1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>[WJ]第637話「古の方舟」感想−魚人島を守る人魚姫−

今週の扉絵は「世界の甲板からVol.21」です。
ドラム王国のDr.くれはの居城にいるのは「イッシー100(ワンハンドレッド)」。
2年前に「イッシー20」だった組織が、規模を大きくしています。
ドラム王国も医療大国として、それだけ発展したということなのでしょう。
そして、Dr.くれはは141歳になっても元気いっぱいです!

ルフィVSホーディ・ジョーンズ

ホーディに迫るルフィ。
ホーディはエネルギー・ステロイドを服用しているのに、武装色の覇気で戦うルフィに押され気味です。
まだ本気ではないのか、あるいは逆上したホーディがいずれまたエネルギー・ステロイドを服用して、その身を滅ぼしてしまうのか。
やや心配ではあります。

迫り来る方舟の恐怖

そこへ、魚人外にあった方舟ノアが、ギョンコルド広場上空まで到達しました。
まもなく魚人島の居住区のシャボンまでも打ち破らんとしていて、魚人や人魚たちも、その脅威におびえ始めました。
すると、ノアに乗っていたデッケンの部下ワダツミが、ギョンコルド広場に落ちてきました。
ノアを動かしているのはデッケンです。
動かすといっても、しらほし姫のいる場所めがけて飛んでいるので、すべてはしらほし姫しだい。
そのしらほし姫が、なんと危険を顧みずシャボンの外に出て、自分がノアを受け止めようとしています。
「的」であるしらほし姫に当たれば、ノアは役目を終えて、魚人島の居住区を襲うことは無いでしょう。
でも、もちろんしらほし姫に危険が付きまといます。
デッケンはしらほし姫に狙いを定め、ナイフを投げました。
ん?
ノアもしらほし姫を狙っているということは、このナイフは、単にデッケンが投げただけなのでしょうか??
デッケンはノアを居住区に投げることで、ホーディたち新魚人海賊団も巻き添えにする気でいたようです。
それを知ったホーディは、ノアを逆に利用しようと、錨(いかり)を伝ってノアへ上っていこうとします。
しらほし姫を守るには、デッケンを止めなくては。
もちろんルフィも動きますが、サンジも黙ってはいません。
「空中歩行(スカイウォーク)」でノアへと迫りますが、そこへルフィが自分を飛ばすように頼んできました。
ジンベエいわく、デッケンも能力者だから、少しはノアにも空気はあるだろうとのこと。
ルフィは、サンジの蹴りでノアへと向かっていきました。
果たして方舟ノアが「最終戦地」になるのでしょうか。

今後の対戦カード予想

今週のストーリーで、ギョンコルド広場にワダツミが落ちてきました。
麦わらの一味の敵が、1人増えたことになるでしょう。
一方で、ノアに乗っているデッケンに、ルフィとホーディがそれぞれ迫ります。
サンジも、比較的近いところに位置づけています。
するとやはり、
ルフィVSホーディ・ジョーンズ
サンジVSバンダー・デッケン
が成立するのでしょうか。
残りの顔ぶれでは、
ゾロVSヒョウゾウ
も固そうです。
チョッパーVSダルマ
も、前回に対立の構図が出来上がりつつあるので可能性としては高そうです。
あとはどうなるか、今後の展開を見守りたいところです。

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ