1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>[WJ]第759話「秘策」感想-共闘!最悪の世代のルフィとロー-

表紙連載シリーズ「ジンベエの海峡一人旅」。
ジンベエが沈没船を助けました。
この「恩」を、いつか返してくれるような展開になるのかな??
いずれジンベエのこのストーリーも、本編とリンクしてくるのでしょう。
だとすると、ジンベエとビッグマムの接触もありそうですね。
そのビッグマム、おそらくドレスローザ近海にいるはずなのですが。。。。

第759話「秘策」のあらすじ

王の台地3段目(ロビン、バルトロメオ、キャベンディッシュVSグラディウス)

巨大骸骨のオモチャが人間の姿に戻る。
1体の人形を8人の人間で構成していた。
バルトロメオは階段として使っていたバリアが元に戻って、自由に使えるようになった。
グラディウスは、シュガーがまた気絶しているのではないかと危惧している。
ドンキホーテファミリーの兵士たちは、一生オモチャでいるのかと恐怖を口にした。
戦いが終わったら元に戻すつもりだったとグラディウスは言うが、やはり存在すら忘れていたようだ。

王宮最上階(ルフィ、ローVSドフラミンゴ、トレーボル)

ルフィは、ドフラミンゴの足元で倒れているベラミーを気にかけている。
モックタウンでは敵同士だったルフィとベラミーが、2年たって「友達」となっている様子を不思議がり、不敵な笑みを浮かべているドフラミンゴ。
ドフラミンゴに昔からあこがれていたベラミーだったが、コリーダコロシアムで優勝したら幹部にするという話はウソだったと知り、失意の涙を流した。
自分自身をあきらめ、殺してくれと請うベラミー。
ルフィは、ベラミーを離せとドフラミンゴを攻撃しようとするが、ドフラミンゴはベラミーを盾にして防御。
自分の蹴りがベラミーに当たり、あわてるルフィ。
ローはルフィに忠告した。
怒りや憎しみを煽るのがドフラミンゴのやり方。
ドフラミンゴやトレーボルの話に乗るなという。
一方、ドフラミンゴは怒りを通り越して笑うしかないと言っている。
パンクハザードでのSAD破壊や、ヴェルゴ、モネを手にかけたこと。
シーザーの連れ去りと、ドレスローザでのオモチャの解放。
そしてスマイル工場の破壊と、ドフラミンゴ自身の首まで取りに来ていること。
ドフラミンゴは「13年前の絶望」を再び味わっているようだとローに言っている。
ドフラミンゴの言う「あの事件」がなければ、ローは「3代目コラソン」としてドンキホーテファミリーにいただろうとのこと。
ドフラミンゴは自身の分身「影騎糸(ブラックナイト)」を出してローにぶつけた。
本体はルフィが狙う。
それを阻むのはベラミー。
もちろん、ドフラミンゴに操られている。
止めてくれと願うベラミー。
ドフラミンゴは、止めるなら意識を失うくらい吹っ飛ばすしかないといい、ベラミーまで、そうしてくれと望んでいる。
友達だからできないというルフィに、ベラミーは涙を流している。
「弱い奴は死に方も選べない」というドフラミンゴに対してキレるルフィは、ドフラミンゴではなくローめがけて走った!
意味不明の行動に戸惑うドフラミンゴとトレーボルだったが、ローが作った「ROOM(ルーム)」で、ドフラミンゴは2人の作戦を悟った。
でも、もう遅い。
ルフィの「火拳銃(レッドホーク)」がドフラミンゴに炸裂!
かつて魚人島でホーディを倒した技は、ドフラミンゴにも大きなダメージを与えたようだ。
合わせて、ローもトレーボルを攻撃!
「ラジオナイフ」でトレーボルを斬り、持っていたクローバーの杖も切り刻んでしまった。
ルフィとロー、最悪の世代の2人の共闘。
見事なチームワークで、ドフラミンゴとトレーボルに一撃をお見舞いした。

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ