1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>第820話「犬と猫に歴史あり」感想・あらすじ−揺れるズニーシャ!戦力整えてワノ国へ向かえ!−

今回の扉絵「世界の車窓から~5億の男編~」はトリノ王国です!

チョッパーが2年間を過ごしたこの島には「タヌキチドラッグストア」なるものがありますね。

チョッパーが作って、残していったのかな??

この流れで、近いうちにカマバッカ王国やシッケアール王国、ハラヘッターニャなども登場したりするのでしょうか。

楽しみです(^^)

あらすじ・感想

ミンク族や侍たち、結構ブッ込んできますね(笑)

今回も新事実が続々です!

ネコマムシもルフィの麦わら帽子に見覚えがある様子です。

イヌアラシとネコマムシは一時期、ロジャーの船に乗っていたと聞いて、一同ビックリ!

海賊王の仲間だったのかというルフィの問いに正確な肯定はしませんでしたが、光月おでんの従者として、白ひげの船に乗っていたことも明かしました。

まずは白ひげの船におでん、イヌアラシ、ネコマムシが載っていて、おでんがロジャーの船にスカウトされると同時に2人もロジャーの船に移ったのだといいます。

世代で言うと、ロジャー海賊団ではシャンクスやバギーと同世代だとか。

でも、ラフテルにはイヌアラシ、ネコマムシともに同行していないそうで、おでんとの間には「線」が引かれていたようにも見えます。

昔懐かしい冒険を語るイヌアラシとネコマムシは、喜びのあまり肩を組み、まるで少し前まで一触即発の関係だったとは想像できません。

一方の錦えもんたちは白ひげの船にも同行せず、ワノ国に居たそうです。

おでんが海賊の船に乗り込まないように止めていた立場が錦えもん達。

ワノ国が鎖国である以上、海外へ出ること自体が罪なのだとカン十郎は説明します。

光月おでんはワノ国のほうに疑問を持ち続けた異端児だったのですね(^^)

それでも錦えもん達も、白ひげやロジャーがワノ国に上陸したときに面識があるようです。

ロジャーの船に乗ったイヌアラシやネコマムシに、その船が自分の師匠トムの作ったオーロ・ジャクソン号だと嬉しそうに言うフランキー。

わくわくする男性陣をよそに、ナミは現実を直視して相談を持ち掛けました。

ナミの腕につけている記録指針(ログポース)です。

ゾウへ来たのはローが持っていたビブルカードによるもの、つまり偶然だったわけです。

でもナミの認識では、双子岬のクロッカスの話を聞いて、ログをたどって最終的に一つの航路にまとまって、そこにラフテルがあると思っていたのでした。

イヌアラシは答えます。

ログをたどった先も興味があるなら行けばいいよ、と。

でも、麦わらの一味は、イヌアラシが言うにはすでに「その先の冒険」を進めているのだと。

イヌアラシの言葉では、ログの終着点で初めてポーネグリフと古代文字の謎に気付くのだそうです。

古代文字を生み出した文明と、ラフテルの存在に。

そしてロジャーは冒険をやり直したのだそうです。

双子岬でのクロッカスも、ここでのイヌアラシも、嘘はつかない、道は間違っていないよと、イヌアラシはナミに対して温かい言葉で背中を押してあげたのでした。

そこへ、モモの助もロジャーと会ったことがあると言い出しました。

8歳のモモの助が、24年前に処刑されたはずのロジャーと会ったとは、どういうことなのでしょうか??

さて、ここからは戦力増強!

カイドウと、手を組んでいるワノ国の将軍を討ちに行きます!!

ネコマムシは元・白ひげ海賊団の一番隊隊長不死鳥マルコを探しに行くと告げました。

でも、フランキーやロビン、ウソップ達も知る通り、マルコら白ひげ海賊団の残党は黒ひげ海賊団と、いわゆる落とし前戦争をしていたのだそうです。

結果、マルコ達は惨敗。

その後、白ひげ海賊団の元隊長たちの消息は途絶え、黒ひげ海賊団はこれを機に四皇と呼ばれるようになっていたのでした。

ルフィはマリンフォード頂上戦争で命を助けてもらったマルコの恩を忘れていません(顔は忘れていましたが)。

錦えもん達はワノ国で同志を増やして作戦タイム、ローも潜水艇で同行します。

歩きながらそう言った話をしていたルフィたちは、ついにガーディアンズの居住区に到着。

みんな雷ぞうの無事を喜んでいます。

同じく浮かれようとするルフィを止めたのはナミ。

サンジを早く助けに行こうと進めています。

ルフィがペコムズに付いてサンジを助けに行くには、ナミの航海術やチョッパーの医術、ブルックの音楽も必要になるだろう、と。

ドレスローザ編で出番の無かったメンバーが、今度は活躍する番です!

錦えもんも、サンジには身体をつなげてもらった恩がありますが、ここでは同行せずにワノ国へ。

もしかしたら、錦えもんにはワノ国編で、ピンチになりそうなサンジを助けるシーンがあるのかもしれませんね(^^)

ロビンやウソップ、フランキー達もワノ国へ先に向かいます。

ゾロはどうするのかな??ウソップ達と一緒にワノ国に行くのでしょうか?

そんなとき、象主(ズニーシャ)がゾウの鳴き声で暴れ出し、島が揺れ出しました。

そこでルフィが感じた声、これはどこから誰が発しているのでしょうか…?

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

「第820話「犬と猫に歴史あり」感想・あらすじ−揺れるズニーシャ!戦力整えてワノ国へ向かえ!−」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ