1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>「海賊ごっこ」感想(ワンピース第824話)

今週号は巻頭カラーです。

麦わらの一味がジェットコースターのような乗り物に乗っています(^^)

9人が揃った画を見るのも久しぶりですね、ゾウ編ではサンジが入れ違いで連れて行かれちゃったし…。

本編で9人がそろい踏みとなる日が早く来て欲しいですね!

あらすじ・感想

自分の不始末でサニー号を燃やしちゃったルフィが、豪雨で火が消えるだろうって「ラッキー」とか言ってるんですよね(笑)

ラッキーじゃないでしょ、ってね(^^;)

アニメだとこのシーン、ルフィ役の声優の田中真弓さんが、かつて務めたラッキーマンみたいな感じで「ぁラッキー♪」みたいに言ったら面白そうですよね(^^)v

実際、ローグタウンではアニメ版のみ、ルフィがラッキーマンっぽく言っているシーンがあるんですよね。

今週と先週の2話で、みんな料理を作るにもバラバラ…。

これらは、航海にサンジが欠かせないことの暗示か何かでしょうかね?

一方、カイドウは泣き上戸で笑い上戸…(笑)

ワンピースの世界って、こういうキャラほど強かったりしますからね(^^;)

あと、何となく察しがついていましたが、カイドウの一味の中で能力者軍団に当たるのが、身体の一部がゾオン系の能力を発揮するギフターズだったんですね。

で、カイドウが檻に捕らえたのはキッド!

彼1人でしょうか?ホーキンスが仮に逃げ出したのだとしても、キッドの手下であるはずのキラーがいないのが気になります。

そしてサンジのサイド。

カポネの「城」から、ビッグマムの「歌う艦」に乗り換えていました。

降ってくるのは「わたアメ雪」、仕切りに鳴る電伝虫は、ビッグマムのナワバリから発せられる「警告念波」だそうで。

船が通る道中には、岸沿いのタルト型の建物に「28番タルト」と表記されているのが分かります。

それにしても気になるのは、ビッグマムの一味の「情報収集力」です。

ペコムズも、サンジがカマバッカ王国に居たことは知っていました。

一方でタマゴ男爵も、イーストブルーの海上レストランのことを知っています。

そんな中、ヴィトが持ってきたのはサンジの結婚相手シャーロット・プリンの写真です。

その容姿、サンジが見とれるほどですが、ホントにこの先惑わされずにルフィ達のもとへ戻れるのでしょうか…(^^;)?

疑問点・気になるポイント

■バルティゴ壊滅報道で初めてドラゴンの顔を見たルフィ、これまでガープもレイリーでさえも顔写真で紹介していなかった!?

■ルフィは自分でも認めるほどドラゴンと似ていない、これは「母親似」を暗示している!?

■黒ひげ海賊団が革命軍を狙う理由は!?

■バルティゴの場所を海軍やサイファーポールに通報したのは黒ひげ海賊団じゃない!?

■イヌアラシは「ジャックがビブルカードを持っている」と大胆推理!さて誰のビブルカードかな…!?

■ジャックが能力者のはずなのに海に沈んで平気でいる、これは何故!?

■サンジがカマバッカ王国にいたことを知っているのが「情報収集」によるものだとして、海上レストランにいたことを知っているのは「ビッグマムとゼフとのつながり」の影響!?

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

「「海賊ごっこ」感想(ワンピース第824話)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ