1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>[WJ]第741話「うそつきウソランド」感想-男ウソップ決意の反撃!明かされたキュロスの過去-

今週号のワンピースは巻頭カラーです!
軍隊チックな麦わらの一味で、ルフィを中心にみんながキメています。
さて、前回は、ドレスローザSOP作戦のさなかに倒れた小人たちや、オモチャに変えられてしまったロビンをよそに、ウソップが逃亡を企てていました。
他のメンバーは、ドンキホーテファミリーの壊滅を狙ってそれぞれの場所で戦闘中。
ドレスローザSOP作戦は、どうなってしまうのでしょうか!?

第741話「うそつきウソランド」のあらすじ

決意の一撃!海賊ウソップの覚悟

必死に逃げるウソップ。
入ってきた通路は使えないと、どこから出ようか考えながら走るウソップですが、倒れた小人たちは「ウソランド」の登場を信じてやみません。
トレーボルに踏みつけにされながらも、耐え、トンタッタの英雄ウソランドを信じる小人たち。
そんなウソップは、逃げたい本心と、助けたい思いとの間で揺れに揺れています。
虫の息の小人たちを救うために、ついに決意を固め、トレーボルに立ち向かう勇気を振り絞りました。
炸裂したのは「緑星・プラタナス手裏剣」!
トレーボルを真っ二つにして小人たちから歓声を浴びますが、余裕の表情のトレーボルを見ると、おそらく何のダメージでもないのでしょう。。。

キュロスの過去、リク王との出会い

場面が代わってドフラミンゴのいる「スートの間」。
錦えもんが変装する「ドンキホーテ・ドフラえもん」がウロウロしている情報が、本人のもとにも入ってきました。
何やら騒がしい様子を窓の外から見ているルフィ、ヴァイオレット、そして片足の兵隊ことキュロス。
スートの間の中にいるリク王を見ながら、キュロスは過去を思い返していました。
スラム街で15歳当時にリク王に拾われた「人殺し」の少年キュロス。
コリーダコロシアムで100勝したら自由の身になれるという条件で参戦し、素質を見せるも、外の世界に出ることを望まれていないという理由で開放を断ったキュロス。
たった4年で1,000勝を挙げてしまう彼は、ある人物の墓の前で、涙を流していました。
自分のことを、みんなが忘れてくれないだろうかと、不思議な気持ちを口にしながら。。。

ウソップ&ロビン&トンタッタ族VSトレーボル&シュガー

さて、交易港の今後の戦いを予想してみましょうか。
麦わらの一味&小人族の連合軍は、もうまともに戦えるのはウソップだけです。
トンタッタ族はほぼ戦闘不能、あとはロビンも、オモチャ状態が解放されなければ戦闘員としては動けないでしょう。
ということは、まず動くのは「ウソップVSシュガー」でしょうか。
タタババスコを使うかどうかはわかりませんが、ウソップがシュガーを気絶させるのが第一になりそうです。
そうすることでロビンも、そして、これまでシュガーに変えられたオモチャたちも一斉に人間に戻り、ドフラミンゴへの反抗心をあらわにすることでしょう。
そうなると、「ロビンVSトレーボル」でしょうか。
ただ、今週号でトレーボルに打撃・斬撃が聞かない可能性が高いシーンが描かれているので、関節技で攻めるロビンがトレーボルの弱点をどうやって突いていくか見ものです。

忘れられたいキュロスの謎

さて、キュロスの生い立ちに何があったのでしょう。
スラム街に育った少年キュロスは、15歳で「人殺し」とののしられています。
そして、コロシアムで1,000勝を達成した孤高の戦士となったキュロスは、墓の前で「忘れられたい」と泣いている。
いったい、どういうことでしょう??
限られた情報から考察してみましょう。
キュロスは「親友」を殺された。。。
キュロスの親友とは誰なのか、そして、誰に親友を殺されたのか、興味深いですね。
そのキュロス、おそらくこのシーンの直後か、あるいは数年のうちに、コリーダコロシアムの剣闘士を引退するのでしょう。
麦わらの一味のドレスローザ上陸から20年前、レベッカ誕生から4年前という計算ですね。
次回以降、キュロスの詳細やリク王の人柄ももう少し明らかになってきそうです。

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ