1. HOME
  2. >> 伏線考察|ワンピース
  3. >>海賊時代の戦力アップ手段「スカウト」について【ワンピース伏線考察】

第820話までのストーリーで、光月おでんがゴールド・ロジャーの船に乗った経緯が少しずつ明らかになってきました。

ロジャーはなんと、おでんを「スカウト」という形式で乗船させていたのですね(@_@)

ちょっとビックリです!

スポーツ選手の移籍のような形なのかな??

今回は、大海賊時代のワンピースの世界での、戦力増強手段について考察してみることにします。

この記事の目次

麦わらの一味もほとんどが該当!「海賊以外からの勧誘」

デービーバックファイトに見る「一方的な引き抜き」

おでんが白ひげの船からロジャーの船へ!「スカウト」

まとめ−海賊時代の戦力増強手段について

麦わらの一味もほとんどが該当!「海賊以外からの勧誘」

さて、まずはコレでしょうか。

麦わらの一味もほとんどがコレに該当するかと思います、「元々は海賊以外のことをしていて、あるきっかけで海賊になった」というケースです。

麦わらの一味でも、ゾロは賞金稼ぎ、ナミはアーロン一味でしたが海賊相手の泥棒を、ウソップは村の少年として、サンジは海上レストランの副料理長でしたね。

グランドラインに入ってからも、チョッパーはDr.くれはの助手で、ロビンはバロックワークスという犯罪組織、フランキーは海賊の息子と言われていますが一味に入るまでは解体屋の親分、そしてブルックがルンバー海賊団の元船員という立場でした。

ナミとブルック以外は文句なしで「海賊以外の立場だった」と言って良いでしょう。

ナミも、アーロン一味に心底取り入っていたわけではありませんし、ブルックだって、ルンバー海賊団はルフィに誘われる50年も前に彼をのぞいて全滅しています。

海賊以外のことをしていた彼らが、何かをきっかけに海賊を志す。

そのケースは珍しくないように思えます。

▲この記事の目次へ

デービーバックファイトに見る「一方的な引き抜き」

さてと。

仲間が他の組織へ移るという意味では、この考え方にも触れておきましょうか。

第33巻で登場した「デービーバックファイト」です。

ワンピースの世界では今のところフォクシー海賊団しかやっているところを見かけませんが、デービーバックファイトで仲間を奪ったり、奪われたりすることもあるようです。

奪われた仲間はデービーバックファイトによる取り返ししか認められず、奪われた仲間本人も、移った先の船長に忠誠を誓わねばならないという掟があるようですね。

文句言ったりしたらデービー・ジョーンズが黙っていないよ、っていうことなんでしょうか。

実際にフォクシー海賊団は、キバガエル海賊団という一味を、数名の船員をのぞいてごっそり奪っており、奪われたキバガエル海賊団は壊滅状態でした。

デービーバックファイトで他の海賊船から仲間を奪い、自らの戦力にして成長していく。

特殊かも知れませんが、フォクシー海賊団が取っていたこの方法は、大海賊時代を生き抜く上での確固たる手段なのかも知れません。

▲この記事の目次へ

おでんが白ひげの船からロジャーの船へ!「スカウト」

さぁ、これが第820話までのストーリーで明らかになったことです。

この大海賊時代に、「スカウト」という手段で海賊が戦力を整えることもあるのですね。

実際に、ネコマムシ達が語るには、光月おでんが白ひげの船からロジャーの船へスカウトで移っていったのだとか。

最終的に、ロジャーと白ひげ、おでんの三者で合意できていたのかな?

ロジャーは、おでんのスカウトを引き留めなかったのでしょうか?

おでんがいればラフテルへ行ける。

でも、白ひげはラフテルへの行き方に興味ないんでしたよね、白ひげの死に際の回想では。

だったら、ロジャーは白ひげの船から、光月おでんをもらっちゃおう!

と言うことで、光月おでんのスカウト話は、白ひげの死に際の回想シーンのあとに浮上したのかも??

あくまで予想ですけどね。

ちなみに、エースが就くまで「白ひげ海賊団2番隊隊長」と言うポジションは、長く空席だったそうですね(^^)

このポジション、誰がいたのかな?

何が言いたいかというとね。

「エースの前任の白ひげ海賊団2番隊隊長は、スカウトで引き抜かれたのかな??」

まさか光月おでんがエースの前の2番隊隊長!?

いやいや、筆者は別の予想をしたいんです。

それについてはまた後日(^^)v

他にも気になることがあるんです。

「バロックワークスも、スカウトでエージェントを集めたのかな??」

例えば、Mr.1(ダズ・ボーネス)は自分のボスであるMr.0が「王下七武海(当時)のサー・クロコダイル」だと、知らなかったでしょう?

あれがもしや、クロコダイルがウエストブルーに差し向けた「誰か」を介してのスカウトだったとしたら…?

そう考えると、色々な海賊団で、色々な想像ができると思うんです(^-^)

いずれクロコダイルの過去も、深く掘り下げてみたいなぁ。

▲この記事の目次へ

まとめ−海賊時代の戦力増強手段について

■麦わらの一味は、ほとんどが海賊以外の立場からルフィに引き抜かれている

■デービーバックファイトでの仲間の奪い合いも、大海賊時代を生き抜く手段の一つ!

■[予想1]白ひげはラフテルの行き方に興味が無かったから、古代文字が読める光月おでんをロジャーへと手放した!?

■[予想2]エース就任前の「白ひげ海賊団2番隊隊長」は、どこかにスカウトされて欠番になった!?

■[予想3]バロックワークスも、クロコダイルが手を回して各地の実力者達をスカウトしていた!?

▲この記事の目次へ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
もしも気に入っていただけたなら、ソーシャルボタンでシェアして頂けると嬉しいです(^^)

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

「海賊時代の戦力アップ手段「スカウト」について【ワンピース伏線考察】」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ