1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>[WJ]第719話「開けチンジャオ」感想-Cブロックの勝者はルフィ!チンジャオとガープの因縁も明らかに!-

今週の扉絵では、おばあさんを見せしめにしているスコッチの前に現れたのは、ガブルと偽ったカリブーでした!
コリブーや船員たちも一緒にいます。
おばあさんをスコッチの手から救うことはできるのでしょうか。

第719話「開けチンジャオ」のあらすじ

Cブロック最終決戦!ルフィVSチンジャオ

・ルフィの技を受けても、なお立ち上がるチンジャオ
・チンジャオ曰く、最悪の世代と言われようと、全盛期から衰えた自分にさえ叶わないようでは程度も知れているとバッサリ
・最悪の世代の中でも見栄えがするのはせいせい黒ひげくらい、悪となりうる芽としてエースを摘み取ったのは正しい判断だったといい、ルフィの神経を逆なでする
・海軍大将も四皇も倒して、ロジャーを越えられるかと問うチンジャオに反して、ルフィはチンジャオにつかまり、ゴムの力の反動で空高く飛び上がった

チンジャオとガープの因縁

・さかのぼること30年前、盗賊たちが見つけた氷の島の下に、数えきれないほどの財宝が眠っていた
・火でもオノでも破れない分厚い氷「宝玉氷床(ほうぎょくひょうしょう)」だったが、一点にすさまじい力を込めるチンジャオの「錐龍錐釘」でのみ氷を割ることができた
・チンジャオの頭突きで割れた氷の下には、チンジャオの一族の数百年分の財宝
・ところがある時、ガープとチンジャオが対峙、お互いの武装色の覇気をまとった拳と頭がぶつかり合い、それを制したのはガープ!
・チンジャオの頭はその衝撃で凹んでしまい、宝玉氷床を砕き割ることができなくなってしまった
・泣き崩れるチンジャオは、ガープの血統を孫子の代まで恨むと決意したのだった。。。

コリーダコロシアムCブロック決着!

・回想が終わり、ぶつかり合うルフィの「雷将・象銃(トール・エレファントガン)」と、チンジャオの「無錐龍・無錐釘(むきりゅう・むきりくぎ)」
・ルフィの拳がまさり、なんとその衝撃でチンジャオの頭が昔のような錐の頭に戻り、観客は目玉を飛び出して絶叫した
・そのまま気を失い、コロシアムのほぼ中央にチンジャオが頭から落ちたことで、コロシアムの床は真っ二つ、その光景にまたしても観客は絶叫した
・Cブロックの勝者は「ルーシー」として出場したルフィ!
・戦闘を終え、ルフィが戻ってくるのを待っているキャベンディッシュと、それをさせようとしないバルトロメオ
・その陰でベラミーも2人のやり取りを複雑な心境で聞いている
・一方のバージェスは、ルーシーの正体がルフィだと悟り、不敵な笑みを浮かべるのだった。。。

感想

チンジャオの落下の衝撃で、コロシアムの足場が真っ二つに割れてしまいましたね。
このまま残りのDブロックを継続するのは難しいでしょう、もしもコロシアムの戦いを続けるとしたら、いったん修復作業の時間を設けることになるでしょう。
その合間のタイミングに、その直下にいるトンタッタ族の500人の小人たちの救出が重なるとしたら、トンタッタ族は地下からコロシアムへ飛び出してくることになるでしょうか。
また、ルフィを狙うキャベンディッシュに対して、それをさせまいとするバルトロメオの言動も気になります。
「ルフィはキャベンディッシュではなく、自分が仕留める」という意味なのか。
あるいは「ルフィを狙うようなマネはさせない」という意味なのか。
そしてついに「ルーシー」の正体に気づいたバージェスは、どんな行動に出るのでしょうか。

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ