1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>[WJ]第647話「止まれノア」感想

第647話「止まれノア」感想

新魚人海賊団の幹部たちを倒して、ギョンコルド広場で天命を待つ麦わらの一味。
ルフィは残りの力で、ノアに何発も拳を打ち込んでいます。
魚人島の島民たちがルフィに声援を送ります。
人間との「壁」を知っている大人たちや、それを知っているのか知らないのか、まだ小さい子供たちまでもが、ルフィにエールを送っています。


ネプチューン王はフカボシに、
「人命のためなら、ノアを壊すのも仕方ない」
と、ジョイボーイとの約束が果たせなかったことを悔やんでいます。
ネプチューン王と繋がっている、ジョイボーイの正体とは何なのでしょうか??
そんな中、ノアへ攻撃をし続けるルフィに、どこからともなく「やめろ!」の声が聞こえたのでした。
見ると、数体の大型の海王類が、ノアを抑えていました。
どうやらこれは、しらほし姫が呼んだようです。
以前の、天竜人が魚人島を訪れてオトヒメ王妃が危険にさらされかけたときのように、ルフィの力になりたいというしらほし姫の思いが、海王類の心を動かしたようです。
海王類が船を止めた。
ノアはもう、止まった。
しらほし姫から伝えられた事実に、魚人島の島民達は安どの表情を浮かべたのでした。

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ