1. HOME
  2. >> 伏線考察|ワンピース
  3. >>アマゾン・リリー歴代皇帝の恋(#^_^#)【ワンピース伏線考察】

ルフィに恋したアマゾン・リリーの皇帝ボア・ハンコック。

彼女がルフィのインペルダウン潜入からマリンフォード頂上戦争、そしてルスカイナ島での2年間の修行生活を助けたことは、ルフィにとって大きな意味を持つ出来事だったでしょう。

それはまさしく、ハンコックからルフィに対する「恋心」がなせるものだったのかも知れません。

今回のテーマは、アマゾン・リリー歴代皇帝の「恋」についてです。

この記事の目次

恋する皇帝の系譜−その1:ハンコックとニョン婆−

恋する皇帝の系譜−その2:亡き先代皇帝と、「同じ」だった先々代皇帝−

まとめ−アマゾン・リリーの恋する皇帝−

恋する皇帝の系譜−その1:ハンコックとニョン婆−

さてと。

まずはアマゾン・リリーの歴代皇帝の系譜から見ていきましょうか(^^)

とはいえ、コミックス第81巻までの時点で皇帝だと確定している人物は2人だけですね。

ハンコックニョン婆(グロリオーサ)です。

ニョン婆が先々先代皇帝ということなので、彼女たちの間には2人の人物が入ることになります。

つまり、

グロリオーサ→先々代皇帝→先代皇帝→ハンコック

なんですよね。

この中で、ハンコックが恋した相手はルフィです。

今まで苦手意識さえ持っていた「男」に対してハンコックは心を開き、ルフィに恋するようになっていましたね(#^_^#)

一方のニョン婆。

誰かに恋をしたそうですが、国を飛び出して、生き永らえたのだそうですね。

この「国」って言うのは、アマゾン・リリーのことなのかな?

相手の男性がどこかの国に定住していたとかではないですよね?

何が言いたいかと言いますとね。

「ニョン婆が恋した相手も、海賊なのかな?」

筆者はそんな予想をしているんです。

海賊だとは断定しないにしても、相手の男性の素性が分かっていて、明らかにしてもストーリーに差し支えないなら、名前出しちゃってると思うんですよ。

それが、名前を出してこない。

怪しいんですね。

「ニョン婆の恋の相手は、ワンピースの世界で誰もが知る海賊なのかな?」

そんな可能性を残しておきたいんです。

誰だったら驚きかな?

例えば、ロジャーとか。

あるいは、白ひげとか。

あくまで予想に過ぎませんけどね(^^)

▲この記事の目次へ

恋する皇帝の系譜−その2:亡き先代皇帝と、「同じ」だった先々代皇帝−

さぁ、次は未だ謎に包まれているアマゾン・リリーの先代皇帝と、先々代皇帝の2人を考えてみましょう(^o^)

先代皇帝(ハンコックの前の皇帝)は、恋煩いで死んだと言われています。

一方の先々代皇帝(ニョン婆の次の皇帝)は、ニョン婆いわく「同じ」だったそうですね。

「どこまでが、先代皇帝と同じだったの!?」

そういう疑問は、少なからずあります。

先代皇帝は亡くなった。

ならば、先代皇帝は今後のストーリーに影響を及ぼしてくることは無いでしょう。

でも、気になるのは(一部ないし全部)同じだという「先々代皇帝」のほうです。

未だに名前が出てこない、生死さえも明言されたとは言いがたいこの先々代皇帝、一体何者なんでしょうね??

ほぼ間違いなく言えるのは、アマゾン・リリーの皇帝という以上、女性であるということだけかな。

もう他のサイトさんでも予想は出されているんで、あまり驚かれないかと思います。

筆者も最近ようやく、ストンと落ちるまでに納得できたので、予想として挙げさせていただきます。

シャッキー

かな、と思います。

シャッキーの名前は本来は「シャクヤク」ですね。

「芍薬(しゃくやく)」という花(植物)の名前に由来することは、容易に想像できそうです(^^)

一方で、アマゾン・リリーの女性達の名前にも、花(植物)の名前が用いられているんですよね。

ハンコックは「ハンコックシダ」というものがあり、日本国内でも生息が確認できているものだそうです。

(もしかして、筆者も見かけたことがあるアレなか?まぁいいや…)

で、サンダーソニアもマリーゴールドも、ガーデニングで植えたりする方も多くいらっしゃるようです。

ニョン婆の本来の名前である「グロリオーサ」も、そういう名前の花があるのだそうです。

シャッキーも、元々はアマゾン・リリーにいたのかな。

つまり、シャッキーがニョン婆の次の皇帝だったとするならば、ハンコックの先代の皇帝のように「恋煩い」にかかったまでは同じ。

でも、死んだと言われる先代皇帝に反して、シャッキーは死ななかった。

その点は、ニョン婆と同じように「生き永らえた」と言って良いのかも知れません。

シャッキーも、奴隷から解放されたハンコック達の会報に一役買っているようですし、アマゾン・リリーは出たものの、彼女たちとのつながりまでをも絶ったわけでは無い描写もあるんです。

そこは、いずれまた描かれる可能性がありそうなので、楽しみに待ちたいと思います。

「シャッキーがアマゾン・リリーの先々代皇帝」

筆者もそう思います(^_^)

▲この記事の目次へ

まとめ−アマゾン・リリーの恋する皇帝−

■[予想1]ニョン婆(グロリオーサ)が恋した相手も海賊!?もしかしてロジャー?白ひげ?

■[予想2]アマゾン・リリーの先々代皇帝は「恋煩い」にかかっただけで、死んではいない!?

■[予想3]アマゾン・リリーの先々代皇帝はシャボンディ諸島の酒場のシャッキー!?

▲この記事の目次へ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
もしも気に入っていただけたなら、ソーシャルボタンでシェアして頂けると嬉しいです(^^)

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

「アマゾン・リリー歴代皇帝の恋(#^_^#)【ワンピース伏線考察】」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ