1. HOME
  2. >> 伏線考察|ワンピース
  3. >>ゾウを目指していたのは錦えもん、モモの助、カン十郎、あと1人は!?【ワンピース伏線考察】

パンクハザードで麦わらの一味と運命的な出会いをした、錦えもんとモモの助の親子。

その後、ドレスローザでカン十郎と再会していますが、ここで、ワノ国の侍キャラクターについて、コミックスの情報をもとに整理したいと思います。

ワノ国の「侍」キャラクターのまとめ

■もともとゾウを目指す(侍3人とモモの助)

■遭難してドレスローザへ(侍2人とモモの助)
→侍1名が離脱

■モモの助が、ドレスローザでドフラミンゴの残虐性を見る

■モモの助がドフラミンゴに追われて、船へ

■カン十郎が人質になって、錦えもんはモモの助を追ってパンクハザードへ
→カン十郎が離脱

錦えもん、カン十郎と、もう1人の侍の存在は?

気になるのが、話の流れに少し登場しながら、名前が明らかでない「もう1人の侍」の存在です。

あくまで可能性の段階の話ですが、ゾウにすでに到着しているかもしれませんね。

コミックスの流れを見る限りでは、ゾウを目指して、ドレスローザへの道中で錦えもんたちとはぐれています。

もしかしたら、同じくゾウを目指しているサンジたちと出くわして、そのままゾウを目指しているとか。

この「もう1人の侍」ですが、ひょっとしたらドレスローザ編ではなく、ゾウ編で重要な役割をもつキャラクターかも知れませんね。

正体が明らかになるのを楽しみにしています。

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ