1. HOME
  2. >> 伏線考察|ワンピース
  3. >>旧オレンジの街を40年前に壊滅させた海賊【ワンピース伏線考察】

コミックス第2巻までさかのぼります。

バギー海賊団との戦闘の場となったオレンジの街についてです。

町長いわく、彼らは40年前、町を海賊に襲われて、失っている描写がうかがえます。

コミックス第2巻の第14話「無謀っ!!」を読む限りでは、

「ある場所で町を営んでいて、海賊に底をつぶされ、現・オレンジの街のある場所に新しい街を作った」

という表現にも感じ取れます。

この時点の40年前というと、ドフラミンゴやシャンクスが生まれる前の話。

ブルックがルンバー海賊団を全滅させられて一人になってから10年ほどの話です。

ほかに、東の海(イーストブルー)に関わる新キャラの海賊が、この町を荒らしたということなのでしょうか??

気になりますね(@_@)

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ