1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>[WJ]第715話「激戦区Cブロック」感想-覇王色の覇気をもつチンジャオ!Cブロックの勝者は誰だ!?-

今週の扉絵で、兄カリブーを抱きしめる、弟のコリブー。
「ババー」は、彼らの実のおばあさんでしょうか、兄弟仲良くという教えをコリブーは守ったようですね。

第715話「激戦区Cブロック」のあらすじ

■コリーダコロシアムCブロックの主な戦士たち
・華(カ)の国のギャングのトリオのひとりで、八宝水軍第13代棟梁のサイは、盾や鎧などでも防御不能の「八衝拳(はっしょうけん)」の使い手
・八宝水軍副棟梁のブーも同様に、八衝拳の使い手であり、八衝拳には数百年の歴史があるとのこと
・先代である第12代棟梁のチンジャオは覇王色の覇気の使い手で、敵をただ一人に定めて、周りの敵をどんどん倒していく
・敗れた剣闘士たちが落としていった武器を拾っているのが「追剥のジャン」の異名を持つ賞金稼ぎジャン・アンゴ
・チビと言われて切れたケリー・ファンクは、相手が倒れて気を失っても殴るのをやめない
・弟のボビー・ファンクはケリーを止めようとするが、誤って殴られているほうを止めてしまっている
■ブーVSケリー・ファンク&ボビー・ファンク兄弟
ブーがケリーを殴り、倒れたら次にはボビーに武器で殴り掛かる
→背を向けたままブーのオノを受けるボビーだが、キズどころかオノでやられたことにさえ気づいていない様子
→武装色の覇気をオノにまとわせて攻撃したブーも不思議がっている
→ケリーが「早く着ろ」という意味深な支持をボビーに出して、次の瞬間、コロシアムに現れたのは、顔がケリーで体格がボビーの「合体戦士」!
→ブーはボコボコにされてしまった
■ルーシー(ルフィ)VSジャン・アンゴ
ジャン・アンゴに兜をとられ、かろうじてマントでその顔を隠すルフィ
→ジャン・アンゴも、コリーダコロシアムの戦いに「麦わらのルフィ」が紛れ込んでいるという噂を突き止めていた
→そして、チンジャオも数々の敵をなぎ倒して、かたきであるガープの孫・ルフィに狙いを定めている
→激戦のCブロックで、生き残るのは誰だ!?

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ