1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>第807話「10日前」感想・あらすじ

扉絵「世界の甲板から~5億の男編~」、今回はゾロのふるさとシモツキ村。

ゾロにあこがれる子供たちが、竹刀を3本持って、左目にばんそうこうをしてゾロのマネをしています(笑)

そんな様子に、ゾロの師匠のコウシロウはあきれ顔。

コウシロウの右腕が隠れているのが少し気がかりですが、一枚羽織っているから仕方ないと言えば仕方ないでしょう。

そんな様子を見て笑っている大人っぽい二人は、ゾロがくいなに二千敗したときに「ゾロは大人も含めて道場で一番強い」と息巻いていた子供たちが成人した姿でしょうか。

そう考えると、何だか時間の流れを感じますね(^^)

あらすじ

錦えもん・カン十郎・バリエテはゾウをこの日に登るのは諦めて、また翌日にすることに。

ルフィたちはミンク族に歓迎され、宴の席を設けてもらっている。

人間たちにじゃれてくるミンク族は、彼らからすれば「ミンクシップ」といい、友情の証なのだとか。

宴で出されている料理の肉は、カバやトカゲ、ワニ、カエルなど。

毛のある動物は食べないという。

そこへブルックが久々の再会!

ルフィたちの新聞記事を読んだようで、何だかボロボロ。

サンジの件を「申し訳ない」といい、モモの助は無事だがミンク族が苦手で部屋にいるという。

モモの助の話題が出たところで、ブルックがゾウ新入り組のルフィたちに、この国で「侍」「ワノ国」という言葉は使わないよう忠告。

ブルックが理由を説明しようとしたところ、犬のミンクたちが「死体男爵」と呼ばれるブルックを狙ってきた。

ワンダが「死体」と呼んでいたのは、ブルックに親しみを込めた愛称のこと。

犬のミンク族たちは「骨」に目が無いのだった。

さて、流れはサンジの話題へ。

ゾロは「手紙」もあるから何とかなると言っている。

ん?手紙?

話を掴み切れていないフランキーたちも考慮して、ナミからここ十数日の事態が説明される。

回想-ぐるわらサイドのゾウ上陸まで-

ドレスローザ近海でぐるわらの一味が遭遇したのは、やはりビッグマム海賊団!

船は「歌う船」で、確認できた戦力は魚人島で遭遇した2人(ぺコムズ、タマゴ男爵)と、最悪の世代のひとり「カポネ・ギャング・ベッジ」。

ウソップが「ベッジ」というキーワードに反応しているが、彼はビッグマムの傘下に入ったのだった。

砲撃を仕掛けてくるビッグマム海賊団にクー・ド・バーストでの対抗を提案するブルックだが、船の向きを変える時間がないとサンジは船尾で迎撃。

蹴り技で砲弾をはじき返した。

ブルックやナミの援護もあって、ぐるわらの一味は無事にビッグマムの襲撃を交わすことに成功した。

(回想終わり)

その翌日にはゾウに到着し、その時点で【10日前】。

もう、モコモ公国がほぼ全滅していたという。

ワンダいわく、ナミたちがこの国へ上陸したのはまさに「奇跡」。

ナミたちの勇気とチョッパーの医学が無ければ全滅していたという。

ワンダがさらに話そうとしたところ、ナマケモノのミンクが「公爵様」のお目覚めを知らせに来た。

容態を見に行くミヤギ(ヤギのミンク)とトリスタン(リスのミンク)。

さらに、イヌアラシという名の公爵は、恩人たちにも会いたいと言っている。

ワンダいわく、モコモ公国には2人の王がいる。

昼の王「イヌアラシ公爵」と、夜の王「ネコマムシの旦那」。

(そんなころ、ローはベポ達ハートの海賊団の船員たちと再会を果たしていた。)

モコモ公国壊滅事件は、17日前におきた。

その日、ベポ達以来1か月半ぶりに来訪者の鐘が鳴り響いたが、それは歓迎の鐘でなく「敵襲の鐘」。

17日前に現れた、謎のマンモスのような生物は、モコモ公国に「雷ゾウ」がいるはずだから差し出せと言っているが、果たして…?

感想

さて、まずは扉絵から。

一部ファンの方の間では「革命軍の幹部説」がささやかれているコウシロウ。

ドレスローザ編の直後にドラゴンが革命軍の幹部を招集すると言っていますが、ほぼ同時期にゾロの手配書を見ているところを見ると、このあとすぐ召集されるか、あるいは、そもそも革命軍の幹部ではないのでしょうか??

ミンク族についても、その特徴が少しずつ明らかになっていきます。

「人間」の要素と「獣」の要素を併せ持つミンク族。

もしかしたら、動物(ゾオン)系の悪魔の実の能力者を多く擁したロブ・ルッチら、(ルフィ17歳時点の)サイファー・ポールNo.9と何らかの接点や共通点を持ってくるのでしょうか??

そして、気になるのが、ゾロが口にしていた「(サンジの)手紙」というキーワード。

あれっ?

サンジって何か手紙を残していったんでしたっけ??

筆者が見落としているだけでしょうか??

もしくは、現時点では「手紙」というキーワードだけ出しておいて、もう少し後でその手紙の内容が明らかになるのかな。

また、ミンク族の前で「侍」「ワノ国」というキーワードを出してはいけないのは、このマンモス(?)がモコモ公国を滅ぼしたのが「侍」や「ワノ国」のせいだったとか。

そちらはもう少し、進展を見てみたいと思います(^^)

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ