1. HOME
  2. >> 伏線考察|ワンピース
  3. >>革命軍の本部バルティゴあっさり壊滅の謎【ワンピース伏線考察:第823話より】

第823話のラストで、ニュース・クーが運んできた衝撃の新聞。

長年「謎」とされてきた革命軍の総本部バルティゴが、既に壊滅状態だというのです!

どんな経緯で、このような新聞でバルティゴが明らかになるに至ったのでしょう??

そして何より、ルフィの実父ドラゴンや、義兄サボたち革命軍のメンバーは無事なのでしょうか??

まずは状況を整理してみよう!

ここ数回にわたって、結構インパクトの強い出来事が連発していますね(^^;)

これも尾田先生の意図なのでしょうか、ワンピースファンを楽しませる天才かも知れません。

さておき、ザックリと流れを整理すると……、

修業から2年経ち、ロビンはシャボンディ諸島へ
 ↓ ↓ ↓
ドレスローザでサボ&コアラ&ハックと出会う
 ↓ ↓ ↓
戦いが終わり、サボ達はドレスローザを出航、帰りがけにルフィのビブルカードを作成
 ↓ ↓ ↓
サボ&コアラがバルティゴに戻り、ドラゴンは革命軍全軍のリーダーを招集予定、そこへバージェスの影
 ↓ ↓ ↓
革命軍総本部バルティゴ壊滅状態の新聞報道

こんな感じでしょうか??

で、気になる新聞の紙面を、第823話で分かる限りで見てみると、一面の左上に「世界政府」のマークがありますね。

エニエス・ロビーでウソップ(そげキング)が撃ち抜いた、あのマークです。

そして、バルティゴとおぼしき島の様子がドーンと載っていて、下の方に本文のテキストと、小さめの写真が2〜3枚。

こんな感じでしょうか?

2〜3枚の小さめの写真というのは後で考えるとして、気をつけておかねばならないポイントだと思うんです、こちら↓↓

壊滅状態なのは「バルティゴ」という土地であって「革命軍」ではない。
つまり、ドラゴンやサボ達が誰かにボコボコにされたとは限らない。
(少なくとも第823話で明らかになった情報では)

とは言っても、革命軍の総本部バルティゴが壊滅状態にあるのは事実な様子。

さて、誰がやったんでしょうね?

ここでは[本命][対抗][大穴]と分けて考えてみましょうか(^^)

[本命]最速でバルティゴへと集結できた海賊たち

まずは本命です。

皆さん、第823話までのストーリーで「誰」だったら、バルティゴを壊滅させていても最も驚きが少ないですか?

「黒ひげ海賊団」じゃありません??

数十年間謎だった場所にバージェスが潜入していて、自分のビブルカードを使って仲間達を呼び寄せた。

これなら、最速で仲間を集めてバルティゴを壊滅させることができそうです。

[対抗]革命軍には負けられない事情がある?

次に、対抗馬です。

黒ひげ海賊団以外で、革命軍に何か因縁があって、なおかつバルティゴを壊滅させられそうな戦力って、どこでしょう??

筆者が考えた対抗馬は「CP0(サイファーポール・イージス・ゼロ)」です。

ドレスローザの戦いが終わるころ、島内に潜入していて、何かしらの理由でドフラミンゴの武器の密売に関する情報を調べていた彼ら。

それが「革命軍によって持って行かれたのでは?」となれば、彼らにも革命軍を狙う理由はありそうです。

CP0の正体がルフィ17歳時点のCP9だとしたら、ルッチのようなひげの男やカクのようなしゃべり方の男も、彼ら自身だと考えられます。

その場合は、革命軍を倒しきれるかはともかくとして、バルティゴという島を壊滅状態に陥れることならできるかも知れません。

[大穴]最も意外なバルティゴ壊滅の実行者たち

さて、最後に大穴です。

皆さんは「バルティゴ壊滅」と聞いて、誰だったら「最も意外だった!」と言えますか??

数十年もの間、謎だったわけでしょ?

革命軍の総本部がバルティゴにあると、世間にバレちゃいました、となるんです。

しかも、バルティゴが壊滅状態にまでなってしまった訳なんです。

「なんだこの様子は…、一体誰がこんなコトしたんだ…!?」

ねっ(^^)

誰だったら「最も意外」ですか??

筆者の考える、バルティゴを壊滅させた最も意外な人たち。

革命軍自身

これです。

革命軍が自分たちの手で、それまでずっと拠点にしていた島を壊滅させちゃったんです。

理由は何故でしょう?

考えられるとしたら、彼らは悟ってしまったんじゃないでしょうか?

「バルティゴに総本部があるって、バレてるっぽい!」

だから、その後の拠点をじっくり検討したうえで、もうバルティゴの島にはサヨナラしたのかも知れませんね。

だから、もう場所がバレてもOKになったのではないでしょうか。

「バルティゴを拠点にするつもりは、もう無いよ」

「これからは別の拠点を構えるから、バルティゴはもう報道されちゃっても良いよ」

そんな思いがあったとしたら、革命軍はいよいよ、本腰を入れてきそうな気がしませんか?

ほぼ同時期に、レヴェリーが動いていますよね?

バルティゴ壊滅から8年前のレヴェリーでタラッサ・ルーカスがドラゴンを危険視していましたが、ついにドラゴン本人がレヴェリーの場に現れて「ひと仕事」するとなると、面白い展開がありそうです(^▽^)

そのほか気になるところ

まずは、世間においての「革命軍とバーソロミュー・くまとの関係」です。

ペドロが受け取った新聞で、人の顔が写っているような小さめの写真が2〜3まいほどありましたね?

うち2枚は、予測ながらドラゴンとサボに見えます。

もう1枚、もしかしたら、くまの写真でしょうか……?

くまが革命軍の幹部だって読者は知っているけれど、ワンピースの世界の人々は知らないんじゃない……?

確か、そうでしたよね?

だとしたら、革命軍とくまとの関係が、世間にバレてしまっているということにはならないでしょうか。

そうなると、革命軍が知られて困る情報も色々と知られてしまっているかも知れません。

次に、ハックの姿が見当たらないのも気になります。

読者の我々が最後にハックの姿を確認したのは…、ドレスローザ島内でしょうか?

ハックがサボ達と一緒に、バルティゴに帰ったという描写はありませんでしたよね(^^)?

もしかしたらですが、ドレスローザ以降行方が分からないハックが「カギ」を握っているなんていう展開もあったりして(^o^)

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

「革命軍の本部バルティゴあっさり壊滅の謎【ワンピース伏線考察:第823話より】」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ