1. HOME
  2. >> 週刊ヤングジャンプ感想|キングダム
  3. >>第463話「離眼の悲劇」あらすじ・感想−紀彗の父・紀昌が未来に託したもの−

あらすじ・感想

混バァが語る、離眼の城主が紀彗の父・紀昌だった頃の話。

覇権をかけて争っていた離眼と、近隣の暗何(あんか)という城。

趙の王都の邯鄲は小競り合いだと気にもとめていなかったが、実際には戦争と呼べるほどの争いだった。

圧政により民を統治する暗何のトウカンに対して、善政で結束と信頼を確かなものにしている離眼の紀昌。

暗何の方が兵の数では上回っているが、兵としての成熟度は離眼が勝っていた。

互角だった戦局を変えたのが、離眼の若手、紀彗・劉冬・馬呈らの台頭。

実の息子である紀彗は勿論、腹心の子であった劉冬や馬呈も気にかけてきた紀昌にとっては、3人ともが大切な存在だった。

そこへ、暗何が一波乱を仕掛けてきた、それが「旦虎(たんこ)の戦い」だった。

暗何が離眼の5倍の兵力で攻めかかるも、最後には紀彗が暗何の城主のトウカンを討ち取って勝利。

それを聞き、キョウカイも紀彗に対する警戒を強めた。

混バァは続ける。

だが、これだけでは離眼と暗何の因縁は終わらなかった。

紀彗が暗何の残党を追走している間に、トウカンの息子のトウキンが、なんと離眼城を急襲してきたのだ。

離眼城には馬呈や劉冬もいたが、他は多くが負傷兵たち。

離眼は簡単に陥落してしまった…。

人質にされる、離眼の女性・子供・老人達。

彼らと引き替えにトウキンの軍はなんと、紀昌や離眼城の将校達の投稿を迫ったのだった。

行けば必ず殺される、紀彗は必死に止めたが、成人以下を見逃すトウキンの条件をのみ、投稿した。

それは紀昌の側近のガクイン、ガクコウらも同じ考え。

自分たちが行かねば、城にいる自分たちの子が殺されるからだという。

武将である前に、離眼の城主、そして離眼の大人達として、子供達のために命をかけるのだと。

紀昌はトウキンの軍に投稿する前に、劉冬や馬呈にあの木像を手渡した。

混バァ曰わく、子供達が戦場に出る父親のために贈る「お守り」だという。

劉冬は3つ持っていたが、それはすなわち、劉冬には子供が3人いるということなのだろうか…??

人質達と引き替えに、離眼の民達の目の前で縛り付けられ、燃やされてしまう紀昌たち。

炎の中に包まれながらも離眼の未来を託す紀昌に住民たちは叫び、紀彗は血の涙を流すのだった。

回想が終わり、混バァとキョウカイのシーンへ。

今の紀彗軍は強い、暗何軍を討ったときよりも。

黒羊の先へ行くのを止めようとする混バァに対して、むしろキョウカイはなおさら仲間達のもとに戻らないとと気持ちを強めた。

黒羊の戦い3日目の夜。

それぞれの場所で思いにふける紀彗、信、桓騎の3人。

明ける4日目は、黒羊の戦い最大の戦いが繰り広げられようとしているのだった。

 〜 〜 〜 〜 〜

さて、疑問が幾つか。

■守り子の通りだと、劉冬の子供は3人いるのか??
→直近で脅威になるかは分かりませんが、昌平君が想定する15年のうちに成長して、劉冬の子供が秦国の脅威になるような出来事もあるのかも知れませんね。
→まして、劉冬が黒羊の戦いで討ち取られるようなことがあれば、いずれ「父の敵」といって、三きょうだいが秦軍の前に立ちはだかってきそうです。

■混バァの立ち位置
→もちろん武将としてではありませんが、混バァはもしかしたら趙軍に近い立場でキョウカイをなだめて、結果的に秦軍が先へ進むのを止めようとしているのかな??
→一騎打ちになればキョウカイにかなうはずもありませんが、これ以上先に進むというなら、キョウカイが手負いのうちに仕留める可能性もあったりして……??

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ