1. HOME
  2. >> 週刊ヤングジャンプ感想|キングダム
  3. >>「歓喜の撤退」感想(キングダム第473話)

信の剣での一撃を受け、倒れ込む慶舎。

今回のナレーションでも言っているとおり、もう慶舎討ち死にで確定でしょうか。

ちょっと寂しい気もしますね…。

あらすじ・感想

慶舎が死ぬ前に、李牧を思い出しながら「恩」と言っていましたね。

慶舎は李牧に何か恩を受けながら、恩返しできないまま逝ってしまうと言うことなのでしょうか??

信が勝ちどきを上げている頃、キョウカイも劉冬を討ち取りました。

地面に倒れ込む劉冬にキョウカイは、守り子の人形を返しました。

そして、離眼城では劉冬達が恐れることをさせないとキョウカイは言っています。

…アレかな?

合従軍戦で信が万極を討ち取ったときに、長平の戦いのときみたいな大規模な生き埋めみたいなことはしないよって言っていた、アレに似たようなことをキョウカイも言おうとしたのかな?

だとすると、このストーリーでの秦と趙の間の「闇」の深さみたいなものも伺えそうですね(@_@)

力を使い切ってまともに立てないキョウカイを救ったのは、撤退のため馬を走らせる信でした。

慶舎と劉冬が討ち取られた情報がいち早く伝わったのは、金毛や紀彗達がいた陣。

紀彗は特に、幼なじみの劉冬の討ち死にに心を狂わせるほど泣き叫びました。

このままでは終わらせないと、総大将を欠いた戦に挑む紀彗。

黒羊の戦いはまだ、終わりを迎えそうにありません。

ところで、慶舎との打ち合いで、信の戦用の「矛」が折れてしまいましたよね?

慶舎を討っていよいよ「将軍」の可能性もありそうですし、ついに信が王騎の形見の矛を振るう日が来るのでしょうか。

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

「「歓喜の撤退」感想(キングダム第473話)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ