1. HOME
  2. >> 人気の記事伏線考察|ワンピース
  3. >>ガープとドラゴンは実の親子ではない!?【ワンピース伏線考察】

ルフィの父親といえば、革命軍のリーダーで「世界最悪の犯罪者」とも称されるモンキー・D・ドラゴンです。

そして、ルフィの祖父は海軍本部中将で「海軍の英雄」と言われているモンキー・D・ガープです。

どちらもそれぞれ、ルフィの実の祖父、実の父親であるはずです。

………が!!

ここで「ガープとドラゴンは実の親子ではない」という仮説を立ててみます。

ガープと血がつながってるルフィの親

ガープとルフィ。

ドラゴンとルフィ。

それぞれに血のつながりがあるのは確かでしょう。

ただ、ガープとドラゴンに血のつながりがないと、当サイトでは予想しています。

考えられる可能性として「ドラゴンがモンキー家のムコ養子になった」という説です。

つまり、ガープはルフィの母方の祖父なのではないかということです。

ガープとルフィはどちらも、大胆で豪快、なおかつときどき品のない発言も見受けられます。

その一方で、ドラゴンは今までの登場シーンでは「硬派」な印象ばかり。

大喰らいでどこでも簡単に寝てしまうガープやルフィとは、似ても似つかないところがあります。

そんな状況を考えた時、浮上するのが「ガープやルフィによく似た性格の、ルフィの母親」です。

ルフィの生い立ちから、フーシャ村での生活へ

あくまで予想ですが、ルフィはもともと、ゴア王国の貴族として育てられることになったのではないでしょうか。

父親のドラゴンが、サボを介抱するシーンで、自身がゴア王国で生まれたことを口にしています。

これは、ドラゴンが革命軍を結成せずゴア王国にいたとしたら、貴族になる可能性があったとも考えられます。

ただ、ルフィを貴族にさせることを避けようとした「誰か」が、ルフィをゴア王国からはずれたフーシャ村で育てることにした可能性があるでしょう。

ルフィが貴族になることを避けようとした「誰か」とは誰!?

では、ルフィが貴族になることを避けようとした「誰か」とは、いったい誰なのでしょうか。

結論から言うと、「ガープ」「ドラゴン」「ルフィの母親」の3人のうち誰かという可能性が高いと思います。

【1】ガープの場合

じゅうぶんあり得る話です。

ロジャーが健在だった時代からすでにガープは海軍本部中将でした。

その立場を利用すれば、東の海(イーストブルー)の一国で貴族として育てられそうになっている子を、一市民として育てるようにさせることは難しくないはずです。

自分の実の孫ならなおさら、育成方針に祖父が口出しをしても、さほど問題ないはずです。

実際にガープはルフィやエースを(貴族ではなく)海兵として育てようとしています。

極めつけは、海兵にならず海賊となり、マリンフォードで処刑寸前だったエースに対して、自分の思い通りに生きなかったエースに向けて涙を流しています。

このシーンからもガープは、ルフィやエースの育成について強い思いを持っていたことが伺えます。

【2】ドラゴンの場合

ドラゴンが、ルフィをゴア王国で育てることをしなかった(させなかった)可能性も、無くはないでしょう。

不確かなものの終着駅(グレイターミナル)の一件で、サボが貴族に生まれたことを嘆いているシーンでも、ドラゴンが「貴族」という身分に対して違和感を持っていることは明らかです。

そんなドラゴンが、

「ルフィを貴族にはしたくない、妻の育ったフーシャ村へ」

とルフィをフーシャ村に預けていた可能性も、否定はできません。

【3】ルフィの母親の場合

姿も名前も、現在どうしているのかもわからないルフィの母親ですが、母親が息子の事を気遣うのは同然の事でしょう。

ドラゴンと同じように「貴族」というものに違和感・不信感を持っていて、ゴア王国から外れたフーシャ村で育てることを選んだ可能性もあります。

ただ、ルフィの幼年期に、母親が全く登場していないのが気になります。

幼かったルフィを残してどこかへ航海に出てしまったとか、訳があって誰かから逃れているとか、もしくは。。。

まとめ

いずれの場合でも、ルフィの誕生からフーシャ村で生活を送るようになるまでの間に、ルフィの両親やガープが大きくかかわっている可能性は高いと言えるでしょう。

ルフィの母親の登場や、ルフィの過去に触れるエピソードが今後語られれば、また新たな事実が発覚するのかもしれません。

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

「ガープとドラゴンは実の親子ではない!?【ワンピース伏線考察】」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ