1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>[WJ]第709話「キング・パンチ!!」感想-Bブロックの勝者はバルトロメオ!悲劇の国ドレスローザの過去とは!?-

今週の扉絵では、ミートパイのおばあさんが、わが孫ガブルと勘違いしたカリブーを戦火から逃がそうとしています。
このおばあさん、ただ間違えているだけなのか、それとも、何か別の理由で不思議な世界が見えているのでしょうか。

第709話「キング・パンチ!!」あらすじ

■バルトロメオVSハック
魚人空手の師範「百段ハック」の攻撃を防ぎ、さらに反撃でハックの顔面に蹴りを入れたバルトロメオ。
→実況のギャッツという人物はハックを応援していたようで、ハックが敗れバルトロメオが勝ってしまった状況に感情をむき出し。
→Bブロックの残り人数は、この時点で24人まで減っている。
■ダガマの策略と、狡猾なブルー・ギリー
ブルー・ギリーがリッキーに勝利!
→リッキーはブルー・ギリーに「”刃”もねぇ剣」と言い捨てられ、コリーダコロシアムの歓声を憎み、ドフラミンゴを憎み、寄る年波を嘆きながら敗退。
→そして、それまでエリザベロー2世を守っていた剣闘士たちがブルー・ギリーとダガマにやられていく。
→ダガマはエリザベロー2世を守っていた剣闘士たちと報酬で契約をしていたようで、ただの”駒”にしか見ていなかった。
→そのダガマもブルー・ギリーにやられ、脱落!
→エリザベロー2世とブルー・ギリーは「むき出しの刃ほど危険なものはない」「むき出しのキングほど頼りないものはない」と対峙する。
■キング・パンチ発動!
一方で、ノーダメージで立っているバルトロメオと、顔から血を流して倒れているベラミー。
→ベラミーもハック同様、自分からバルトロメオに攻撃して負傷した様子。
→そこへ不穏な空気、観客たちも「敵国要塞をパンチで粉砕」というエリザベロー2世の新聞記事を思い出していた。
→パンチだけでそれほどの威力ならコロシアムの観客席も吹き飛ぶと察して、観客たちは避難の準備。
→ブルー・ギリーは足技「シューティングムーン」でエリザベロー2世に立ち向かい、ベラミーはバルトロメオの腕をつかんだ。
→ついにキング・パンチ発動!
→ベラミーたち有力な剣闘士たちも吹っ飛んでしまう中、残ったのはエリザベロー2世とバルトロメオ!
→バルトロメオはバリバリの実のバリア人間で、エリザベロー2世の攻撃もバリアで防いでいた。
→バルトロメオの「バリアクラッシュ」で、ついに倒れるエリザベロー2世。
→コリーダコロシアムBブロックの優勝者は、イカれたルーキー・バルトロメオ!
→バルトロメオは、メラメラの実を誰かに渡したがっている、自身が能力者なので当然といえば当然だが、果たしてその人物とは?
■コリーダコロシアム観客席への通路にて
フランキーが兵隊のオモチャと密談中。
→なんとオモチャの兵隊もスマイルの製造工場の破壊をたくらんでいて、仲間たちとともに準備を進めてきたのだとか。
→オモチャの兵隊はそこで働く者たちを救いたいそうで、国の崩壊にもつながる一大事業にもなりうる作戦を考えている。
→オモチャの兵隊は、フランキーたちがドフラミンゴにたてつく度胸と覚悟を見込んで、悲劇の国ドレスローザの”全て”を話そうとしている。

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ