1. HOME
  2. >> ストーリー考察|ワンピース
  3. >>43人の夫と85人の子供達から読み解くビッグマムの家族構成【ワンピース伏線考察:第828話より】

第828話で明かされたビッグマムの家族構成には驚かされるばかりでした(^_^;)

夫だけで43人!子供たちは85人!

総勢、129人の大家族!!

いやいや、ちょっと待って。

今回はビッグマムの家族構成の秘密を数字から予測してみることにします(^-^)

ビッグマムが「今の家族」を作り上げるのにかかった時間

以前、ビッグマムの家族構成がハッキリする前にも、当サイトで似たような予想をしたことがあったんです。

プリンが三十五女っていう話が出た直後でしたかね?

「じゃあ少なくとも34人はお姉さんがいるんだね、女性だけの姉妹だったとしても、三十五女って相当な年数だね!」

ザックリ言うと、そんな話でした(^^;)

ところがビックリ(゜д゜)!!

ふたを開けてみたら、ビッグマムの子供は85人きょうだいだと言うのです!!

しかも夫は43人!

私たちが住む現実世界で、こんな前例ありましたか!!??

もう色々とビックリなんですけどね、一応計算してみましょうか(^^)

43人の夫はひとまず置いといて、1人の女性が85人の子供をもうけるのに合計で何年かかるのか。

1回の妊娠が約10ヶ月とすると、85回の出産なら850ヶ月

つまり約71年となり、仮に16歳からずっと妊娠し続けていたとしても、最低で87歳になるのです!!!

すごい数字…、計算あってるかな…(笑)

しかも三十五女のプリンが、サンジ(第828話時点で21歳)やナミ(同20歳)と比較しても、さほど年齢的に大きな差があるようにも見えないのです。

だから、三十五女のプリンでさえ「ほぼ成人」と言って差し支えない年齢なワケです。

ビッグマムが末っ子を出産してから数年経っている可能性も考えられるので、ビッグマムの年齢は87歳よりもっと上である可能性もゼロではないと思います。

……と、これは「1回で1人を出産した場合」の計算です(^^)

続きは次へ。

予想!もしもビッグマムの子供がほとんど双子だったとしたら……?

1回で1人を出産なら、71年ほどになるんですね。

でも!

ここで仮説を立ててみたいと思います(^o^)

「ビッグマムの子供が、ほとんど【双子】で生まれてきていたとしたら?」

1回の出産で複数が生まれてくるなら、出産に要する年数もぐっと短くなります。

ここでは、3つ子以上の可能性は「ゼロ」として考えましょう。

85人の出産においてほとんどが双子とすると、最短年数は「双子が42組、単独出産が1組」の場合です。

これだと、合計の妊娠期間は約36年になります。

仮に16歳に第1子を妊娠したとして、最低で52歳という計算です。

どうです?

さっきの例と比べれば、年数だけ見れば現実味はありませんか?

双子ばかりを連続出産するという奇跡にはいったん目をつぶるとして、16歳から52歳までの間だったら、最初の最低87歳という例よりは驚きは少ないのではないでしょうか。

それにしても、計算で扱う値が大きすぎて「これで合ってるのかな?」って少し不安になります(苦笑)

「確実に双子でない子供」がいる、それはもしや…?

それで!

さっきの例で「ほとんど双子」っていいましたよね?

85人の子供だというなら、どんなに少なくとも1人は、双子ではない状態なのです。

それは、1人で生まれただけかも知れませんし、3つ子や5つ子だった可能性もあるでしょう。

もしくは、本当はその人も双子の相方がいたけれど、出生後に不慮の事故で…というケースだったかも知れません。

それはいずれ明らかになるかも知れませんし、あまり深く掘り下げません。

ここで予想したいのはね。

「確実に双子ではない1人の子」の存在なんです。

単刀直入に言えば、プリンがこの「1人の子」なんじゃないかな?

筆者はそんな予想をしているんです。

第828話の時点で、ローリング海賊団の船長ローラはもう、ビッグマムの娘である可能性は高いと言えるでしょう。

このローラにそっくりなキャラが、最近登場しましたよね?

ファイアタンク海賊団のゴッティに、サンジを傷つけるのはやめとけという趣旨の話をしていた、ローラそっくりの「おかみさん」と呼ばれる人物です。

この人物は、サンジを見ても全くと言って良いほど何も反応がありませんでした。

彼女がローラと同一人物だったら、影を取り返してくれた恩人の一味として接しているでしょうにね(^^;)

ということは、ローラとにた格好でありながらサンジ(たち)の記憶がない。

つまり別人、双子ということかな?

仮に2人が双子だったとして、ここから何を感じ取れば良いのでしょう?

あくまで筆者の解釈ですが、

「見た目がそっくりでも、意志や行動は全く違うこともある」

という暗示なのかなーと予想しています(^^)

ローラは自由な恋愛を求めて求婚の旅へ。

一方の「おかみさん」はビッグマムの近くにとどまっていて、そう呼ばれるからには誰か「旦那」を迎えている。

そういうことなのかなと思っています。

さて、85人の子供については予想をまとめました!

43人の夫については全然分かりません(笑)

一応考えましたが「万国(トットランド)の34人の大臣とは関係あるのかな」とも考えましたが、行き詰まりました。

ビッグマムの夫のうち、最低でも9人は(もしかしたら全員かも?)大臣でない人物がいるわけですからね…。

この記事を読んでくださった皆さんは、ビッグマムの家族についてどんな感想を持ちましたか(^^)?

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

「43人の夫と85人の子供達から読み解くビッグマムの家族構成【ワンピース伏線考察:第828話より】」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ