1. HOME
  2. >> 人気の記事伏線考察|ワンピース
  3. >>ゾウに住む人嫌いの者達がミンク族というのは誤解!?【ワンピース伏線考察:第816話より】

第816話で、錦えもんが言っていたんです。

ゾウに住む”人嫌いの種族”とは やはりミンク族だとロー殿申しておったな
(第816話「イヌVSネコ」より)

じっくりこのセリフの文言を吟味したいので、最小限の範囲で引用させていただきましたm(__)m

カン十郎に言った錦えもんのこのセリフ。

今回はこのセリフをもとにして、ある仮説を考えたいんです。

それが…、

ゾウに住んでいる人嫌いの種族って、元々はミンク族じゃなかったんじゃない??

これです、さっそく行ってみましょう!

この記事の目次

ローの認識と、侍コンビの認識

本当にゾウに住んでいたのは、もしや……?

ミンク族と「彼ら」の共通点、1000年前から存在するゾウの島

まとめ

ローの認識と、侍コンビの認識

さてと。

ドレスローザでの決戦を終えてゾウに上陸した麦わら&ローの同盟および侍たち。

「ゾウ」という島が1000年前からさまよう象であることが、この時分かりました。

そして、その巨大な象を見たカン十郎の問いに対して、ローの口からある情報が発せられるんですね。

おい!「ゾウ」には人を嫌う種族が住むとか…
(第80巻収録:第802話「ゾウ」より)

それを途中で遮るかのようにローはこう言いました。

ああ「ミンク族」だ 人を寄せつけずその国の歴史は1000年近いと言われている
(第80巻収録:第802話「ゾウ」より)

で、一同はそれぞれの形でゾウに上陸。

みんなより遅れて上陸した錦えもん&カン十郎の侍コンビは、上陸前のローの発言について、ここで感想を述べているんですね。

こちらが錦えもんの発言です。

ゾウに住む”人嫌いの種族”とは やはりミンク族だとロー殿申しておったな
(第816話「イヌVSネコ」より)

カン十郎はこんな風に言っています。

あァ 世間では元よりそんな噂なのか… 近年の噂なのか
(第816話「イヌVSネコ」より)

なんか意味深ですね……(@_@;)

ローは、ゾウに人嫌いの種族が住んでいることを知っていた。

錦えもん&カン十郎も、その認識は同じです。

それで、ローがその人嫌いの種族だと思っているのは「ミンク族」だと言っているんです。

読者もすっかりそう思っていました、キャロットはゾロに襲い掛かりましたからね。

ジャックのせいで国が滅んだくらいですから、人間を嫌っていて無理もないんです。

でも!

侍たちが人嫌いの種族だと思っているのは、まるでミンク族じゃないような言い方なんです。

上記の錦えもんのセリフだと、ゾウ在住の人嫌いの種族は、本当は(元々は)ミンク族じゃないという意味を含んでいるようにも思えるのです。

それで、重ねるようにカン十郎のセリフ。

「元より」という言葉も加味すると、2通りの可能性があるんでしょうか??

[1]何か事件があって、最初から「ミンク族が人嫌い」だという認識が世界に広まった

[2]何かの事件から時間が経つうちに、人々の中で「人嫌いの種族がミンク族である」という認識にすり替わっていった

いすれにしても、ワノ国代表の錦えもん&カン十郎と、世間の人々代表のローとの間では、大きな認識の差があるように思えます。

▲この記事の目次へ

本当にゾウに住んでいたのは、もしや……?

さて、ミンク族じゃないとしたら、もちろんこんな疑問が浮かんでくるんですね。

「ゾウに住んでいた人嫌いの種族がミンク族じゃないとしたら、誰なのさ??」

ワンピースの世界にはいろいろな種族がいます。

中でも「人嫌い」と言えば、まずは彼らを思い出すんじゃないでしょうかね。

「魚人族」

「ちょっと待って、魚人族って最初から魚人島にいたんじゃなかったっけ?」

……んー、本当にそうでしたっけ??

とりあえず、1000年前の時点で、魚人族の生活拠点はどうだったんでしょうね??

過去の作品、特に魚人島編には、どんな記述がありましたっけ?

明記していなかったり、あいまいな部分は無かったかな??

もしそうだとすると、ゾウの島の中に、海の生物を思わせる「くじらの森」という森があるのも、何だか納得できるんです(^^)

そして、正式な王(イヌアラシ)ではなく、それと同等の権利を持つ2人目の王(ネコマムシ)がくじらの森を守っていることにも説明ができそうな気がするんです。

「今のネコマムシの立場の”2人目の王”っていうのは、正式な王と仲が悪いからじゃないんだよ。代々くじらの森を昼夜問わず守る役目を2人目の王が担当しているんだよ。」

という意味だったりして(笑)

ひとまず、筆者の中では「ゾウには魚人族も住んでいた説」を押したいと思います(^^)v

▲この記事の目次へ

ミンク族と「彼ら」の共通点、1000年前から存在するゾウの島

ゾウに住んでいた人嫌いの種族が「魚人族じゃないの?」という説を挙げたうえで、考えてみたいことがあります。

ミンク族と魚人族の「共通点」です。

ミンク族の代表で、ペコムズを見てみましょうか。

ライオンのミンクである彼に対して、彼の親族は様々。

両親かも知れないミンク族はアルパカだか何かの格好です、どうお世辞を並べても「ライオン」には見えません。

ミンク族の遺伝には、不思議なところがあるようです。

子供がライオンのミンクだと言っても、親が必ずしもライオンとは限らない。

第808話のシーンを見ても、子犬のような格好のミンクの子供が抱かれている親と思しきミンクは、馬のような顔をしている、やっぱり別物のミンクなんです。

「ミンク族」というくくりは同じでも、親子や兄弟でも同じ動物のミンクになるとは限らないと考えられます。

これ、魚人族・人魚族の遺伝に似ていませんか?

魚人族や人魚族も、子供と親の魚の種類は必ずしも一致しませんでしたよね?

しかも、魚人か人魚かでも複数パターンに分かれるわけです。

例えば、兄貴のアーロンは魚人でしたが、妹のマダム・シャーリーは人魚でしたよね?

そうした「似ている性質」も手伝い、人のうわさで伝わっていく「抽象的な言葉」も手伝い、

「ゾウに元々住んでいた種族が魚人族・人魚族だったのに、いつの間にか最初からミンク族だったという情報にすり替わっていった」

という可能性は考えられないでしょうか??

▲この記事の目次へ

まとめ

■ローと侍たちの間で「ゾウに住む人嫌いの種族」の認識には差がある
→ローは「ミンク族」で、侍たちは「ミンク族以外の者達」

■[予想]ゾウに元々住んでいた人嫌いの種族は、本当は「魚人族・人魚族」なのでは!?
→1000年前の時点で魚人族がどこに住んでいたかを明記している箇所があったかどうかを筆者も調査中

■ミンク族の遺伝方法は、魚人族・人魚族の遺伝方法と似ている
→似ている性質や噂の伝わり方で「1000年前からミンク族が住んでいた」という情報にすり替わった可能性あり??

▲この記事の目次へ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
もしも気に入っていただけたなら、ソーシャルボタンでシェアして頂けると嬉しいです(^^)

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

「ゾウに住む人嫌いの者達がミンク族というのは誤解!?【ワンピース伏線考察:第816話より】」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ