1. HOME
  2. >>
ワンピース ミニパズル150ピース トラファルガー・ロー 150-456 第750話では、ドレスローザの王宮の手前で、大将藤虎の部隊をサボが1人で足止めしていました。 ルフィの兄として、麦わらの一味やその手助けをする戦士たちに危害をくわえさせないと、藤虎や大柄のバスティーユ中将を相手に1人で立ちはだかります。 また、フランキーVSセニョール・ピンクの「個性派対決」の第2ラウンドも始まりました...
ドフラミンゴのシンボルは、スマイルマークに斜線が引いてありますね。 一方で、ローの率いるハートの海賊団のシンボルもスマイルマークがベースになっています。 これについて、少しだけ「違和感」のようなものを感じてしまうのは気のせいでしょうか?? いやいや、ドフラミンゴの方が「斜線なし」だったら、まだ分かるんです。 シャボンディ諸島のヒューマンオークションをMr.ディスコに丸投げし...
ONE PIECE 74 (ジャンプコミックス) 第749話では、ピーカをゾロが止め、戦闘モードに入りつつあります。 一方で、ローの口から語られた「コラさん」の真実。 名前はコラソンで、ローに命をくれた恩人、しかもドフラミンゴの実の弟だというのです! さて、第750話ではローとコラソン、そしてドフラミンゴの過去は描かれるのでしょうか?? 今回は巻頭カラー! カラーを飾るのは、ルフィ、ゾ...
マリンフォード頂上戦争の終盤に現れた黒ひげ海賊団。 黒ひげは一味総出で白ひげを亡き者にして、黒ひげは白ひげの「グラグラの実」の能力を奪うことに成功しました。 その後、2つの能力を得た黒ひげは、思い立って、マリンフォードを沈めていこうかという思いを口にしました。 それを見逃さなかったのが、以外というべきか、それまで激しく感情的にならずにいた、センゴクでした。 「ここに我々がい...
7歳当時のルフィの回想シーンで、エースと出会って間もないころに、エースから家族の存在を聞かれたルフィは、祖父のガープ以外いないと言っています。 ルフィが一人っ子であったとしても、少なくとも「家族」として、父親と母親はいるはずなのです。 ということは、ルフィは7歳時点で母親と一緒に暮らしていなかったことが伺えます。 ここで、「まさか」の可能性を考えてみたいと思います。 ずばり...
白ひげが健在だったころ、白ひげのナワバリだった魚人島。 でも、白ひげの死後は、ビッグ・マムのナワバリになっていますね。 白ひげに、敵ながらも敬意を払っていたというシャンクスです。 白ひげに代わってナワバリを守ってほしいと頼まれれば断る理由も無いように見えますが、一体何があったのでしょう?? 可能性として考えられるのは、例えば、魚人島のリュウグウ王国が、最初からシャンクスに頼...
Portrait.Of.Pirates ワンピースシリーズ Sailing Again ロロノア・ゾロ 第748話では、コリーダコロシアムに出場した戦士たちが、麦わらの一味に共鳴して、ドフラミンゴのいる王宮を目指していきました。 でも、みんながドフラミンゴ討伐を狙う、我の強い選手ばかり。 さて、第749話ではどのような展開になるのでしょうか。 第749話「すすめ!曲者軍団」のあらす...

ページの先頭へ