1. HOME
  2. >> ストーリー考察|ワンピース
  3. >>ジャックがゾウにたどり着けた理由【ワンピース伏線考察】

ルフィ上陸前にモコモ公国を壊滅させていたジャックの一団。

皆さん、ジャックがどうやってゾウにたどり着いたのかって、気になりませんか?

今回は、あくまで予想の範囲で、ジャックがゾウにたどり着けた理由を考えてみたいと思います(^^)

[予想1]ズニーシャのビブルカードを手に入れていた!?

1つ目の予想は「ズニーシャのビブルカードを手に入れていた説」です。

先頃発売されたコミックス第81巻では、ジャックの部下がモコモ公国のイメージを

「モコモコメルヘンの国」
(コミックス第81巻より)

と、口にしていますね(^^)

「モコモこうこく」という名前が、そうイメージさせるのでしょうか(笑)??

要は、簡単にたどり着けない場所ではあるものの、知り得ていた情報量としては「ゼロ」ではなかったのです。

誰かがモコモ公国の様子を、外の島に伝えていたコトが窺えます。

「じゃあ、ズニーシャのビブルカードを作って、外部に流通させていた可能性も、ゼロじゃ無いんじゃない?」

というのが、ここでの予想です。

ゾウの島そのものである「ズニーシャ」も、島であり動物でもあります。

ならば、その皮膚や爪、象牙などからビブルカードを作ることも可能だったのではないでしょうか?

そして、珍しい島や珍しいミンク族の「モコモ公国」に憧れのようなイメージを持った者が増えて、ゾウのビブルカードが高値で取引されていたなんていう展開も、あったりして…(^^;)

[予想2]ゾウの顔ぶれの中に裏切り者がいる!?

2つ目の予想は、ジャック襲来時点での顔ぶれの中に裏切り者がいたという説です。

裏切って、ジャックの一味と内通していた人物ということです。

筆者の予想として、それは誰なのか。

結論から言えば、ベポだと思います。

「ゾウを故郷として、ローより先にゾウに上陸して、故郷の壊滅を誰より悔やんでいたであろうベポが何故!?」

とお考えの方も、いるかもしれません。

筆者もまだ「予想」の段階です、こうだったら急展開だよね、という状態です。

ただベポの存在は、ゾウに関するキャラクターと、2つの意味で「対比」が成立していると考えています。

(1)ペコムズとの対比
[共通点]
ゾウ出身の海賊
[違う点]
ペコムズは故郷の壊滅を嘆き、ベポは故郷の壊滅に加担している…?(←筆者の予想です)

(2)モモの助との対比
[共通点]
故郷の国に大きな変化(モモの助は父おでんがワノ国の将軍らから処刑され、ベポの故郷モコモ公国は壊滅)
[違う点]
モモの助はカイドウを討ちたくて、ベポはカイドウに加担している…?(←くどいけれど筆者の予想です)

仮にベポが裏切り者だとしてもベポ一人の行動じゃないと思います、黒幕がいることでしょう。

その黒幕の存在も、想像に難くありません。

ローでしょうね。

くどいですが、ベポが裏切り者なんだとしたら、ですよ(^^;)

パンクハザードで麦わらの一味と再会して、スマイルの原料となるSADを破壊して、ドフラミンゴを怒らせて。

ドレスローザでは、スマイル製造工場の破壊に関わって人造悪魔の実の製造をストップして、カイドウを怒らせて。

そうして、いよいよカイドウ討伐か!?……となった頃に、実はロー率いるハートの海賊団が、麦わらの一味や侍たち、ミンク族を裏切って「カイドウの引きずり下ろしに協力させていた」のだとしたら…?

連載の期間としては数年単位で続いている、麦わらの一味とハートの海賊団との同盟。

その「同盟」には「裏切り」が付きものだというロビンの言葉も引っ掛かります。

もしも、麦わら&ローの同盟に「裏切り」が発生するとしたら、一番盛り上がりそうなのは、いよいよカイドウをという、一連のストーリーのクライマックスの段階だと、筆者は考えています。

もっとも、これはあくまで筆者の予想。

そのようにならない可能性も多分に存在しますので、あしからず(^^;)

まとめ−ジャックがゾウにたどり着けた理由

■[予想1]ズニーシャのビブルカードを手に入れていた?

■[予想2]ベポはモコモ公国の裏切り者?ハートの海賊団はカイドウ討伐の段階で裏切りを発動させる!?

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

「ジャックがゾウにたどり着けた理由【ワンピース伏線考察】」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ