1. HOME
  2. >> 週刊ヤングジャンプ感想|キングダム
  3. >>第460話「飛信隊の楔」感想

あらすじ

キョウカイは混バアのもとで、今にも倒れそうなほどの状態だった。

心配する混バァをよそに、キョウカイは飛信隊の元へ戻る意思を口にしていた。

一方で、日中、趙軍と戦っている飛信隊。

中央の丘のふもとの主導権を飛信隊が掌握、狙いは中央丘そのものに向かおうとしていた。

その様子を案じている馬呈のもとへ、フラフラの劉冬がやってくる。

気力を振り絞って作戦を伝える劉冬。

飛信隊は、紀彗の陣取る中央丘のてっぺんへ。

そこへついに、秦軍総大将の桓騎が動き出そうとしていたのだった。

感想

キョウカイって、思った以上に重傷だったんですねー(^^;)

やっぱりピンチで登場して劉冬と再びやり合って討ち取るという展開は期待できないかな……??

先走っちゃったということで、戦のあとに信から怒られたりするんでしょうか、やっぱり。

そしてついに桓騎が動き出しそうな予感。

根っからの戦好きで、敵将には容赦のない桓騎。

趙軍総大将の慶舎はこれをどう迎え撃つか。

個性的な両将軍のぶつかり合いに注目です!

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ