1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>[WJ]第683話「氷のような女」感想−ルフィVSモネと、ローVSヴェルゴ−

今週の扉絵では、海軍G-5支部に捕らえられたカリブーを、弟のコリブーが助けに来ています。
ヤリスギ准将に磔(はりつけ)にされているカリブーですが、コリブーの援護で助かる見込みはあるのでしょうか??

SAD製造室と桃の助

SAD製造室に入っていった桃の助を気にしていた女の子は、桃の助と同じ船でパンクハザードに連れてこられたと言っています。
マスクをした研究員達は子供相手に言葉を選びながら、女の子の注意をそらそうとしています。
やはり、SAD製造室に入っていったきり戻らない桃の助と、ブルックたちがしとめた「竜」とは、大きな関係があるのでしょう。

ルフィVSモネ−戦闘力と勝敗は関係ない!?−

ルフィと対峙しているのはモネ。
カマクラを十層にも重ねて、ルフィを封じ込めました。
カマクラは固いようですが、モネは自由に通り抜けることができるようです。
そして、左右の翼でルフィを抱きしめて体力を奪い、徐々に眠気を誘っています。
そんな誘惑に負けじと、ルフィは床に向かって「ゴムゴムのJET槍」で穴を開けました。
でも、落ちていったのはゴミ捨て場。
空でも飛べない限り戻ってこれないと言って、モネはルフィの追撃をしません。
ルフィにはもちろん「ゴムゴムのロケット」で戻ることもできるのでしょう。
ただ、2年間の修行でサンジが「空中歩行(スカイウォーク)」を習得したように、ルフィが自在に空中を移動する能力を身につけていたとしてもおかしくはありません。

ビスケットルームの防衛戦

モンスターに変形したチョッパーは、「ビスケットルーム」へ向かおうとする子供達を必死で止めようとしていたのでした。
それでも、凶暴すぎる子供達は簡単には止めきれず、反撃もできないため、チョッパーは困り果てています。
やがてランブルボールの効力も切れ、いよいよ止めきれなくなったとき、ゾロ、ナミ、ウソップ、ロビン、ブルックが追いつきました。
先にビスケットルームに着いた子供達ですが、「キャンディ」を食べさせまいと、ロビンも大きな手を咲かせて子供達を止めます。
チョッパーが言うには、「モチャ」という少女が1名、平常心で他の子供達を止めようとしてくれていたそうです。
あれ?このモチャという少女は、シンドという少年が暴走したときも制止する側にいた女の子でしたっけ??
そこへ、モネが現れました。
モネはモチャに、「キャンディ」を分け与えるように言っています。
出口から逃げようとするモチャでしたが、モネの雪の壁に阻まれて、それができません。

ローVSヴェルゴ−心臓を取り戻せるか!?−

ローはシャンブルズを使って、ヴェルゴの手にある自分の心臓を取り戻そうとします。
でも、ヴェルゴの蹴りでそれも失敗に終わりました。
ローのオペオペの実の能力は、防御には特に効果を発揮しないようです。
また、攻撃面でも、イエティCOOLブラザーズを一撃で倒した「カウンターショック」も、ヴェルゴには全く効いていないようす。
そして、初めて帽子が取れたローの髪型が明らかになります。
一部のファンの方の間では「ローとサボは同一人物なのではないか」という説もあるほどですが、帽子が取れた状態の顔は、そばかす以外はむしろエースのほうに似ている印象があります。
もちろんエースとローは別人ではあるでしょうが、エースは元々「スペード海賊団」の船長として海賊をはじめており、「ハートの海賊団」の船長のローと、何か繋がりがあるのかもしれません。
そこへ、ついにスモーカーが到着しました。
ローVSヴェルゴはこれで一区切りになって、ヴェルゴはスモーカーと対峙することになるのでしょう。
悪魔の実、六式、覇気などのうち、ヴェルゴはどんな能力を持っているのでしょう。

モネの能力は何なのか?

ここで、今回のタイトルでも取り上げられているモネの能力について考察してみたいと思います。
まずは「人面鳥」というその属性。
翼の状態と、人間の手としてペンを持つ様子とが描かれていますが、これは元々「人面鳥」という種族があるのでしょうか?
もしくは「トリトリの実」の何かのモデルのものを食べたのでしょうか?
そして、「カマクラ」をはじめとする「寒さ」を操る能力。
この能力が使える理由は、何なのでしょうか?
「寒さ」を扱える「鳥」というものは考えにくいので、どちらかは悪魔の実の能力、そしてもう片方は生まれ持ったものである可能性があります。
そのように考えると、可能性としては「フユフユの実」の能力で寒さを操ることのできる「人面鳥」という種族、という可能性。
もうひとつの可能性としては、パンクハザードでの科学力の成果として、ルフィ17歳当時には「前例が無い」と言われていた、悪魔の実の能力を複数宿すことが、この時点までで可能になっているということです。
つまり、モネは「フユフユの実」と「トリトリの実」の両方を持った、「人面鳥」の異名を持つ戦闘員という可能性も無くは無いでしょう。
そうすると、既に登場している悪魔の実の能力者が、悪魔の実の能力を複数宿す技術の恩恵を受けて、より強力な海賊として再登場する可能性も考えられます。
モネ自身の謎もさることながら、これから登場するキャラクターの、複数の「異質な部分」に注目してみることも、この謎を解くカギかもしれません。

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ