1. HOME
  2. >>
【大喜利】ラーメンの脇役、メンマ、ナルトと何!? 100円を入れておみくじ風の星座占いが出てくるやつ 【写真で一言】 100円を入れておみくじ風の星座占いが出てくるやつ #アメーバ大喜利 https://t.co/t3L1xuyWiZ— 続・帰ってきた八武海 (@oremedea) 2016年4月29日 「帰ってきた八武海」のアカウントで、アメーバ大喜利やっていま...
感想 ついに…、ついにです(T_T)/~~ 慶舎、討たれる! 合従軍戦では李牧がいたものの、あの戦での実質的な趙軍の将は慶舎でした。 それを討てば河了貂の言うとおり、最大級の武功と言えるでしょう(^^) しかし慶舎も討たれてしまいましたかー。 敵将ながらそのミステリアス具合には読者の皆さんからの人気も強かったはず。 一騎打ちの最初では見かけによらない強烈な...
こんばんは(^^) 久しぶりに「サイトの一部を直しました」というご報告です。 このたび、当サイト「帰ってきた八武海」のスマートフォン版のメニューボタンを改修しました! 実際にどう変わったかは、PC版からのアクセスの方々は▼こちら▼のQRコードを読み取ってご覧ください(^o^) 具体的に言いますと、PC版で表示されている黒背景のメニューボタンを、スマホ版では取っちゃっ...
ただ今、アンケート実施中です(*^▽^*) テーマは「麦わらの一味の傘下の戦士達の中で誰が好き?」です!! メールアドレス等の入力は不要です、お気軽に投票していってください。 ...
ドレスローザで2チームに分かれた麦わらの一味。 無事にドフラミンゴを倒して、サンジ以外のメンバーはゾウで再会を果たします。 ………でも、その近辺の時系列が分かりづら〜〜〜い!!! 今回は、筆者調べでちょこっとまとめてみました(^^)v ルフィ達がゾウに上陸した日を「当日(0日)」として整理してみますね。 この記事の目次 ・12日以上前−ジャックの一味やハート...
サンジが「ヴィンスモーク家の三男」で、サンジのお父さんが「ジェルマ66」のボス!? ネットを中心にファンの間で、そんな話題で持ちきりになってから数ヶ月経ちます。 今回はあえて、サンジ以外の立場から「ヴィンスモーク家」や「ジェルマ66」の謎を考えるということで話を進めたいと思います(^^) 登場していただくのは、ナミ、ロビン、ブルック、そしてペコムズです! この記事の目次...
シーザーは過去に、ビッグマムから研究の依頼を受けていたそうですね(^^) でもシーザーは嘘をついて、ビッグマムから経費を取っていたそうです。 ビッグマムがシーザーに依頼した研究は何なのでしょう?? その真実は、第824話までのストーリーでは断定できないでしょう。 ただ今回は、研究の概要だけでも予想してみたいと思います。 ビッグマムがシーザーだからこそ求めているもの ...
ウォーターセブン編からエニエス・ロビー編では、世界政府から狙われているロビンを巡って壮大なストーリーが展開されました(^^) 一方で、そこから2年経った世界でも、まだ誰かから狙われている可能性が払拭できないロビン。 また別の方向では、ファンの間から「ゾロやナミ達は各話のタイトルで”○人目”っていうタイトルが付いているのに、チョッパーとロビンは”5人目”と”6人目”のタイトルがまだ出てな...
ワンピースの世界では、グランドラインとレッドラインが交差して、それによって4つの海に分けられています。 航路としての「グランドライン」と、大陸である「レッドライン」、そして「イーストブルー」「ウエストブルー」「サウスブルー」「ノースブルー」の4つの海です。 コミックス第12巻で麦わらの一味が経験したとおり、イーストブルーからグランドラインに直接入るのは難しいようですね(^^) ム...
ゾウに上陸して、ミンク族の国「モコモ公国」の人々と出会った麦わらの一味たち。 そのミンク族なのですが、少し変な口癖があるんです。 「ゆガラ」とか「ゆティア」とか言っていますよね? 今回は、その言葉遣いの共通点や、逆に共通点にマッチしない例外についても考えてみます(^^) ※今回の考察は、いずれもコミックス第80巻〜第81巻の情報を元にしています。 「ゆガラ」「あガラ」...
今週号は巻頭カラーです。 麦わらの一味がジェットコースターのような乗り物に乗っています(^^) 9人が揃った画を見るのも久しぶりですね、ゾウ編ではサンジが入れ違いで連れて行かれちゃったし…。 本編で9人がそろい踏みとなる日が早く来て欲しいですね! あらすじ・感想 自分の不始末でサニー号を燃やしちゃったルフィが、豪雨で火が消えるだろうって「ラッキー」とか言ってるんですよ...
2016年2月に開幕したJリーグ。 2年後のロシアW杯を目指す日本代表はもちろん、日本中のサッカー好きの皆さんにはJリーグの選手の活躍も日ごろの関心事と言えるでしょう。 そんなJリーグの選手たちも、ピッチを離れればサッカー選手から一般の若者に戻るわけで、中には漫画が大好きな選手もいるようです(^^) この記事では、Jリーグに在籍する選手の中で、当サイトでも記事を書かせていただいて...
ただ今、アンケート実施中です(*^▽^*) テーマは「最悪の世代の中で誰が好き?」です!! メールアドレス等の入力は不要です、お気軽に投票していってください。 ...
購入ページへ あらすじ 初日の失態で黒羊の戦いに予定外の遅れをもたらしてしまった飛信隊。信も河了貂も必至の挽回を誓いますが、彼らが目の当たりにしたのは完全防備で川岸の向こうに構える趙軍!河了貂は、師匠の昌平君さえ打つ手なしと諦めるこの戦局に活路を見いだせるのでしょうか!? 感想 黒羊の戦いを読み返していって気付くのは、「この戦いは、信をはじめとする飛信隊が中華に...
このたび「続・帰ってきた八武海」YouTubeチャンネルを開設しました(^^) 当サイトのコンテンツの一部は、動画形式で時々更新していく予定です。 まずはサイトの自己紹介の動画をアップしました! お気軽にご覧ください(*^▽^*) 「漫画」がこれからも愛されるコンテンツでありますように。...
ワンピースの連載初期からの人気キャラクターで、のちにルフィやエース、サボの幼年期の教育係でもあることが分かったマキノさん。 そんな彼女のファンにとっては複雑な思いを抱えるのが、第614話の扉絵「世界の甲板から」シリーズでのマキノさん。 どうやらマキノさん、マリンフォード頂上戦争から2年の間に、お母さんになったようですね。 小さな赤ちゃんを抱っこしています(^^) これに関し...
あらすじ・感想 ついに信と慶舎の一騎打ちの局面になりましたね。 最短で次回か次々回、もう結果が出てしまうのでしょうか?? 筆者の予想ながら、慶舎はいずれ討ち取られてしまうのでしょうね…。 でも、いくら桓騎軍が相手とはいえ、いつぞやの武将のような「ぎゃぁぁぁぁ!!」といったやられ方はしないでほしいかなとは思います(^^;) 異彩を放った将軍ですからね、それなりの去り方が...
第823話のラストで、ニュース・クーが運んできた衝撃の新聞。 長年「謎」とされてきた革命軍の総本部バルティゴが、既に壊滅状態だというのです! どんな経緯で、このような新聞でバルティゴが明らかになるに至ったのでしょう?? そして何より、ルフィの実父ドラゴンや、義兄サボたち革命軍のメンバーは無事なのでしょうか?? まずは状況を整理してみよう! ここ数回にわたって、結構イン...
第823話の扉絵で久々に登場した、ボーイン列島のヘラクレスン。 ウソップの2年間の修業相手として知られていますね(^^) よくよく考えてみると、ヘラクレスンって何者なんでしょう?? だって、第823話の扉絵を見る限りだと、ヘラクレスンはシャボンディ諸島でウソップ達を見送ってから、ボーイン列島へは帰っていないらしいんです。 どこへ行って、何をしようとしているのかな? 今...
今回の扉絵「世界の甲板から〜5億の男編〜」は、ボーイン列島でウソップに修業を付けていたヘラクレスンです。 あら、まだボーイン列島には帰っていないんですか、ちょっと意味深ですね。 どこへ向かっているのかと、そこへ向かう目的は何なのでしょうね(^^)? あらすじ・感想 ビビやコブラ達アラバスタ王国の要人が向かっているのはやはり世界会議(レヴェリー)でしたね(^o^) 護衛...
第822話で、ゾウからそれぞれの道へと進路を取り始める麦わらの一味をはじめとする面々。 サンジ奪還チームとして、ルフィを筆頭にナミ、チョッパー、ブルック、ペコムズ、そしてペドロの6名でした。 このペドロ。 彼自身やネコマムシの提案によって、ペコムズに同行することになっているんです。 さーて、それは何ででしょう(^^)?? ペコムズにペドロが同行する理由とは? ...
第822話で、ズニーシャの治療をしているチョッパー。 ゾウの森には、治療に良い植物がいっぱいあったようですね。 そして、いざワノ国へと向かう錦えもんは、通信手段に「かたつむり」を使うもの、つまり電伝虫での通信の話をしています。 その話へロビンとフランキーが入ってきて、電伝虫になる虫が野生にいたよと、フランキーが作ってあげようかと言っているんです。 …まぁ、何の変哲もないやり...
第821話で、懐かしい人気キャラクターが久々の登場でしたね(^▽^) このお話のラストのコマで描かれていたのはアラバスタ王国の王女ネフェルタリ・ビビでした。 なにやらペルやチャカ、コブラもでしょうか、みんな連れて海へ出るようですね。 どこへ行くのでしょう?まぁ察しはつきますが、今回は「そのお話」を少々……m(__)m ビビはどこへ向かっている?? 世界会議(レヴェリー...
「金田一少年の事件簿」シリーズの漫画家として知られる、さとうふみや先生。 金田一少年の事件簿ファンの皆さんなら、さとう先生が女性であることは有名でしょう(^^) このたび、gooランキングで発表されたランキングでは「実は女性だと知って驚いた漫画家ランキング」で見事(?)、第1位に輝きました。 他にも、第2位は「鋼の錬金術師」等で知られる荒川弘先生や、「シュート!」で有名な大島司先...
第821話では、ズニーシャが「声」を出しているシーンが印象的でした。 でも、その声が聞こえるのはルフィとモモの助だけ。 人間以外の動物の声を一番聞けそうなチョッパーでさえ聞こえていない様子でした。 ナニこれ?? 今回は「ズニーシャの声って一体何なの??」という点についてです。 しらほし姫とモモの助 今回のモモの助と同じようなことができるキャラクターで、まず思い出...
あらすじ・感想 戻ってきて早速、趙軍の兵士を切り続けるキョウカイ。 いったん信に「今まで何してたの?」敵に止められましたが、今となっては信たちの方がキョウカイよりも深手。 慶舎の大将首は信に任せて、キョウカイは劉冬達を前に踏ん張ります。 慶舎に向かっていく信やガロ達ですが、ガロの部隊が彼をのぞいて趙軍に止められてしまいました。 慶舎曰わく、ここへ来るのは5年早いぞ、と...
先日、キングダムの実写化が発表されましたね(^o^) 主役の信を演じるのは、俳優の山崎賢人さん。 【キングダム】皆様こんばんわ!!連載10周年を記念し、キングダム実写特別動画プロジェクトが始動しました!!主人公・信役は山﨑賢人さんです!詳しくはこちらをどうぞ!!→https://t.co/XvtR8IxFXM #キングダム pic.twitter.com/SOSeKFjXxm&mdas...
第821話のラストで、ちょっと意外な展開がありましたね(^^) すぐ前にジャックがズニーシャにやられたシーンが描かれましたが、ジャックと通信が途絶えてしまったとカイドウに連絡していたのが、ルフィと同じ最悪の世代の海賊「海鳴り」スクラッチメン・アプーだったのです! アプーが「カイドウさん」と、半ば目上の者への親しみを感じさせる呼称で呼んでいるのは、どんな背景があるのでしょうね?? ...
今回の扉絵「世界の甲板から〜5億の男編〜」はシャボンディ諸島です。 ブルックの手配書を見て、その名の通り荒ぶるマネージャー達(^^;) 改めて思ったんですが、ブルックの8300万ベリーの手配書はどことなく「ライブのポスター」みたいにも見えますね(^^) ちなみにですが、先週の第821話のラストが手長族のアプーで終わっていて、今週の扉絵が手長族のマネージャー達だったのには、何かつな...
あらすじ・感想 飛信隊のうち、ゼノウについていった尾平達一派が置いて行かれちゃってますね(^^;) そこへ黒桜隊の兵士が。 ゼノウの所に際合流してもやることないからうちに来いと、男性の兵士達にも物怖じせず指図する黒桜ですが、部下のこうした態度を見ても、歴戦の経験を感じさせますね。 目につく敵をぶっつぶして半日で、つまり4日目のこの日にすべてを決めるために突撃する黒桜隊なので...
ルフィ上陸前にモコモ公国を壊滅させていたジャックの一団。 皆さん、ジャックがどうやってゾウにたどり着いたのかって、気になりませんか? 今回は、あくまで予想の範囲で、ジャックがゾウにたどり着けた理由を考えてみたいと思います(^^) [予想1]ズニーシャのビブルカードを手に入れていた!? 1つ目の予想は「ズニーシャのビブルカードを手に入れていた説」です。 先頃発売されたコ...
第820話で、白ひげ海賊団残党と黒ひげ海賊団との「落とし前戦争」が繰り広げられていたことが明らかになりました。 麦わらの一味の修行中の2年間、世界で何かしらの動きがあったのでしょうが、その詳細が少しずつ読者に向けて明らかになってきたということになるのでしょうか。 もう、この時点で筆者は疑問がいっぱいです(^^;) ・なぜ落とし前戦争なんて起こしたの? ・なぜマリンフォード頂...
あらすじ・感想 ルフィと、そしてモモの助にも聞こえていた「声」。 その主は「象主(ズニーシャ)」だったようです(^^) 最初は誰の声か分からず戸惑うルフィとモモの助の2人。 そして、苦しんでいるようにも見える2人を見て、もっと戸惑う周りの人々。 その原因、ゾウの足下で起こっていたのは、ジャックの一味によるズニーシャへの集中砲撃でした。 足をせめて顔を近づけ、あと...
「ロードポーネグリフ」なるものが、新たなキーワードとして登場しましたね(^^) 4つあるそれぞれが示す4つの地点、その中心に存在するのがラフテルだと、こういうことでしょうか。 いやいや、ちょっと待って! 今回は「4地点の中心って、2つ存在するんじゃないの??」という点を考えてみたいと思います。 この記事の目次 ・ログの終着点で気づく、ポーネグリフと古代文字との...

ページの先頭へ