1. HOME
  2. >> 伏線考察|ワンピース
  3. >>ビッグマムがシーザーに依頼した研究【ワンピース伏線考察】

シーザーは過去に、ビッグマムから研究の依頼を受けていたそうですね(^^)

でもシーザーは嘘をついて、ビッグマムから経費を取っていたそうです。

ビッグマムがシーザーに依頼した研究は何なのでしょう??

その真実は、第824話までのストーリーでは断定できないでしょう。

ただ今回は、研究の概要だけでも予想してみたいと思います。

ビッグマムがシーザーだからこそ求めているもの

シーザーはビッグマムから、とある研究の依頼を受けていたけれど、成功していなかったようですね、シーザー本人曰わく。

でも、嘘をついて経費をだまし取ることはできていた。

良い子と良い大人が真似しちゃいけないパターンですが、ここから何が予想できるでしょうか。

【1】シーザーはビッグマムに、研究の途中経過を見せていなかった?

【2】シーザーがビッグマムから依頼された研究は「ゼロ(全くできていない)」か「100(完了)」の両極端の結果しか発生しない

筆者はこの2パターンのどちらかに当てはまるんじゃないかと予想しています。

まずは【1】について。

シーザーは世界各地のブローカー達に「シノクニ」を映像配信で見せていましたよね?

しかも、その映像をビッグマムの部下のペコムズやタマゴ男爵が見ているんです(^^)

「研究の途中経過、映像配信使って見せられるんじゃない!?」

ただ、もしもこの映像配信が「一斉配信しかできない」などの理由で、ビッグマム海賊団に個別に配信できないなどの事情があるかも知れません。

あるいは、個別配信ができたとして、こんな可能性はどうでしょう?

「ビッグマムが、ペコムズ達にも知られたくない研究を依頼していた」

だから「映像配信だと部下も見てしまう可能性があるから、やめておいてね」的なことを言って釘を刺したのかも知れません。

そして【2】について。

研究のステップ的に「今月はここまでできたよ」みたいな段階的な報告ができなかった可能性もあるのかなと思いました。

ニュアンスとしては「ボン!(←何かしらのできる音)……はいマムさん、研究成功です!」のような感じかな(^^)

あともう一つ、シーザーは「ドフラミンゴの後ろ盾」で調子に乗っていたそうです。

これに違和感を覚えてしまうのは、筆者だけでしょうか?

戦力としては、ドフラミンゴはカイドウを怒らせると困るんでしたよね?

で、ビッグマムはそのカイドウと同列の「四皇」の座にいる海賊なんです。

ビッグマムの戦力だったら、ドフラミンゴの後ろ盾くらい、なんてこと無いんじゃないのかな??

でもこれが、ビッグマムが「シーザーの後ろ盾」として認識している名前が「ジョーカー」だとしたら…?

ビッグマムには「ジョーカー=ドフラミンゴ」の認識が無くて、

「ジョーカーを怒らせると(戦力的には大したことないけど)自分たちが困る結果になる」

という認識を持っていたとしたら、ジョーカーという名前だけでビッグマムをある程度手のひらで転がすようなマネもできたのかも知れません。

で。

サンジはカポネの部下に対して、シーザーを人質に取るシーンがありましたよね?

少し前にシーザー本人に対して、ドフラミンゴへの切り札だったけど、シーザーもういいや的なことを言っていますよね。

でも、カポネの部下にはシーザーを人質に取っている。

サンジは悟っていたのかな?

「シーザーはまだ、ビッグマムに対して切り札になり得る!!」

サンジは自身の結婚話で、謎が解けたと言っていましたね。

その「解けた謎」で、連鎖的に「ビッグマムがシーザーに何の研究を依頼していたか」まで分かってしまったとか。

「自分の三十五女のプリンを結婚させたいから、こういう研究してくれない?」

ってね(^^)b

まぁ、これは予想に過ぎません。

真相は今後の展開を待ちたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
もしも気に入っていただけたなら、ソーシャルボタンでシェアして頂けると嬉しいです(^^)

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

「ビッグマムがシーザーに依頼した研究【ワンピース伏線考察】」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ