1. HOME
  2. >> 人気の記事伏線考察|ワンピース
  3. >>モンブラン・ノーランド処刑の謎と、気になる3つのポイント【ワンピース伏線考察】

今回の考察は、読者の皆さんから大きな人気を集めながらも、いまだ幾つかの謎が残る「空島編」から。

北の海(ノースブルー)の探検家モンブラン・ノーランドが処刑された件について考察してみたいと思います。

いくつかの可能性から、彼の処刑に隠された「秘密」に迫ります。

今回の話題の中心になるのは、第262話「あふことは片われ月の雲隠れ」のお話です。

ノーランドのジャヤ島出航後、北の海(ノースブルー)のルブニール王国への帰還後からのストーリーが、昔話のような形式で始まっています。

この記事の目次

ストーリーの概要

ノーランドの処刑で気になる3つのポイント

ポイント1:王様と大臣の表情

ポイント2:偉大なる航路(グランドライン)入り許可までの期間

ポイント3:ニセモノの証言者

ノーランドが「知ってしまった」もの

シャンドラの存在意義

ストーリーの概要

探検家であるノーランドは、その探検話で子供から大人まで人気を集めていました。

でも、それは人々にとって本当かウソかもわからないような話でした。

あるとき、ルブニール王国に帰還したノーランドは、旅から帰って報告をしました。

このときの報告が、ジャヤ島で黄金郷シャンドラを見たというものです。

この報告を受けてルブニール王国の王様と、大臣のような人物が驚きつつも顔を見合わせてニヤリ(なぜか、このくだりのセリフが無いのも気になります)。

その5年後、ようやく偉大なる航路(グランドライン)入りの許可がマリージョアから下りました。

ところが、ノーランドを提督とする探検船に乗船するのは、にわか訓練の兵士たちと、ルブニール王国の国王。

航海中、一部の兵士たちを失いながらもなんとかジャヤ島にたどり着きましたが、そこには黄金郷も、カルガラ達の姿もありません。

その状況を見て激怒した王様は、半年後、ルブニール王国にてノーランドを処刑してしまいました。

しかも、処刑前に証言台に立った「船員」とされる人物は、6年前に航海した者ではありませんでした。

結果として、ノーランドは国中に「うそつき」と罵られながら、処刑されてしまったのでした。

ところがノーランドが知らなかった真実として、カルガラ達やシャンドラの遺跡は、ノーランド到着の1年ほど前にノックアップストリームによって空へ飛ばされていたのでした。

▲この記事の目次へ

ノーランドの処刑で気になる3つのポイント

上記のストーリーの中で、気になる点がいくつかあります。

まずは、ノーランドの黄金郷の報告を受けたルブニール王国の王様と、ここでは「大臣」としておきましょうか、その2名のそぶりです。

ノーランドからシャンドラの報告を受けた直後、驚いたような表情の後に、王様と大臣と目を合わせてニヤニヤしています。

しかも、くどいようですが、この流れには不自然にもセリフがありません。

次に、ルブニール王国の探検船が偉大なる航路(グランドライン)に入るための許可が下りるまでに「5年」もかかっていること。

そして、ノーランド処刑時に、証言者としてニセモノの船員が現れたことです。

▲この記事の目次へ

ポイント1:王様と大臣の表情

まずは、王様と大臣の表情の変化について考えてみたいと思います。

第262話の序盤でシャンドラの黄金郷の報告を受けて、驚いて、顔を見合わせて、ニヤリ。

当初は、筆者は個人的には、

大臣「王様、黄金郷ですって」

王様「黄金を独り占めしたら、大金持ちになれそうだ」

大臣「行ってみますか、ジャヤに」

のようなやり取りがあったものかと考えていました。

ところが、あくまで解釈の一つとして、王様や大臣がすでにシャンドラの黄金郷の情報を知っていたとしましょう。

そうした場合、2人のやりとりは、このようにも解釈できないでしょうか。

大臣「王様、シャンドラと言ったら、まさか、、、」

王様「ああ、存在を知られてしまっては厄介だ、政府に連絡を取って、黄金都市など存在しないということにしてしまおう」

大臣「ノーランドを、うそつきに仕立て上げてしまいましょうか」

王様「これまでも嘘のような冒険話をしてきた彼なら、そうしてしまうのもた易いな」

そうするとノーランドの黄金郷発言は、ルブニール王国の国王、ひいては世界政府にとって不都合なものだったと予測できます。

▲この記事の目次へ

ポイント2:偉大なる航路(グランドライン)入り許可までの期間

例えば、マリンフォードの頂上戦争を終えて、東の海(イーストブルー)に戻ってきた海軍本部中将(当時)のガープ。

期間は明示されていませんが、ガープはマリンフォード頂上戦争の「数日後」くらいには、偉大なる航路(グランドライン)から出ています。

それは、ガープ帰還後のダダンの興奮度合いやフーシャ村の村長がルフィの安否情報をほとんど把握していないところを見ても推測できます。

もちろん、出ると入るとでは勝手が違うでしょうし、ガープは海軍本部中将の立場を使えば、すぐに出られたのかもしれません。

でも、「数日」と「5年」とでは、明らかに大きな開きがあります。

違いがあり過ぎです。

今になれば改めて「5年」という長さに不自然さを感じてしまいます。

でも、これが「ノーランドを嘘つきに仕立て上げるための準備期間」と仮定すれば、話は別です。

▲この記事の目次へ

ポイント3:ニセモノの証言者

そして、ノーランド処刑時に現れた、ニセモノの証言者。

処刑台に駆け付けたかつてのノーランドの部下たちも叫んでいるように、6年前にカルガラと会った時の船員ではありません。

そして、本当の船員たちの訴えをルブニール王国の王様が直々に「取り押さえろ」と命令しています。

この光景を見る限り、ルブニール王国の国王自らが「ノーランドを嘘つきに仕立て上げる策略」を能動的に動かしていた可能性があります。

▲この記事の目次へ

ノーランドが「知ってしまった」もの

あくまで仮説ですが、ノーランドが探検船の提督を務めていたルブニール王国は世界政府の加盟国なのかもしれません。

そして、アラバスタ王国のように、王国内のどこかで「歴史の本文(ポーネグリフ)」を守っている国の一つであった、と予測します。

さらに踏み込むなら、「黄金都市シャンドラ」は「歴史の本文(ポーネグリフ)」を守る者たち、つまり世界政府に関わる者たちにとって「不都合な要素」があった可能性があります。

それは「黄金」という、青海で高い値段のつく財宝ではないのでしょう。

どちらかと言うと、黄金の鐘に書かれていた「古代兵器ポセイドン」のありかなど、不都合な「情報」なのかもしれません。

しかも、出来事の時系列も不可解です。

ノーランドがカルガラと別れてルブニール王国に帰還し、王様に報告。

その4年ほど後にジャヤが空に飛ばされ、さらにその1年後にノーランドの船がジャヤに到着。

半年後にノーランドが処刑、という流れです。

これが、シャンドラが持っている「情報」をもみ消すためのものだとしたら、もしかしたらノックアップストリームは偶然の自然現象ではなく世界政府が意図的に起こしているものかもしれないと予想しています。

ワンピースの世界には、偉大なる航路(グランドライン)に入ってからは特に現実離れした人物や出来事などがありました。

そうした中でもキャラクターの能力や出来事のインパクトが突飛なだけであり、「空を飛ぶもの以外は普段は地面に足を付けている」など、基本は、物理的な法則には従っています。

物理的に考えて、土でできた島を1万メートルもの高さまで突きあげる「自然現象」なんて、まずあり得ません。

ワンピースの突飛な世界観が、ノックアップストリームの現象の違和感を綺麗に中和しているようにも見てとれます。

▲この記事の目次へ

シャンドラの存在意義

振り返ってみても、空島編は不可解な要素がいまだに残っています。

「心網(マントラ)」が「見聞色の覇気」であることは解明されましたが、神(ゴッド)・エネルの存在など、青海に戻っても語るものなどいまだ現れていません。

ここで、つながってきそうなのが、コミックス41巻近辺での「オハラ事件」です。

クローバー博士が五老星に直接語っていた「ある王国」の存在です。

もしかしたら。

本当にもしかしたら、です。

この「ある王国」とは、シャンドラのことなのではないかと筆者は予想します。

「空白の100年」が明けて、800年前に誕生したのが「世界政府」と名乗る組織。

シャンドラにある遺跡などが、その情報を知っているのかもしれません。

そもそもシャンドラ、というかジャヤの島は、昔から島の外との交流を絶ってきた島。

ノーランドがやってきたのが、島の歴史でも例のないほどの来客だというような語り口を、カルガラは見せています。

その、世界政府にとって「不都合な情報を持つ島」の存在を知ってしまったノーランドが、ルブニール王国の王様に報告。

王様は、もしかしたら多少は黄金に目がくらんだかもしれませんが、政府に連絡を取って、「不都合な情報を持つ島」であることを知ります。

このままノーランドの言う黄金郷を発見されてしまえば、「不都合な情報」まで、世界中に明るみになってしまうかもしれません。

そこで、政府の差し金でノーランドを嘘つきに仕立て上げるために、ジャヤへの航海の一年前に、シャンドラを住人ごと空へ飛ばしてしまったのではないか、と予想します。

麦わらの一味が空島へ行ってきたことを、もしかしたら政府は現在でも知らないかもしれません。

いつの日か、政府がそのことを知った時、麦わらの一味に対する警戒の目がより強まる可能性もあるでしょう。

(※この記事は、「ワンピース」単行本62巻までの内容をもとに作成されています)

▲この記事の目次へ

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ