1. HOME
  2. >>
第833話で見えてきた、サンジの幼少期やヴィンスモーク兄弟からイジメのような行為を受けてきた過去。 今回は、第833話読んで筆者が最も気になった点を掘り下げてみます(^^) サンジが料理を作っていた過去 サンジの幼少期の回想を挟んできましたね(^^) なにやらヨンジ&2人の兄からイジメを受けている様子…。 ちょっと意味深なことを、アニキ達は言っているんですよね。 ...
第833話で、戦闘の実力もかなりのものであることが伺えるヴィンスモーク・ジャッジ。 サンジの戦闘力の高さは、この父親の血を受け継いでいるからなのでしょうか。 それとも、サンジ自身の努力によるものでしょうか。 今回は、サンジの性格はジャッジが由来?という、ちょっとした予想をしてみます(^^) 先頭において「手」どころか「武器」も「能力」も使っていないサンジ サンジと言え...
キスイが離眼城へ向かう少し前。 飛信隊は黒羊の中央丘で趙軍を待ち構えていました。 本当にキスイ軍が丘から降りてくるのか半信半疑だった信。 でも、桓騎の読み通り、キスイ軍は丘を下ってきました。 死体のアーチを見せられて、離眼城がそれ以上の事態になると知らされれば、黙っていられないキスイ。 桓騎は黒羊の戦いの4日目に、標的をキスイ1人に絞った作戦を立てていたのでした。 ...
ストーリーを重ねるにつれて、少しずつ全容が分かってきたヴィンスモーク家やジェルマ王国。 今回は、第833話の情報から明らかになった不思議な一家「ヴィンスモーク家」について考察してみます(^^)v ヴィンスモーク家、それはヒーロー戦隊みたいな家族 第833話で、ジェルマ王国の兵士が「レイドスーツ」というキーワードを口にしていましたよね? 筆者はヒーローものとか全然知らないんで...
ん〜(´⌒`) 個人的には「これを【考察】に含めるものかどうか…」っていう疑問と葛藤はあるんです(^^;) でも、頑張って書き上げてみようと思います! ワンピースに登場する女性では「三大人気キャラクター」と言っても過言ではない、ナミ、ロビン、ハンコックの3サイズを振り返ってみます(^^)! ナミの身長&3サイズ まずはナミから! コミックス第1巻から登場し、ワン...
スマホアプリに夢中になって四皇のナワバリに侵入しなさる。 …しかも倒しなさる。 Follow @oremedea!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.crea...
空島でポケモンGOしなさる。...
サンジとジャッジの決闘を聞きつけたジェルマ王国の兵士たち。 2人の戦闘を見ながら驚いています。 ■レイドスーツって、ルフィチームに会った時にヨンジが着ていたやつ!? 他にも、気になる場面がありました。 金づちで打たれながら顔のゆがみを直してもらっているヨンジ…。 治らないからと、左右からプレスされていました。 ■ヴィンスモーク家の人達は、金づちやプレスでも大丈夫...
ルフィの母親が、もしも既に登場したキャラクターだったとしたら…? 噂のある人達を数名に絞り込んだ中で、皆さんなら誰だと思いますか? ...
第832話で明らかになった出来事を整理しています(^^) 今回のテーマは「サンジの生き別れ」と「ヴィンスモーク・ジャッジの四国斬り」についてです。 サンジの過去年表(第832話までの情報) まずは、サンジの過去の出来事を時系列で振り返ってみましょうか。 「年表」といいつつ、そこまで詳しく表にできることは少ないんですけどね(^^;) いつもは当サイトでは過去の出来事を、...
第832話で激突した、キャロットとランドルフ。 同じ「うさぎ」ということでは似たもの同士かも知れませんが、二人には大きな違いがあるようす…。 それはいいです。 今回のテーマは「うさぎのキャロット〜外の海を知らずに育ったミンク族の女の子〜」です。 ランドルフを「ミンク族じゃない」と判断したキャロット ランドルフがルフィチームに攻めかかってきたときに立ち向かったキャロット...
前回、もう表現するのもイヤになるほどのものを紀彗軍に送りつけた桓騎。 紀彗軍にも「桓騎は人間じゃない」っていう認識が広がってしまうのは必然なことだと思います。 誰もが恐れる桓騎将軍、ついに離眼城に向けて軍を進めました…。 あらすじ・感想 紀彗に迫られた、重大な選択。 黒羊の中央丘を捨てるか。 それとも、それを断念して離眼城に戻るか。 慶舎の副将として趙の中...
さて、第6話のオープニングで突如出てきた「最重要回」というキーワード。 じゃあ今回は細かく手がかりを探してみようじゃないか!! …と思ったんですが、ムリでした(^^;) あ「白ちゃん(蛇)」が容疑者になっていますね(^^) 「犯人はお前だ!!」「シャーーーッ!!」っていう展開はあるんでしょうか(笑)? あらすじ・感想 改めて蓮月殺しの時のアリバイの検証から。 ...
第831話を読んだうえでの記事で、ルフィとサンジの「そっくりさん」は鏡に映った像じゃないかと予想しました(^^) しかもそれがシャーロット・プリンの仕業じゃない!?とも予想したんです。 先日、第832話を読んで、その予想が崩れた部分と、変わらずに持っていたい部分があるんです(^^;) 今回は、まずその話をしたいと思います。 まずは、予想記事の概要をふり返り 先日の予想...
今回のテーマはゾロについてです(^^) ワノ国編を前にして、ゾロに関する情報を少し整理してみることにしました。 強すぎる「侍」が世界政府を寄せ付けないだとか、錦えもんの「狐火流」の剣技が炎を切り裂くだとか。 剣を武器とするゾロにとっても、もっと強くなるきっかけが至る所にありそうですよね。 ワノ国編、どんな展開になっていくんでしょうね〜( ̄ー ̄) ゾロが持っている三本の...
今週のジャンプは表紙&巻頭カラーでワンピースです(^^)! 映画「ゴールド」の航海の関係もあるのでしょうか?? さっそく、本編の気になったところから挙げてみましょうか。 あらすじ・感想 ルフィチームに襲い掛かってきた、例のフルーツ確保のキャラクター。 やはりビッグマム海賊団の一員だったようです! 鶴騎士(クレインライダー)ランドルフです。 ランドルフを見て...
イーストブルーのココヤシ村で、ベルメールさんの元で育てられたナミ。 彼女の生い立ちは、コミックスが第82巻までを重ねる現在(2016年7月)でさえ、未だに謎のままです。 ここでは、現在までの情報からナミの生い立ちや出生の秘密に関して、いくつか噂になっているものも含めて、考察してみたいと思います(^^)b ナミの幼少期に関して整理してみる まずは、ナミの幼少期に関して、少し整...
皆さんは「三つ目がとおる」という漫画・アニメを知っていますか(^o^)? 原作者はあの手塚治虫先生。 普段は三つ目を隠している少年・写楽保介(しゃらくほうすけ)を主人公とする作品です。 1970年代に連載されていたこの作品を、ワンピースの考察記事で出してくる理由は何なのか。 それは「シャーロット・プリンにも写楽保介との共通点があるんじゃないか」という仮説があるからです(^^...
今回の扉絵はキョウカイでしたね(^^) 悪くない意味での若干の堅さというか、緊張感のようなものを感じますね。 それでいて、どことなく満足感というか喜びのような感情もにじみ出てきています。 いいですねぇ〜。 本編の合従軍戦の後に、キョウカイが幽蓮と戦うストーリーがありましたけど、そこで幽蓮を討ち取ったときのキョウカイにも少しだけ似ていて、筆者は好きです(^-^) さて、...
第5話を読んで、今回の「怪しげキャラ」は蓮月なんじゃなくて音松なんだなぁと、しみじみ思うわけです…。 今回で新たに明らかになったバックグラウンドもあるんですけどねぇ。 おそらくあと数話、しっかり改修できるんでしょうか(^^;)? あらすじ・感想 今回は美雪ちゃんが張り切って名推理(?)を披露してくれています(^^)! だのに、あんまりリアクションしない金田一くん…(笑...
もうねぇ…、一度はこの説を疑わねば仕方ないと思うんです(T_T) プリンはルフィ達をダマしている!? 断言はできませんが、そう考えるとつじつまの合う話もあるんです(^^;) フルーツを確保したあと、襲い掛かってきた相手 第831話で、ホールケーキアイランドに上陸したルフィ達。 上陸前のルフィには、島のほうにサンジとプリンが見えたといっていましたが、上陸してみると見当た...
麦わらの一味最年長のブルック。 若い頃には「鼻唄のブルック」と評され、その速斬りは仲間達からも称賛されていました。 麦わらの一味に加入後、一度はシャボンディ諸島でバラバラになってしまいますが、再び合流するまでの2年間で「ソウルキング・ブルック」として世間に顔が知られるまでになりました。 もうね、そんなブルック。 ゾウ編からホールケーキアイランド編の流れの中で、いちいち気にな...
第831話では、ホールケーキアイランドに上陸したルフィ達の前に「ルフィのそっくりさん」と「サンジのそっくりさん」が登場しました。 アレは一体何なんでしょうね?? 第831話までを読んだ時点での筆者の予想として、ルフィのそっくりさんもサンジのそっくりさんも、同じ現象がベースになっていると予想しています(^^)v 今回のテーマは、「ルフィ&サンジのそっくりさん現象の謎と、仕掛けている...
今回の話を読んで、ワンピースのウソップとルフィのエピソードを思い出してしまったのは、筆者だけでしょうかね(*^^*) 壊れた船を、乗り換えると決めたルフィに対して、直して乗り続けると頑なに主張するウソップ。 2人が対立して、ウソップは一度ルフィの元を離れてしまうんです。 でも、敵との戦いを経て、結局はお互いの間に信頼関係が築かれていることは周囲の仲間にも、そして読者にも伝わってく...
ウソップ覇気覚醒!! そのニュースが多くのワンピースファンの間を駆け巡ったのは、第758話の連載の頃でした。 ドレスローザ編で、一度は気絶しながらも復活を果たしたホビホビの実の能力者シュガー。 彼女が触れるものはオモチャに変えられ、人間だった頃の記憶まで周囲の人から消えてしまう、とっても恐ろしい能力でした(゜д゜;) コミックスの中では明確に「ウソップの見聞色の覇気が覚醒し...
第4話、ついに第2の事件が起きてしまいました…。 櫂棒が見つかって「怪しい…」と思われていた左紺が、蓮月と同じようにタンクの中で見つかりました。 異なるのは、左紺は櫂棒が刺さっていたという点でしょうか。 それに加えて今回は、様々な情報が明らかになりました。 あらすじ・感想 発覚したのは白神家の三男・白神黄介(しらかみこうすけ)の存在です。 5年前の「蓮月のやけど...
今回の扉絵は、ルフィの2年間の修行の地スルカイナ島です。 ルフィと同じ島で過ごした巨大な動物たちも「ボス」の活躍を喜んでいるみたい(^^) このシリーズもそろそろ佳境かな? あとは誰が出てくるでしょうね〜。 あらすじ・感想 では、今回も本編で気になったところをザックリと(^^)v まずはブルックの言動です。 何だかね、ゾウ編あたりから少〜しずつ、気にな...
突然ですが、ワンピースのファンの皆さんの間で、こんな噂があるようですね(^o^) 「ルフィの母親は既に作中に登場している!?」 しかも、それを作者の尾田栄一郎先生が発言されたという噂のようで(^^;) 始めにハッキリ断言しておきます! 「当サイトではその噂を一切信じていません!」 理由はたった一つです。 「真実かどうか確認できないから」 尾田栄一郎先生がか...
個人的に、過去数年でもっとも忙しかったこの時期…(^^;) ワンピース第830話にも、考察記事に仕上げたいネタがたくさんあったんですが、それは次回以降に組み込みながら消化していきたいと思います。 でも、その中でどうしても記事にしたいことが一つだけあったので、それにだけは触れておきたいと思います。 そのテーマはズバリ、第830話の「賭けられる男」というタイトルについてです! ...
7月3日は麦わらの一味の航海士・ナミの誕生日です(*^-^*) ナミのファンの皆さんも、お誕生日おめでとうございます!! 今日は、そんなナミの「魅力」や「謎」について振り返ってみたいと思います。 ホントはもうちょっと企画としてしっかり立てられればいいんだなぁ、来年頑張ろう…(^^;) 考察1:ナミの夢と、空時までの2年間 ナミの夢は、自分の目で見た世界地図を描くこ...
今回の「金田一少年の事件簿」の考察テーマは、コミックスの背表紙についてです(^^) 注目していただきたいのが、こちら!! コミックス第17巻と、第20巻の背表紙です。 なんと、金田一くんの表情が同じなんです。 毎回、その間の表紙にあわせて変化していたはずの金田一くんの表情。 これは一体、どういうことなのでしょうか?? それぞれの表紙を比較してみましょう。...

ページの先頭へ