1. HOME
  2. >> 伏線考察|ワンピース
  3. >>ドレスローザ編以降の海賊・海軍・革命軍の動き【ワンピース伏線考察】

ドンキホーテ・ドフラミンゴがドレスローザを追われてから、激変を迎えたワンピースの新世界。

色々な人が色々な動きをしていて、ちょっと複雑になってきました(^^;)

今回は「ドンキホーテファミリーの壊滅から麦わらの一味ゾウ上陸ころまでの各地の動き」をザッと整理してみたいと思います(^^)

この記事の目次

ドレスローザの関係者

海軍本部・世界政府の関係者

革命軍&麦わらの一味傘下の勢力

各地の海賊達

ドレスローザの関係者

さて、まずはドレスローザに関係する人々の動きから見ていきましょう(^_^)

囚人剣闘士だったレベッカはドレスローザの王女にならず、実父であるキュロスと暮らす道を選びました。

一国の王女よりも、例え何者であろうとも血の繋がった家族と暮らしたいというレベッカの思いが上回っていた、とても感動的なシーンです。

彼女に代わってドレスローザの王女になったのがヴィオラでしたね。

姉でありレベッカの母であるスカーレットからも王女交代の依頼を受けた彼女は、生涯2度目の王女交代を引き受けたのでした。

グリーンビットを拠点としていた小人族は、ドレスローザの人々と共存する生活へと変化を遂げていったようです。

これまで「妖精のしわざ」として片付けられてきた出来事ですが、種族を越えた共存の道を見いだせたのは、また別のほほえましさを感じますね(^^)

一方、ドレスローザの人民を煽り、恐怖へと陥れたドフラミンゴは、つるの船に連行されてインペルダウンへ。

ドフラミンゴの再登場はあるのでしょうか?

少し気になりますね…。

▲この記事の目次へ

海軍本部・世界政府の関係者

次は、海軍本部や世界政府の関係者の動きを見てみましょう。

マリンフォード頂上戦争の年までは海軍本部のトップ・元帥の座に着いていたセンゴク

彼は海賊であるローを捕えもせず、共にロシナンテを忘れずにいようと誓うのでした。

役目を終えたからローを捕らえるのは自身の仕事ではないと考えているのか、あるいは他に理由があるのか、センゴクのこの行動は少し意外にも感じます。

一方、麦わら&ロー達を逃し、土下座の映像を世界各地に配信した藤虎(イッショウ)は、ドフラミンゴの護送を終えたら、ルフィやローを探す旅へ出るようですね(^^)

自身の正義を通した藤虎ですが、元帥サカズキと対立した彼に、海軍での居場所はあるのでしょうか??

そして、ロブ・ルッチやカクらの印象をにおわせながら、いまだ素性については正式確定で無いCP0(サイファー・ポール・イージス・ゼロ)の面々。

彼らはドレスローザの武器密売のルートを調査しながらも見当たらず、調査の過程で革命軍の存在にぶち当たったようです。

何者かの通報によってバルティゴ壊滅の場にも駆けつけたようですが、CP0は今後どのように動いていくのでしょうか。

▲この記事の目次へ

革命軍&麦わらの一味傘下の勢力

さらに革命軍と、麦わらの一味の傘下の勢力にも目を向けてみます。

バルトロメオ達は、麦わらの一味に傘下入りしたのは記憶に新しいところ。

サボはドレスローザの出航前、ルフィのビブルカードを作成していましたね。

それを、麦わらの一味傘下の海賊達や、ベラミーが破っていきました。

ルフィのビブルカードを、サボは破いていったのかな??

そんなサボを擁する革命軍の本体は武器の密売に関わった国のリストを得ました。

何かが進んでいきそうな予感もしますね(^^)

また、CPが強化されていると情報を共有し合い、武器に含まれていた鉱物・酒鉄鉱(きてつこう)が武器製造の黒幕を割り出す鍵になりそうだというところまではたどり着いたようです。

その革命軍のボスであるドラゴンは、革命軍全軍のリーダー達を招集するよう指示していました。

バルティゴ壊滅となった今、革命軍のリーダーはどのようにして集結しているのでしょうね?

▲この記事の目次へ

各地の海賊達

最後に、各地に存在する海賊達の動きも少々(^^)

自称・白ひげの息子だというエドワード・ウィーブルは、白ひげ傘下の海賊達を倒していっている最中。

白ひげが残したはずだという遺産をぶんどろうと企んでいることが発覚しましたが、次なる標的はマルコだそうです!

そのマルコの情報を聞き出しにルフィの元へ向かうというのですが、ウィーブルは今後のストーリーにじき登場しそうな感じですね。

果たして情報を聞くためにルフィの元へ行くのか、あるいは直接マルコにたどり着くのか、注目してみていたいと思います。

黒ひげ海賊団は、バージェスの声かけで一旦ドレスローザに向かったようです。

少なくともラフィットとシリュウがね。

向かったけれどバージェスとニアミスして、そのバージェスはバルティゴへ潜入、ラフィット達を呼び寄せる、といった流れでしょうか。

そして奇跡の王下七武海入りを果たしたバギー率いる「バギーズデリバリー」ですが、なにやら商売大繁盛のようです!

ドフラミンゴが流通させていた武器の流れが止まったことにより、代わってバギーズデリバリーに依頼が殺到。

でも、Sクラス傭兵のハイルディンが脱退したことで、この先に一波乱がありそうな気もします。

▲この記事の目次へ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
もしも気に入っていただけたなら、ソーシャルボタンでシェアして頂けると嬉しいです(^^)

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

「ドレスローザ編以降の海賊・海軍・革命軍の動き【ワンピース伏線考察】」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ