1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>[WJ]第639話「全部守る」感想−方舟ノアの戦い−

今週の扉絵は「世界の甲板からVol.23」です。
今回はアラバスタ王国のチャカやペル、イガラムらが登場しています。
いよいよ今年開催される「世界会議(レヴェリー)」に向けて、チャカやペルの衣装を新調しているところですね。
世界会議(レヴェリー)では何が語られ、何が明らかになるのでしょうか。

方舟ノア甲板

ホーディの武器「キリサメ」によって一突きされたデッケン。
深手を負いますが、その一撃はすぐに生死に関わる傷でも無いようです。
現時点で魚人島の真上にあるノア。
ホーディはデッケンが死ぬことでマトマトの能力が消滅し、ノアが魚人島へ落ちていくことを狙っています。
一方でデッケンは一矢報いんとばかりに、左手でホーディにタッチしました。
デッケンは大きな斧を投げました。
ホーディを狙わなくても、その能力で自然とホーディを狙うように返ってきます。
ところがホーディは、斧が返ってくる前にデッケンを盾にして斧を受け止めました。
デッケンに、更なる深手です。

ルフィVSホーディの水中戦

ホーディは、ノアが魚人島に落下する前にしらほしを仕留めようとしています。
それをリュウボシとマンボシが止めますが、2人がかりでもホーディには全く歯が立ちません。
ホーディがしらほしの背中めがけ攻撃を仕掛けますが、間一髪、フカボシの背中に乗ったルフィが到着します。
ルフィは新技「ゴムゴムの蛇銃(スネークショット)」で一撃。
どうにかホーディの攻撃を阻止しました。
ホーディの「何も守れねえ」に対して、ルフィは「全部守る」と自信満々。
2年間の本気の修行が、その自身を裏付けているようにも見えます。

ギョンコルド広場の開戦

さて、ギョンコルド広場ではデッケンの部下ワダツミが泣いています。
デッケンと離れ離れになったことを泣いているようですが、ゼオが嘘をついて丸め込んで、スルメと戦うように仕向けました。
エネルギー・ステロイドをワダツミに服用させると、予想以上の効果を発揮しているもよう。
どうやら、性格によって効きやすい場合と、そうでない場合があるんですね。
スルメを倒したワダツミが誰と戦うかを戸惑っているところへ、魚人の一人がジンベエを指差しました。
ジンベエも応戦しようと構えたところで、ワダツミVSジンベエの対立構図が出来上がりました。
ジンベエの「七千枚瓦・回し蹴り」でワダツミが倒れた影響でナミのいることろまでものすごい風圧が襲いました。
それに怒ったのはサンジ。
ワダツミを「ジャンボ饅頭」と罵り、2VS1の対峙となりました。
さて、こちらはヒョウゾウ。
周りの魚人いわく、少し前からのた打ち回っていたのは、どうやらエネルギー・ステロイドをつまみに酒を飲んでいたからのようです。
エネルギー・ステロイド、つまみになるんですかね??
薬品とお酒って、相性があまり良く無さそうですが、健康に影響がないのでしょうか??
そのヒョウゾウ、ホーディのように白髪っぽくなっています。
そのうえ、敵も味方も見境無く斬りまくっていて、手下の魚人たちも「何倍も強くなっている」と、手が付けられません。
そんなヒョウゾウが、ロビンを攻撃しようと斬りかかりましたが、それを止めたのはゾロ。
こちらでは、ゾロVSヒョウゾウの戦闘が始まろうとしています。

今後の予想

さて、現時点で動き始めたのは、これらのマッチアップでしょうか。
ルフィVSホーディ・ジョーンズ
ゾロVSヒョウゾウ
サンジ&ジンベエVSワダツミ
チョッパーVSダルマ
まず、これらのうち、サンジ&ジンベエVSワダツミのカードは動きがありそうです。
ワダツミはエネルギー・ステロイドを服用して、確かに強くなって入るようですが、さすがにサンジとジンベエが2人がかりで対抗するまでも無いでしょう。
おそらくサンジのほうが動くのではと予想します。

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ