1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>[WJ]第714話「ルーシーとウーシー」感想-モモの助に迫る魔の手と、野望に満ちたハイルディン-

今週の扉絵では、カリブーが港へ逃れたら、見捨てたはずの仲間たちが迎えに来ていました。
しかも、これは海軍の軍艦を奪ってきたのでしょうか、かなり大きな船ですね。

第714話「ルーシーとウーシー」のあらすじ

■サニー号を襲うトレーボル軍
ナミ、チョッパー、ブルック、モモの助が守っているサニー号には、ドンキホーテファミリー(クローバー)トレーボル軍のジョーラ率いる軍勢。
→4人は小舟でサニー号の外に避難しているが、ジョーラの能力の影響なのか、身体の見た目が芸術的になってしまっている。
→ジョーラがドフラミンゴから受けた指令は「モモの助の誘拐」と「サニー号奪取」の二つ。
→ジョーラの能力によってサニー号まで変形させられてしまい、元に戻るのかを心配するブルック。
→モモの助は、変わり果てたサニー号を見て何か思い当たる節があるのか、微妙な描写。
■コリーダコロシアム控室にて
手当を拒否して、そのまま帰ろうとするリッキー。
→係員を振り払うが、血を流しすぎていて、よろけて片膝をついてしまう。
→そこへレベッカも現れ、治療を受けることを勧めた。
→レベッカは気づいていないが、リッキーはレベッカに対して申し訳ない思いがあるようで、シルエットだけの「過去」の描写が。
→もしかしたらレベッカとリッキーは肉親で、レベッカが物心つく前に離れ離れになってしまったのかもしれない。
■コリーダコロシアム・ドンキホーテファミリー控室にて
ドフラミンゴからの指令が、ディアマンテからベラミーに伝えられた。
→ベラミーへの指令は「大会終了までの麦わらのルフィの暗殺」!
→成功すればドンキホーテファミリーの幹部となれるが、先ほど後押しの言葉をくれたルフィに対して、ベラミーは複雑な表情を浮かべた。
■コリーダコロシアムCブロックの戦い
Cブロックを席巻している一人は、海賊傭兵のハイルディン。
→巨人族エルバフのルーキーで、最強の海賊傭兵と言われるハイルディンは、コロシアムの優勝賞品のメラメラの実を手に入れて「自然(ロギア)系の能力者の巨人」となるつもりだという。
→一方で、もう一つの注目は、闘牛ウーシーに乗ったルーシー(ルフィ)。
→観客からも、実況のギャッツからもすっかり好感をもたれ、人気を博している。
→それを控室から優雅に食事をしながら見ているキャベンディッシュは嫉妬。
→そこへ、謎のバッグをもって現れたバルトロメオは、キャベンディッシュに話しかけ、自身の話はキャベンディッシュのより根が深いと言い放った。
→そんなとき、ウーシーがハイルディンに激突!
→ルフィとウーシーはハイルディンの一撃をくらってしまう。
→ウーシーはコロシアムの地面にめり込むほどのダメージを受けたが、無傷のルフィがハイルディンの横っ面に一撃!
→ハイルディンを一撃で仕留める謎の剣闘士ルーシーに、コリーダコロシアムの観客たちは言葉もなく驚くのであった。

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ