1. HOME
  2. >> 週刊ヤングジャンプ感想|キングダム
  3. >>「趙将の正念場」感想(キングダム第474話)

慶舎と劉冬が討たれ、その事実が趙軍の一部の将達にも伝わりました。

幼なじみを討たれた紀彗や馬呈、そして主を討たれた副将の金毛が、怒りと悲しみに狂います。

感想

慶舎と劉冬。

黒羊戦の趙軍を大きく動かしていた2名が討たれてしまいました。

ただでさえ長平の戦いで秦に多大なる恨みがある趙。

このまま終わるとも考えられません。

紀彗の作戦が動きます。

黒桜には馬呈をあてれば事足りる。

でも金毛と摩論は互角っぽい、そこに紀彗が入って黒羊の戦いを終わらせにかかると。

一方の桓騎は連れてきた趙兵と、現れた砂鬼一家…。

ただならぬ予感がしますが、砂鬼一家の専門と言えば「拷問」…。

リン玉も吐き気を催すほどの仕打ちの後、桓騎は何かを悟った様子。

もしかしたらこの趙兵は慶舎と劉冬の討ち死にを知っていたのでしょうか?

だとしたら、桓騎が指示した丘からの秦軍全軍撤退の意図も、何となく察しがつくような…。

桓騎だって将軍の立場ですから、味方の兵士まで傷つけることはないでしょう。

味方を撤退させて黒羊丘に仕掛けるとしたら、その方法は1つでしょう。

火計

じゃないかな??

そうなれば、桓騎は刃を持たずして戦が決しそうですが、果たして…?

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

「「趙将の正念場」感想(キングダム第474話)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ