1. HOME
  2. >> 週刊少年マガジン感想|金田一少年の事件簿
  3. >>人形島殺人事件 第11話 感想「真相解明!犯人の正体とのぞき窓のトリックとは!?」

あらすじ

金田一が真犯人「祟り人形」として指し示した人物は……、星坂花梨(ほしざかかりん)!!

美雪たちが調べた結果、納屋に置かれていた「漢田」「鈴丘」の死体も骨一本見当たらず、何者かによって持ち去られていた。

金田一の推理では、すべてが同一人物だからバレることを回避したのでは、とのこと。

そして、弓月清吾の心中した妻の「親族」が星坂ではないかと見ている。

星坂とペルソナドールとは、島に上陸してから同時に現れているところを誰も見ていない。

詩村が着物の着脱二時間がかかるのではと指摘したが、背中のジッパー付きの着物で即座に着替え、その為に星坂の服装がシンプルなものであったと推理した。

そして、紅小路の仮面を取って朱鷺田先生の首が出てきたトリックについては「遠近法の応用」だと言っている。

最初から紅小路の仮面を付けた朱鷺田先生の首は定位置に置かれていて、片目でしか見られないのぞき窓の手前側に「小さめの胴体の人形」を配置。

これによって、のぞき窓から見れば紅小路巴の身体が完成しているように見えるトリックで、あとは星坂自身が部屋に入って、驚いたフリで周囲の人形も含めて倒してしまえば、遠近法トリックの痕跡は残らないと推理した。

極めつけは、星坂が、犯人以外取らない行動を取っているからだと言う。

その行動とは一体、何なのか……?

感想

当サイトの予想通り、犯人は星坂花梨でした(*^_^*)

金田一くんの言う、犯人しか取らない行動っていうのは、何なのでしょうね??

やはり、まだ挙がっていない「先生」というセリフかな??

仮面が取れた状態の「朱鷺田忍」を見て「先生」という言葉が出てくるのは、あの中なら本来、教え子である金田一くんと美雪ちゃんの2人だけしかいないはず。

それを先生と読んでしまうのは、仮面の中の人が「朱鷺田忍」だと分かっていた人物。

つまり「犯人だけ」ということにつながるでしょうか。

しかしこの事件、ペルソナドールの1人として高遠瑤一も関わっているのかと思いましたが、違うようですね……(^^;)

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ