン
ブルックVSイカロス・ムッヒ
今回は、それ以外の対戦カードについて予想します。
ドスンはやはり怪力キャラ。
となると、迎え撃つのは麦わらの一味のパワー系の戦闘員となることが予想されますが、体格の大きさから、フランキーとぶつかりそうです。
すると、人獣系では体格の近いチョッパーが、ダルマを迎え撃つ展開になるということでしょうか。
また、ロビンが新能力で自身の身体を瞬時にワープさせていましたが、ゼオの消える能力とのマッチアップも面白そうです。
ムッヒは相変わらず、ブルックとの戦闘という予想は変わりません。
ブルックであれば、水分を吸収される恐れは無いので、有利に戦闘を進められそうです。
ウソップとナミは、敵の戦闘員の位置づけが確定できないため、これといった予想がありません。
もしかしたらナミは、しらほし姫を守る立場になるかもしれませんね。

今回の対戦カード予想

ナミVS????
ウソップVSワダツミ??
チョッパーVSダルマ
ロビンVSゼオ
フランキーVSドスン

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ