1. HOME
  2. >> 伏線考察|ワンピース
  3. >>扉絵連載シリーズ「CP9の任務外報告」から読み解くロブ・ルッチ達の疑問【ワンピース伏線考察】

この記事の目次

扉絵連載「CP9の任務外報告」あらすじ

コミックス80巻で再登場!?立場の逆転したルッチとスパンダム

疑問点&ポイント

扉絵連載「CP9の任務外報告」あらすじ

エニエス・ロビーからの脱出

発動したバスターコールの標的となったエニエス・ロビーは生存者ゼロの島。

人の気配が無いように見えます…が、CP9の面々はブルーノの「空気開扉(エアドア)」で別の場所に逃れており無事でした。

戦闘不能のルッチも抱えています。

さて、誰もいない島で、ルッチの手当をするための話し合いが始まりました。

カクやジャブラ、カリファ、クマドリ、フクロウ、そして忘れてはいけないハットリもいます。

すると、エニエス・ロビーになにやら人影が。

なんとそれは、世界政府の追っ手だったのです。

「エニエス・ロビーでニコ・ロビンとカティ・フラムの連行に失敗した」

その失態の責任を押しつけてきたのはスパンダムでは無いかと、ジャブラは疑います。

この島にも長くは居られない。

そう思ったCP9は、線路をたどってエニエス・ロビーからの脱出を図りました。

セント・ポプラへ~ルッチの治療大作戦~

そうしてたどり着いたのは「春の女王の町」と呼ばれるセント・ポプラ。

ルッチの医療費を稼ぐために、CP9それぞれの面々が体を張ります。

クマドリは医療費興業「瞼のおっかさん」を熱演。

ジャブラとブルーノは猛獣ショーを披露。

カクはキリンになって滑り台の体験コーナーで子供に親しまれ、フクロウはその案内役を担当。

カリファはアワアワの実の能力を活用して、町の清掃を買って出ました。

そうして稼いだびしょ濡れのお金で、ルッチの治療は始められたのでした。

その間に、カリファとクマドリは買い出しに出かけ、カクやジャブラ、ブルーノ、フクロウはそれを待っています。

治療のかいもあってルッチは目覚め、めでたく退院の日となりました。

一同は退院したルッチを伴って、気晴らしにボウリングへ。

ところが、ボウリング場の外では何やら騒がしい声がしています。

いったい何でしょう??

騒ぎの正体はセント・ポプラの港へ現れたキャンディー海賊団。

正義の死者であるCP9の面々は黙っていません。

あっという間にキャンディー海賊団を一網打尽にしてしまいますが、その「正義」の過剰さには、セント・ポプラの人々もドン引きしてしまっています。

騒ぎを起こしてしまった以上、もうこの街にはとどまれません。

CP9は、セント・ポプラを出ることにしました。

少女からお礼の花を受け取って、CP9っはセント・ポプラを出航したのでした。

CP9の故郷の島から、新たなる決意の出航へ

そうしてたどり着いたのは彼らの故郷の島。

久々の帰省に一同も喜びます。

島では、次世代を担うであろう若き才能たちが再ファーポールを目指して修行をしていました。

ところが、そこへもCP9の追っ手が!

CP9をつかまえるため、ベリーグッド大佐率いる海軍の追っ手がやってきたのです。

ここまで来た海軍に対して、故郷で騒ぎは起こさせないとCP9の面々たちは能力を総動員で迎え撃ちます。

さて、麦わらの一味との戦いで戦闘不能になっていたのはスパンダムも一緒。

彼のもとに、ルッチから電伝虫が入りました。

「いずれ必ず戻る」との一報に、CP9の抹殺を目論んでいたスパンダム&スパンダインの親子は何やら話し合い…。

ベリベリの実で丸い木の実状になったベリーグッド大佐を島に残して、CP9はどこかへと消えていったのでした。

▲この記事の目次へ

コミックス80巻で再登場!?立場の逆転したルッチとスパンダム

さてと、あれから時は経ち、コミックス80巻収録の第801話「開幕宣言」で、どう見てもルッチ、カク、スパンダムにしか見えない3人組のやり取りが登場しました。

ドンキホーテファミリーの壊滅後にドレスローザから武器が盗まれたようで、カクのような口調の人物が現場を調べているようです。

彼と電伝虫でやり取りしているのは、サイファーポール・イージス・ゼロと紹介された仮面の男。

彼の仮面やあごひげは、どう見ても2年前のロブ・ルッチから相変わらずといった印象です。

その傍らにいるのが、スパンダムとおぼしき人物ですが、ルッチに対して「ダンナ」と呼んでこびへつらったりする様子は、彼らを顎で使っていた2年前のスパンダムとは明らかに違って見えます。

彼らがドレスローザで何をしているのか、革命軍に相対する立場なのは察しがつきますが、詳しいことは不明です。

また、同じく謎なのが、このやり取りを見る限り、明らかに逆転しているルッチとスパンダムの立場です。

サイファーポール・イージス・ゼロは天竜人直下のサイファーポールですよね?

ルッチたちは天竜人をバックにつけたから、スパンダムはそこに抗えずに、それでも「あわよくば」で天竜人の権力のおこぼれに与りたいから、かつての部下のルッチたちにもヘコヘコしているのでしょうか??

▲この記事の目次へ

疑問点&ポイント

■CP9の故郷の島は、どこの海にある何という街なのか??

■海軍はなぜCP9をつかまえようとしているのか??

■スパンダムとスパンダインは、ルッチの「必ず戻る」発言を受けてどんな結論に達したのか??

■CP9は故郷を出航して、どこへ向かったのか??

■「ロブ・ルッチたち」と「スパンダム」の、それぞれの目的は何か!?

▲この記事の目次へ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
もしも気に入っていただけたなら、ソーシャルボタンでシェアして頂けると嬉しいです(^^)

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

「扉絵連載シリーズ「CP9の任務外報告」から読み解くロブ・ルッチ達の疑問【ワンピース伏線考察】」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ