1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>第821話「承知した」感想・あらすじ−2人に響くゾウの声!カイドウと手を組む意外な人物?−

あらすじ・感想

ルフィと、そしてモモの助にも聞こえていた「声」。

その主は「象主(ズニーシャ)」だったようです(^^)

最初は誰の声か分からず戸惑うルフィとモモの助の2人。

そして、苦しんでいるようにも見える2人を見て、もっと戸惑う周りの人々。

その原因、ゾウの足下で起こっていたのは、ジャックの一味によるズニーシャへの集中砲撃でした。

足をせめて顔を近づけ、あとはどうしてくれようかと口に出し始めるジャックの残虐さに、直属の部下ジンラミーでさえゾッとする始末…。

ゾウはしきりに、ルフィやモモの助に訴えかけます。

命令しないと動かないのかな?ズニーシャは。

ペドロはまたも噂に聞く程度なんです、同じようなことを、ロジャー&おでんのコンビも言っていたらしいと。

会話はできず大きな声が聞こえる程度。

じゃあ、モモの助はおでんやロジャーよりももっと進んだコミュニケーションがとれているということなのかな??

今回のストーリーを見る限り、モモの助はズニーシャの見ている光景を転送して受け取っていますよね?

ズニーシャの声を聞くモモの助曰わく、ズニーシャは「大罪」を犯したために、歩くことすら許されていないらしいですね。

ということは、ズニーシャは死ぬことも許されていないのかな?

通常考えて、ワンピースの世界でも、千年も生きている生物って(今のところ)いないですもんね。

それでも、モモの助の必死の叫びで戦うことを許されたズニーシャは、ジャックの船団を一蹴しました。

5隻の船団が沈んで、ジャックも仮面が割れちゃいましたね。

次にジャックが登場するときは素顔で出てくるのかな?

で、ネコマムシをはじめとして、やはり疑問に思っているんです。

「ジャックは何で、ゾウへやってこられたのかな?」

まず、コレが不思議ですよね。

そして気になるのは、カイドウのアジトへと場面が移った今回のラスト。

カイドウ宛に電伝虫をかけているのは「アッパッパ」と口走る人物。

どう見ても最悪の世代の一人、スクラッチメン・アプーな気がしますが、果たして…?

まとめ

今回、筆者が気になったポイントをまとめてみます。

[1]ルフィとモモの助にしか聞こえない「声」を、ズニーシャはどうやって出している?

[2]ズニーシャが大昔に犯した「罪」って、誰に対するどんな罪?どうやって、歩く以外許されない状態にすることができたの?

[3]ズニーシャに命令すれば、誰だってズニーシャを動かせるの?「声」が聞こえるのが最低条件?ルフィができずにモモの助にはできるの?

[4]ジャックは何故、ゾウにやってくることができたの?

[5]カイドウとアプーは繋がっている?アプー&キッド&ホーキンスの同盟との関連は?時系列的にどうなっているの?

これらについては、機会を見て考察を広げていきたいと思います(^^)v

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ