1. HOME
  2. >> 伏線考察|ワンピース
  3. >>ナミとベルメールさんの出会いにまつわる疑問【ワンピース伏線考察:第77・78・79話より】

週刊少年ジャンプの連載では、最近ではゾウ編の連載が始まっています。

ルフィたちが上陸したら、サンジがわずか2日前にゾウを離れたことが告げられ、そこから徐々に、サンジの出生に関して重要そうなキーワードが明らかになってきました。

ゾウ編、もしくはこれからのストーリーでしばらくはサンジが重要なキャラクターになるのは間違いなさそうです。

ただ!

筆者はここで、麦わらの一味の別のメンバーにフォーカスを当ててみようと思うんです。

もしかしたら、本当にもしかしたら。

この人もいずれ、重要な出生の秘密が明らかになりそうな気がするのです。

それは誰のことか。

ナミです。

ナミとベルメールさんにまつわる過去が、もう少し詳しく説明されるようになるのかなと予想しています。

ここで、復習も兼ねてナミとベルメールさんの過去が語られていたコミックス第9巻収録の第77話から第79話を軸に情報をまとめてみたいと思います。

この記事の目次

ナミとベルメールさんの回想シーンのポイント

回想の中から疑問点を挙げ連ねてみよう(*^▽^*)!!

まとめ

ナミとベルメールさんの回想シーンのポイント

イーストブルーのココヤシ村。

本屋から商品を取ってはゲンゾウにつかまる悪ガキのナミ。

10歳のナミは、2人の「家族」と一緒に暮らしていた。

2歳年上の義姉ノジコと、30歳だという養母ベルメール。

ベルメールの生業(なりわい)はみかん畑の経営

でも最近は気候が良すぎ。

どこもみかんが沢山獲れてなかなか売れないとのこと。

ナミはこの頃から、

私の航海術で世界中の海を旅して、自分の目で見た”世界地図”を作る(コミックス第9巻収録:第77話より)

という夢を持っており、海図の次に地図の書き方も勉強していた。

ところが、ふとしたきっかけで貧乏を嘆いた波はベルメールと口論になり、ゲンゾウのもとへ逃げ込んだ。

ベルメールは自身の大人げなさを反省し、夕食を作ってナミを待った。

ナミは駐在所でゲンゾウから、村の悪ガキだったベルメールが海兵になって戻ってきた話を初めて聞いた。

ある嵐の日。

ココヤシ村の沖に、2人の子供を抱えてベルメールが小舟で帰ってきた。

抱えていたのが3歳だったノジコと、赤ん坊だったナミだった。

ベルメールは戦場で瀕死の目にあい、目を閉じて死んでしまおうとしたところに、ナミを抱いたノジコが現れたのだという。

ナミの笑顔にあきれ笑うノジコと、死ぬ気力も失せてしまったベルメール。

こうして3人の暮らしが始まったようだ。

そんなゲンゾウの話を聞いたころ、ココヤシ村の沖に魚人海賊団のアーロン一味が上陸、島を支配してしまった。

村人たちから大金を巻き上げていく魚人たちが、村のはずれのベルメールの家に気づいた。

何者かの接近に銃を構えるベルメールだったが、アーロンのバケモノじみた実力に手も足も出ないベルメール。

戸籍に結婚も出産の記録もないことから、ゲンゾウはベルメールが一人暮らしだとごまかして、大人1人分の10万ベリーを差し出すようごまかす。

ところが当のベルメールは、差し出した10万ベリーはノジコとナミ2人の分だと言い、銃を構えたアーロンの前に命を落としたのだった。

ノジコとナミをココヤシ村から逃がそうと考えた大人たちだったが、すでに手を回されて失敗に終わる。

はっちゃんが見つけた海図をきっかけに、ナミはアーロン一味の測量士になるために無理やり連れていかれてしまったのだった。

海賊に魂を売ったと映ったココヤシ村の人々は、表面ではナミと距離を置いていた。

それでも、ノジコを介して真実を知り、ナミが村を救う唯一の取り引きのためにやむを得ずとっている行動だと知り、心の中ではナミを信頼していたのだった。

▲この記事の目次へ

回想の中から疑問点を挙げ連ねてみよう(*^▽^*)!!

さて、箇条書きで簡単に、ナミとベルメールさん周辺の疑問を挙げ連ねていきましょう!

■ナミ10歳時点(ルフィ9歳時点)でココヤシ村近海の気候が良すぎたのはなぜか??

■ナミの学んだものの順序「海図の次に地図の勉強」って、実は地味に重要なのでは??

■ベルメールがノジコとナミを抱えて帰ってきた日は、なぜ嵐だったのか??

■ベルメールは小舟で帰って来たけれど、どこの所属の海兵だったのか??

■自身やノジコ、ナミの手当てが済んでもベルメールが海軍に戻らなかった理由は??

■10万ベリーは自分の分でなく子供2人の分という発言から、ベルメールはもうココヤシ村が支配されると感じ取っていた??

■そもそも、ナミもノジコもどこで生まれたのか??ベルメールと出会った戦場とは??

▲この記事の目次へ

まとめ

20歳になるナミの人生には、ココヤシ村での暮らしより前のこと、出生に関する秘密が描かれていません。

ナミはどんな経緯で、ノジコに抱かれながらベルメールと出会うに至ったのでしょう??

その件については、今後少しずつ考えていくことにします(^^)

▲この記事の目次へ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
もしも気に入っていただけたなら、ソーシャルボタンでシェアして頂けると嬉しいです(^^)

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

「ナミとベルメールさんの出会いにまつわる疑問【ワンピース伏線考察:第77・78・79話より】」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ