1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>[WJ]第755話「男の世界」感想-マンシェリー姫登場!スマイル工場長の恋-

表紙連載シリーズ「ジンベエの海峡一人旅」。
小海ネコをつれてジンベエと海イヌのおまわりさんが街に帰ってみると、街ごと消えてしまっています。
何モノの仕業なのでしょうか??
そして、ジンベエと2匹の海獣たちは次にどこへ向かうことになるのでしょうか。

第755話「男の世界」のあらすじ

地下交易港からの脱出-カン十郎のはしご-

カン十郎の能力ではしごをたくさん描いて、リク王の部下の兵士やドレスローザの人々が登っていきます。
でも、そのはしごが、お世辞にもしっかりしたものとは言えず、兵士たちが少し不満げ。。。
でも、兵士たちの脱出まであと少しです!

スマイル工場内部-小人たちの大暴れ-

スマイル工場で働かされていたトンタッタ族の小人たちが、工場の人間たちの拘束から逃れるために暴動を起こしました。
人間たちの誘惑にも、耳栓をして聞こうとしない小人たち。
力では完全にトンタッタ族に分があります。

マンシェリー姫救出へ

トンタッタ族の1人が、姫の側近マウジイに「隔離病棟」を見つけたと報告しました。
確かにマンシェリー姫の名前が書いてある部屋があります。
でも、「立ち入り禁止」の張り紙にも走る勢いが止まらなかったマウジイが突き破った部屋の先は、ただの倉庫でした。
隔離病棟にいるというのは、ドンキホーテファミリーの嘘だったようです。

スマイル工場の解錠-工場長キュイーン登場!-

スマイル工場の入り口、ちょうどフランキーとセニョール・ピンクが戦っている場所の反対側で、小人たちがカギを開けていました。
その音が、フランキー・イヤー(生まれつき耳が良い)で聞こえたフランキー。
フランキーは何かを考えたように、ピンクに「右手の路地裏で身体が弱くて困っているババアがいる」と一言。
それを信じたピンクが戦闘の場を離れると、フランキーは開かれたスマイル工場へ。
スマイル工場の内部で、小人たちに立ちはだかるのはスマイル工場の工場長キュイーン(20歳・女性)でした。
掃除機というか、大型の吸引機を背負ったような大柄なその女性が、スマイル工場を取り仕切る権限を持っています。
そこへ現れたのが、フランキーやインヘルたち。
キュイーンも、1つ星の受刑者であるフランキーの顔と名前は一致しています。
すると、フランキーはいきなりキュイーンに抱き付きました。
フランキーを殴るキュイーンですが、それでもフランキーは手を放そうとしません。
さらにそこへ、「困っているババア」がいないと気づいたピンクが戻ってきました。
フランキーめがけて突進するピンク。
フランキーは、抱き付いて離さなかったキュイーンに、スープレックスの体勢です。
そして、タイミングを合わせてピンクに直撃!
キュイーンとピンクの頭が、見事にヒットしました。
立ち上がって、怒り出すキュイーン。
こうなると止められないと慌て出す小人たち。
でも、次の瞬間フランキーがとったのは意外な行動。
なんと、怒りのキュイーンにキスをしたのです。
フランキーがキュイーンに恋をしたのかと驚き、キュイーンもときめいている中、フランキーは意に介しません。
大人の男の決闘に口を挟んだキュイーンが悪いと、ピンクもその点はフランキーに同意しています。
麦わらの一味の「鉄人(サイボーグ)フランキー」と、ドンキホーテファミリー・ディアマンテ軍の幹部「セニョール・ピンク」の、男の戦いが始まります!!
ピンクの「おむつ爆弾」と、フランキーの「乳首(ニップル)ライトスペシャル」のぶつかり合い。
男の決闘(…?)は、どのような決着を迎えるのでしょうか。

レオとマンシュリー姫

ピーカは、ゾロに邪魔され激怒。
そのゾロのおかげで歩を進めているレベッカやロビン、バルトロメオは王宮へと向かいます。
その途中、レオの電伝虫がなりました。
相手はマウジイ。
マンシュリー姫は、王宮のどこかにいると知らせが入りました。

王の台地-リク王とゴッド・ウソップ-

王の台地には、ウソップとリク王、ヴィオラ、レパント、ハックがいました。
これだけの戦力があれば、ドレスローザの国民から逃れることもできるでしょう。
ウソップは自分たちが狙われていることを恐れていますが、ヴィオラは、ドレスローザ国民が過去の秘密を知っているから、リク王を誰も恨まないと自信を持っています。
一方、リク王が気にかけているのはマンシェリー姫の居場所。
王宮にいるのは間違いないと考えて、ヴィオラの能力で調べるよう指示しました。
リク王いわく、ドフラミンゴもマンシュリー姫の能力を欲しがっているから、命までは取らないと見ています。

王宮内

マンシェリー姫が泣いています。
しかも、何やら小さな檻のような場所の中で。
ドンキホーテファミリーの手下がパンを檻のすき間から入れますが、マンシェリー姫は泣き続けています。
泣きながら、グリーンビットに帰りたいと、レオの名前を呼んでいたのでした。

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ